中居正広、ナインティナイン岡村と『ANN』で久々の再会 20年以上に渡る2人の関係を振り返る

 5月2日深夜より生放送のラジオ番組『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)に中居正広がゲスト出演する。

 パーソナリティをつとめる岡村隆史と中居は、共に平成の時代を駆け抜けてきた仲間であり、番組でも度々共演を果たした。人気お笑い芸人と人気アイドルが映る様はそれは華やかだった。令和を迎えて初のラジオ放送で二人は何を語るのか、注目が集まっている。放送を前に、岡村と中居の関係を改めて振り返ってみたい。

ナインティナインと中居正広と『めちゃイケ』

 ナイナイと中居の関係は20年を超える。「中居&ナイナイ日本一周」がスタートしたのは1996年(平成8年)。『めちゃ×2モテたいッ!』から派生した特番だった。当時のSMAPといえば、冠番組『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)がスタートし、スターダムを駆け上がっていった頃だ。

 当時を振り返って、矢部浩之はすでに人気があった中居の力を借りようと必死だったとインタビューで語った。岡村も、ジャニーズのアイドルを前に、いじっていい人かどうかを探っていたと明かした。そんな3人が集結した番組は、20年間で名物企画へと成長した。

 他にも『笑っていいとも!』での共演をはじめ、『FNS27時間テレビ』(ともにフジテレビ系)などの大型特番への出演と、局の顔といってもいい人気冠番組を持つ者同士、時にはライバル、時には仲間として番組を盛り上げてきた。

 2018年1月放送の『めちゃ×2イケてるッ!中居&ナイナイ日本一周FINAL』では、『めちゃ×2イケてるッ!』の番組終了を前に最後の3人旅に出かけたのは記憶に新しい。

 番組のラストでは、『めちゃイケ』メンバーを前に、中居はこんな言葉を伝えた。

「最終回を迎える本人たち、メンバーにしか分からないと思います。その思い、気持ち、本人にしか分かりません。その経験、僕もしたことがあります」。

 経験者だからこそわかる心境でメンバーに寄り添った中居。デビューまもない頃からブレイクを経て、そして一つの幕引きと、平成の時代を駆け抜けてきた者同士。普段はMCとして番組を仕切る中居も、ナイナイとの番組では、アイドルでもMCでもない“同級生と過ごす中居”というような、いつもとは少し違う姿が見られた。

 SMAPも『めちゃイケ!』も見てきた視聴者の一人としては、当然、寂しさはあるものの、どちらも20年を超え、時代を代表するほどの人気を誇る番組の始まりから終わりまでを見届けるという、貴重な経験をさせてもらえた。

 旅のラストは、巨大ウォータースライダーで中居が流されるというオチだったが、時には真面目に真剣に取り組み、悲しみを笑いに変える姿に、どれだけの元気をもらったことか。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる