高橋一生、『東京独身男子』主題歌の色気とパッション エレカシ 宮本浩次との相性の良さにも注目

 俳優の高橋一生が現在放送中のドラマ『東京独身男子』(テレビ朝日系)で、主題歌「きみに会いたい-Dance with you-」を担当している。高橋は本作の主演(ほか主要キャスト・滝藤賢一、斎藤工)。自身の主演作の主題歌を自身で務めるという、初の経験に挑んだ。

高橋一生『きみに会いたい-Dance with you-』(通常盤)

 ドラマの内容はというと、都内に暮らす高スペックな独身男性3人(それぞれ弁護士、歯科医、メガバンク勤務)の恋愛観を軸にしたコメディ。「AK男子(あえて「AETE」結婚「KEKKON」しない男子)」と呼ばれ、独身ライフを謳歌していた彼らが、それぞれの事情から“結婚”に向き合わざるをえなくなり、大いに悩みまくる姿を描いていく。高橋はメガバンクでリサーチ部門のシニアアナリストとして働く石橋太郎役。家事スキルは高いが、3名の中ではもっともこじらせタイプであり、元カノへの未練を断ち切れずにいるという設定だ。

 2017年のドラマ『カルテット』(TBS系)で、Doughnuts Holeとして主要キャスト4名(松たか子、満島ひかり、松田龍平)とユニットを組んだり、2018年に発売されたエレファントカシマシのトリビュートアルバム『エレファントカシマシ カヴァーアルバム3〜A Tribute to The Elephant Kashimashi〜』では、 東京スカパラダイスオーケストラとともに「俺たちの明日」をカバーしたりと、これまでいくつかの音楽作品に携わってきた高橋だが、「きみに会いたい-Dance with you-」は満を持してのソロデビュー作でもある。詞曲提供&プロデュースを手がけたのは前述のトリビュート以来親交のあるエレカシ・宮本浩次だ。宮本にとっても自身のバンド以外に楽曲を提供するのは初の試みとなる。この異色のタッグが実現した裏側には、高橋の「初めてのオリジナル楽曲をお願いするのは、敬愛する宮本浩次しかいない」との熱い思いがあったという。宮本以外にも、ドラムに屋敷豪太、ベースに根岸孝旨、ギターに名越由貴夫ら手練れのミュージシャンが結集している点も音楽ファンなら見逃せないだろう。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる