Official髭男dism『Pretender』インタビュー 研究と向上心を欠かさない4人が作る“最高の音楽”

Official髭男dism『Pretender』インタビュー 研究と向上心を欠かさない4人が作る“最高の音楽”

クリエイティブな集団=バンドと名乗っていい

――そういえば合宿したんですよね。

小笹:カップリングの「Amazing」が合宿でできた曲です。

藤原:わりとディスコチューンな感じのイメージで、リンドラムとかTR-808とか909とかのリズムマシンの音、懐かしのサウンドを使っています。あとはちょっと古めかしいストリングスの音を入れたり、フィルターをかましてハイファイにならないようにしていますね。

――聴いていると乗り物に乗って時代を移動しているような感覚になりました。パラレルワールドを回って元の時代に戻ってくるというか。

藤原:ギターのフレーズがそう感じさせるのかもしれないです。“お誕生日オクターバー”が活躍しています(笑)。

小笹:普通にコードを弾いても面白くないなと思って、僕はスタジアムに行ってこようかなという壮大なイメージで弾きました。オクターバーをかましたギターで、アホみたいなフレーズを弾いてます(笑)。

――贅沢な感じで女声のようなコーラスも一瞬出てきますよね。

藤原:あれはメンバーの声なんですよ。「ガリレオ~」(Queen「Bohemian Rhapsody」)みたいな感じで。「もっと高い声で!」って。

――なるほど、メンバーで賄えてしまう(笑)。

藤原:ハモリに関しては、あとはボコーダーみたいな、ボーカルシンセで組んでいきました。

小笹:そこだけ20人ぐらいいますね。

――みなさんのレコーディングやトラックメイキングの話を聞いていると、まるでプラモデルを作っている少年のような楽しさが伝わってきます。

藤原:あ、そんな感じはありますね。楽しいですよ、ほんとに! 僕、「Amazing」の歌入れが終わった後にポストプロダクションをやったんですけど、楽しくてしょうがなくて、やりすぎぐらいやりましたもん(笑)。

――そしてシングルには「Pretender」のアコースティックVer.も収録されています。楽器を置き換えてもフレーズは基本的にはほぼ同じに聴こえますが。

藤原:僕は頭のピアノのフレーズが変わっていて、ドラムはビートが全部生に変わっています。

松浦:BPMも少し下がって。

小笹:僕はこだわり抜いたギターをアンプラグドでどう再現するかを考えたときに、12弦ギターを初めて手に取りまして。弾くのは難しかったですけど……。

楢崎:「Pretender」は音源だからこそできた音だと話しましたけど、4つの楽器でもどうにか上手いこと演奏していきたかったから、サビのトラックの部分は12弦ギターでイントロを踏襲したフレーズを弾いてもらうことにして。

小笹:「Pretender」のスタジオ版の話に戻るんですけど、3人の音程楽器がオブリガード(主旋律を引き立てるために演奏される短いフレーズ)をやっていないのは新しいというか、僕たち的にはかなり挑戦的なことで。シンセは鳴ってるんですけど、僕らの生楽器は何にもやってなくて、ルートやコードを弾いているだけになってるんです。アコースティックでもそのまま踏襲しようとしたんですけど、それを松浦が「ギターはイントロのフレーズをちょっと変形したらいいんじゃない?」って言ってくれて、「天才か」と思いました(笑)。

――アコースティックバージョンを収録するからと言っても、その器の中に無理やり収めるアレンジじゃなくて、その機会を最大限に活かしているバージョンなんですね。

小笹:一歩間違ったら、器に収めただけになりかねなかったところまで行ってましたけど(笑)。これも合宿で少し触ったんですけど、答えが出せなくて。スタジオでオケ録りの当日まで割と不安な状態で臨んで、いざやってみたら最高なアレンジになりました。

――ヒゲダンはヒゲダンでしかないので、他と比べようがないとは思いますが、ここまで全員が全体像に絡んでるバンドって珍しいと思います。

藤原:最近、Maroon 5とかThe1975とかの海外のバンドって、「THEバンド」って感じじゃないじゃないですか。それを考えると、自分たちの楽器の括りに縛られないクリエイティブな集団であることを「バンド」って名乗っていいんじゃないかと思うんです。だから僕らは「バンド」として自分のパート以外にもアイデアの部分で関わりを持つし、場合によっては楽器じゃなくて打ち込みを使ったりもする。いいものを作れりゃいいっしょってことなんですよね。しっかりいい音楽を作って、研究して、いいライブをやって、みんなにハッピーな気持ちになってもらったりとか、時には「Pretender」みたいに人生に寄り添える曲ができたりとか、そういう風にやっていけたらいいんじゃないかなって思ってます。

――同じ思いを持つ4人が出会えたことが本当にすごいことというか。レコーディングで自分のパートが終わったら興味ないみたいな人が一人でもいたらこうはなってないわけで。

小笹:いたらボコボコにしてるよな(笑)。

楢崎・松浦:(笑)。

藤原:まぁ研究と向上心ですよね。結局、僕らにとって音楽は生き甲斐なので、そこを余計なことを考えずに素直にやるっていうのは一番大事にしたいところではありますね。

(取材・文=石角友香)

■配信情報
「Pretender」
配信はこちら

■リリース情報
『Pretender』
5月15日(水)発売

【初回限定盤(CD+LIVE DVD)】¥2,500+税
【通常盤(CD Only)】¥1,000+税

<収録曲>
M1. Pretender
M2. Amazing
M3. Pretender (Acoustic ver.)

<DVD収録内容>
「HIGEDAN acoustic one-man live 2018 -Autumn-」
-selected from 2018.10.13 ヒューリックホール東京–
M1. 日曜日のラブレター
M2. 55
M3. ゼロのままでいられたら
M4. 可能性
M5. ニットの帽子
M6. 115万キロのフィルム
M7. Tell Me Baby
M8. 異端なスター
M9. ノーダウト
M10. 犬かキャットかで死ぬまで喧嘩しよう!
M11. Stand By You

<初回生産分封入特典>
プレイパス
初回限定盤:CD収録曲&LIVE DVD収録映像
通常盤:CD収録曲
※プレイパスとは?
CDに封入されているプレイパスコードを専用サイトから入力するだけで、スマホで収録曲・特典映像を、簡単にダウンロード・再生することができるサービス。
詳細はこちら

<CDショップ購入者特典>
オリジナルA5クリアファイル
※先着。数量限定。
※各種イベントやコンサートでの予約購入は対象外。

Official髭男dism「Pretender」特設サイト

<発売記念 Free Live>
Official髭男dismニューシングル『Pretender』発売記念フリーライブ@ダイバーシティ東京プラザ
5月18日(土) 14:00~@ダイバーシティ東京プラザ 2Fフェスティバル広場(東京都江東区青海1-1-10)
イベント詳細はこちら

■ツアー情報
『Official髭男dism one-man tour 2019』
6月22日(土)[宮城]SENDAI GIGS
6月30日(日)[福岡]Zepp Fukuoka
7月5日(金)[北海道]Zepp Sapporo
7月8日(月)[東京]日本武道館 ※追加公演
7月13日(土)[大阪]Zepp Namba OSAKA
7月14日(日)[愛知]Zepp Nagoya
7月21日(日)[東京]Zepp DiverCity
7月22日(月)[東京]Zepp DiverCity

■関連リンク
Official髭男dism公式サイト
Official髭男dism公式Twitter
Official髭男dism公式Instagram(@officialhigedandism)
Official髭男dism公式YouTube Channel

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!