>  >  > BTSの“黄金マンネ”ジョングク、なぜ人気?

BTSの“黄金マンネ”ジョングク、なぜ人気メンバーに? アイドルグループの側面リードする活躍ぶり

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 4月12日にリリースしたアルバム『MAP OF THE SOUL:PERSONA』が、自身3度目の「ビルボード200」1位を獲得し、『BBMA(ビルボードミュージックアワード)』でのパフォーマンスも決定しているBTS(防弾少年団)。今回はメンバーの中でもデビュー時から常にトップクラスの人気を誇る末っ子・ジョングクに焦点を当ててみたい。

BTS『MAP OF THE SOUL-PERSONA』

 1997年生まれのジョングクがBigHitエンターテインメントに入ったきっかけは、14歳の時に当時韓国で大ブームだった国民的オーディション番組『スーパースターK3』に参加したことだ。釜山での二次予選で脱落して本選には進めなかったものの、7つの芸能事務所から練習生のオファーが来たという。各所属事務所を見学していた時にたまたまRMの練習風景を見て感銘を受け、BigHitに入ることを決めたそうだ。当時から運動神経は良かったものの、デビュー前に行った1カ月のアメリカダンス研修でかなりの上達を見せたといい、本人も一時期アイドルではなくダンサーになりたいと言っていた時期もあるようだ。BTSの中でも特にJ-HOPE、ジミン、ジョングクがダンスが上手いとされているが、J-HOPEがテクニカル、ジミンが感性的なタイプだとするなら、ジョングクはパワータイプのダンサーと言えるだろう。

 現在ではボーカルのイメージが強く、実際ボーカルパートも多い方だが、特に「We Are Bulletproof Pt.2」や「Danger」といった初期の楽曲ではラップパートも多く、ラップとボーカルどちらもこなしている。『花様年華』シリーズ以降はどちらかといえばボーカルの方に専念するようになり、Zion.TやCrushといった韓国のR&B系男性ボーカルの曲から、ジャスティン・ビーバーやチャーリー・プースのような洋楽、自身が大ファンと公言しているIUのような女性ボーカルまで、様々な楽曲のカバーをSoundCloudにアップロードしている。

 2018年度の『genie music AWARDS』ではチャーリー・プースと「We Don‘t Talk Anymore」をデュエット。これはプースがTwitterを介してジョングクの同曲のカバーを聴いたことがきっかけだった。スティーブ・アオキとのコラボ曲「Waste It On Me(feat.BTS)」ではRM、ジミンと3人で参加しており、歌い出しのパートをソロで担当している。

      

「BTSの“黄金マンネ”ジョングク、なぜ人気メンバーに? アイドルグループの側面リードする活躍ぶり」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版