嵐と共に振り返る平和、そして歩みだす令和への一歩 『総決算!平成紅白歌合戦』出演に寄せて

 嵐が、4月29日に放送される『総決算!平成紅白歌合戦』(NHK総合)の第1部に北島三郎、松田聖子と共に出演する。年末の風物詩である『NHK紅白歌合戦』。その平成30年間を振り返り、終わりゆく平成と、新元号・令和への想いを音楽と共にじっくりと噛みしめる時間になりそうだ。

 嵐にとって『NHK紅白歌合戦』は、アーティストとして出演してきたことはもちろん、2010年以降はグループとして5年連続、2016年からは相葉雅紀、二宮和也、櫻井翔と個人でも白組司会を務めてきた縁の深い番組である。

 今回の『総決算!平成紅白歌合戦』出演にあたり、櫻井は「(平成)最初の10年は小中学生。いち視聴者としてテレビを見ていました。続いての10年はジャニーズJr.として、そして嵐として、憧れの舞台として眺めていました。そして最後の10年が始まることとなる2009年。嵐10周年のタイミングで紅白の舞台へ迎えていただきました」と振り返った。そして「平成の紅白を架け橋にたくさんの会話が生まれるような番組にしていきたい」とコメントを寄せた。

 平成から、令和へ。そんな時代の節目を、嵐のメンバーで最も楽しんでいたのは、二宮かもしれない。二宮がパーソナリティを務めるラジオ『Bay Storm』(bayfm)では、たびたび新元号の話題で盛り上がっていた。3月24日放送回では、二宮好きで知られる関西ジャニーズJr.の西畑大吾が「新元号は“二宮”」とブログで発言したことを受けて、「俺も同じこと思ってた!」とノリノリでトークを展開。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる