嵐のパフォーマンスを一度でも多く目に焼き付けたいーー20周年第1弾リリースへの期待

 今年結成20周年を迎える嵐。ファンの間では新曲のリリースを待つ声が日ごとに高まっている。4月13日からはナゴヤドームを皮切りに『ARASHI Anniversary Tour 5×20』の後半戦32公演がスタート。ここにきてファンも「新曲はいつ?」「早くTVで歌って踊る嵐が見たい」などリリースを心待ちにしているようだ。

 最近の嵐のシングルリリースのスケジュールを振り返ってみると、2017年11月8日に発売した櫻井翔主演ドラマ『先に生まれただけの僕』(日本テレビ系)の主題歌「Doors~勇気の軌跡~」から、2018年2月21日にリリースした松本潤主演の日曜劇場『99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ』(TBS系)主題歌「Find The Answer」に続き、ABC夏の高校野球応援ソング/『熱闘甲子園』テーマソングとして多くの人たちに親しまれた2018年7月25日発売の「夏疾風」が挙げられる。最も最近では相葉雅紀主演金曜ナイトドラマ『僕とシッポと神楽坂』(テレビ朝日系)の主題歌で、相葉が演じた主人公・コオ先生のほっこりした人柄や温かみのあるドラマのストーリーにぴったりの「君のうた」がシングルとしてリリースされたのが2018年10月24日。昨年は3枚のシングルをリリースしファンを喜ばせた嵐であるが、近年10月発売が通例となっていたアルバムはなく、今年も未だリリースの発表がないため、新曲を楽しみにしながらも、ヤキモキしているファンも多いのではないだろうか。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!