>  >  > 小野島大が長谷川白紙の初作品を解説

長谷川白紙という鮮烈な才能 初CD『草木萌動』を小野島大が解説

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 長谷川白紙。

 話題の新人である。初CD『草木萌動』がリリースされたばかり。リリース直後に20歳を迎えた現役音大生だという。YMOの「Cue」のカバーを含む全6曲25分弱。ストリーミング配信全盛の時代、フルアルバム1枚をじっくり作る/聴くという行為が時代にそぐわなくなりつつある今、ちょうどいい曲数でありサイズと言えるだろう。そしてそこで鳴る音は、鮮烈の一言である。空恐ろしいほどの才能。「アンファン・テリブル」という手垢にまみれた言葉が頭をよぎる。

長谷川白紙 – 草木

カオティックなようだが「歌」という筋が一本通っている

 2016年ごろからSoundCloudにアップし始めた音源が注目を集め、17年にフリーEP『アイフォーン・シックス・プラス』をデジタル・リリース、BOMIと入江陽の楽曲『ナニカ feat. 長谷川白紙』に参加、Maison book girlのリミックスも手がけた。楽曲制作にまつわるテクノロジーと録音環境の劇的な進化、そしてインターネットが当たり前のインフラとなった時代は、時折こんな早熟な才能を送り出す。

 『草木萌動』を聴いて頭をよぎったアーティストは次のようなものだ。Squarepusher、フランク・ザッパ、Soft Machine、DÉ DÉ MOUSE 、七尾旅人、オットー・フォン・シーラーク、ドリアン・コンセプト、ルイス・コール、カマシ・ワシントン、フライング・ロータス、DATE COURSE PENTAGON ROYAL GARDEN、Serph……。

 ひとつひとつの音楽要素を抜き出してみれば既存の方法論をアレンジしたものにも映るが、そのミクスチャーのセンスが新しい。打ち込みと生楽器をミックスした、複雑極まりない変拍子のブレイクコア〜ドラムン〜ドリルン〜ブロークン・ビーツが怒濤のように押し寄せてくる。エクスペリメンタルでアバンギャルドにも映るが、だがちっともマニアックな印象を受けないのは、躁病的なポップさと突き抜けるような解放感故だろう。その情報量の多さと駆け抜けるスピードは快感ですらある。一見カオティックなようだが「歌」という筋が一本通っている。変拍子バリバリの打ち込みはビートの細かさの割に上モノのメロディはシンプルでゆったりしていて、流れるようなエモーショナルなボーカルがそこに乗る。電子楽器はハイ・テッキーに鳴るが音色に温かみがあり、ビートが楽曲のメロディやストーリーとぶつからずバランスよく調和している。このあたりはミックスを担当したイリシット・ツボイの腕も大きいだろう。繊細で柔らかな長谷川の声は、少しコーネリアス=小山田圭吾に似ているが、歌メロは小山田よりもはるかにシンガーソングライター的だし、歌詞は観念的で抽象的で時に文語的でもあるが、その奥にはもっと広大な世界観が広がっていると思わせる。

      

「長谷川白紙という鮮烈な才能 初CD『草木萌動』を小野島大が解説」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版