EXILE ATSUSHI、清 竜人、ドレスコーズ……濃密な個性と芸術性をあわせ持った男性アーティスト

 EXILE ATSUSHIの“日本の歌”をテーマにしたベストアルバム、J−POPを再定義/更新するような清 竜人のアルバムなど、明確なコンセプトを持った新作を紹介。濃密なキャラクターと高い芸術性をあわせ持った男性アーティストの新たな表現をじっくりと味わってほしい。

EXILE ATSUSHI『TRADITIONAL BEST』

 EXILE ATSUSHIのベストアルバム『TRADITIONAL BEST』、テーマはずばり、日本の心。このテーマは“日本に生まれたアーティストとして、 日本という国を想い、日本に生きる人々を想う。そんな活動の中で生まれた”という。収録曲は、友人に子供が生まれた際にお祝いに贈ったという童謡「ふるさと -C.BECHSTEIN ver.-」、日本歌謡を代表する名曲「愛燦燦」(美空ひばり)、100年前の童謡誕生の史実を描いた映画『この道』の主題歌「この道」などのカバー、久石譲との共作による「懺悔」「天音」、ピアニスト・辻井伸行とのコラボレーションによる「それでも、生きてゆく」など全15曲を収録。原曲に対する深いリスペクトと「日本の名曲を歌い継ぎたい」という思いに満ち溢れた作品だ。ブラックミュージックに傾倒し、EXILEとして頂点を極め、アメリカ留学を経て、シンガーとして新たなフェーズに入っているATSUSHI。さまざまな経験、そこで生まれた感情を注ぎ込んだ彼の歌はここから、さらに幅広い層のリスナーに届けられることになりそうだ。

EXILE ATSUSHI / この道 (Music Video)

清 竜人『REIWA』(通常盤)

 平成元年生まれの清 竜人は、平成最後の日に、日本のポップスの新たな傑作をものにした。一夫多妻制アイドル・清 竜人25→完全オーディエンス参加型プロジェクト・清竜人TOWN→男性ピンアーティス・清 竜人とリスナーの予想や期待を余裕でぶっちぎりながら音楽的な質の高さとエンターテインメント性を体現してきた清 竜人。現在のコンセプトは、昭和の歌謡曲の優れたポイントを抽出し、現代の音楽と混ぜ合わせることだが、その主体性とも言えるのが本作『REIWA』だ。叙情性とドラマ性を感じさせるメロディライン、ラテン/ソウル/ジャズなどの要素をいいとこ取りしたサウンドメイク(アレンジにはミッキー吉野、星 勝、井上鑑、原田真二、瀬尾一三が参加!)、そして、風景と心情を重ねながら、日常のなかにある切なさ、慈しみ、悲しみをじんわりと描き出す歌詞。そう、本作によって彼は、J-POPの再定義と更新を同時に示したのだと思う。

清 竜人「平成の男」 MUSIC VIDEO

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「音楽シーン分析」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!