>  >  > 香取慎吾、初個展来場者10万人突破に感謝

香取慎吾、『NIPPON初個展』来場者10万人突破に感謝「多くの人に観てもらわないと完成しない」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 香取慎吾が、自身の国内初となるアート作品展『サントリー オールフリー presents BOUM ! BOUM ! BOUM ! 香取慎吾NIPPON初個展』に、本日4月25日サプライズ登場した。

 今回行われたセレモニーは、3月15日より開催がスタートした同展覧会の来場者が、10万人を突破した記念に開催されたもの。映像作品の上映後、スクリーンが開き、ステージセンターオブジェの裏から香取が登場すると、一般来場者から黄色い歓声が上がった。香取は来場者の興奮が冷めるのを少し待った後に、「今日、この公演のお客様で10万人突破です! ありがとうございます!」と感謝の気持ちを伝える。今回のセレモニーは、10万人突破の瞬間をファンと一緒に迎えたいということから企画されたという。「日本で個展を開くのが夢だったので。その夢が開催されて叶うだけじゃなく、多くの人に観てもらわないと完成しないので。一人ひとりのお客様が毎日来てくださっての、10万人ってすごくないですか? 本当にありがとうございます」と会場に訪れたファンと喜びを分かち合った。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

 メインオブジェ「BOUM ! BOUM ! BOUM !」は、香取の心臓の鼓動が聞こえる仕組みになっている。普段緊張しない香取だがサプライズ登場のために、同オブジェの裏に隠れている際は、自身の心音に連動して緊張してきたというエピソードも。会場は360度回転劇場になっており、IHIステージアラウンド東京では初めての個展開催となっている。香取は「見方がわからない。劇場でどうやって観るんだろう」という意見をもらったと明かす。劇場は入場後、着席しての映像鑑賞、その後は客席からステージに移動し作品を鑑賞するという少し変わった流れになっており、香取もその説明に四苦八苦しながら、「なかなかないじゃないですか。自分の中に入ってきてほしいというのが、自分の居場所、ステージにみなさんにも上がってきてもらっちゃうという」と新たな展覧会の見方を提示。「いざここに来て作っていくうちに、個展なんだか、ショーなのか、ライブなのか。わからないようなものになっていったんですけど。僕が個展をやったらこうなるんだなっていうのを感じていますし、この劇場でやらさせてもらうというのが、僕にあった場所だったんじゃないかなと今思えてます」と開催にあたっての思いを再確認していた。

 今回の期間中に、香取本人が頻繁に会場を訪れては制作し続けている壁画があり、制作過程をさらけ出しながらイベントそのものの変化が楽しめる点も、この個展の特徴となっている。最終公演前日の、6月15日までに描きあげようと始まったのだが、制作はハイペースで進行しているようで、「3カ月使って描こうと思ってたんですけど、もう半分くらい描きあがっちゃってるんで。もし、早めに終わっちゃったら、一回外してほかの場所に貼って、もう一つ真っ白なものをもう一回描こうかな」とさらなる制作の意欲を見せた。

      

「香取慎吾、『NIPPON初個展』来場者10万人突破に感謝「多くの人に観てもらわないと完成しない」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版