>  >  > 『香取慎吾NIPPON初個展』から感じたこと

『香取慎吾NIPPON初個展』は彼の内部へと進むひとつの探検だーー展示作品から感じたこと

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 香取慎吾の日本初個展が、3月15日よりスタートした。会場は、客席が360度回転する劇場・IHIステージアラウンド東京。350名入場の各回120分の入れ替え制。展示作品の多くが撮影可能……と、聞けば聞くほど新しさを感じずにはいられない個展だ。

 『サントリー オールフリー presents BOUM ! BOUM ! BOUM ! 香取慎吾NIPPON初個展』というタイトルにある「BOUM! BOUM! BOUM! 」は、フランス語で「ドキドキ」という意味。見る者をドキドキさせてくれるのはもちろんのこと、香取慎吾がアートによってその脈打つ体と精神のバランスを取ってきたのがわかる。

 この個展は、彼の内部へと進むひとつの探検。香取慎吾の体の中をくまなく見ていく内視鏡になったような、心の中にしまったアルバムを一緒に紐解くような、さらには夢の中に迷い込んだような不思議な感覚に包まれる。シンプルに作品を見ているだけではない、この新感覚な体験を香取慎吾のファンのみならず、1人でも多くの人に体感してほしいと素直に思った。それくらい、実験的で、尖っていて、危うくて、素晴らしい個展だ。

 会場に入ると、最初に観客を迎えてくれるのは、映像ディレクターの児玉裕一によるオープニングムービー。昨年4月に公開された映画『クソ野郎と美しき世界』にも監督として参加した児玉が、香取の「自分の絵を見てもらうまでの導入として、気持ちをあげてもらいたい」という想いを汲み取った映像だ。

 スクリーンを見つめていると赤、青、ピンク、黄色、緑、白のセーターを身にまとった香取が、右手から左手に歩く。客席が回転しているのか、香取が動いているのか。どこが出発点だったのか、どこが着地点なのか、だんだんわからなくなってくる。そして「芸術って?」そう繰り返し問われていくうちに、どんどん裸にされていくような感覚に。まるで私たちが常にまとっている様々な概念が、ひとつずつ剥がれ落ちていくような……。

      

「『香取慎吾NIPPON初個展』は彼の内部へと進むひとつの探検だーー展示作品から感じたこと」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版