>  >  > わたなべちひろ、初ワンマン公演レポ

わたなべちひろ、14歳とは思えないパフォーマンスの完成度の高さ 初ワンマン公演レポ

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 14歳のシンガー・わたなべちひろ初のワンマンライブ『Chihiro Watanabe Concert 2019 ~旅立ちの春~』が、4月5日にshibuya eggmanにて開催された。

わたなべちひろ

 わたなべちひろは、現在14歳、中学3年生になったばかりのピアノシンガー。2歳でキーボードと出逢い、4歳からクラシックピアノを習い始める。2013年にはヘレン・ケラー記念音楽コンクール「ピアノ低学年の部」で優勝。2016年12歳の時に、『第13回ゴールドコンサート』国際フォーラムにて、審査委員長で音楽評論家の湯川れい子氏と副委員長の吉岡正晴氏から大絶賛され「観客賞」を受賞。同年ニッポン放送『第42回ラジオミュージックソン』に史上最年少出演。2017年10月には、ダイアナ・ロスやジャクソン5、スティーヴィー・ワンダーなど輩出したスターの登竜門と呼ばれるニューヨーク・アポロシアターのアマチュアナイトに出演し、多くの観客から称賛を浴びた。その勇姿は、2018年にNHKで放送された『イマジン そこに「境界」はない』というドキュメンタリー番組が作られるほど、注目を集めている。

 同公演のチケットはソールドアウト。ステージに登場したわたなべちひろは、パーカッション、ベース、ギター、ヴァイオリンを従え、オリジナル曲「Life Is Beautiful」からライブをスタートした。YAMAHA CP4 STAGEから奏でられるノリの良いポップな楽曲を力強く歌い上げ、早くも観客たちは彼女の世界に引き込まれる。

      

「わたなべちひろ、14歳とは思えないパフォーマンスの完成度の高さ 初ワンマン公演レポ」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版