>  >  > アイドラが磨き上げた音楽とファッションの融合

ブルーノ・マーズとの共通点も アイドラ「Do Ya?」に感じる音楽×ファッションの最新モード

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 I Don’t Like Mondays.が2019年第1弾となる新曲「Do Ya?」を4月17日にリリースする。

 2019年最初の楽曲となる「Do Ya?」のベースになっているのは1990年代のヒップホップ。「メンバーが生まれた時期のダンス×音楽×ファッションのクロスオーバーの熱量を再現出来ないか」というテーマで制作されたというこの曲は、単なる懐古主義ではなく、2010年代以降に巻き起こったネオソウル、ファンクリバイバルなどの流れを汲みつつ、2019年のポップミュージックへと昇華させたダンスチューンに仕上がっている。

「Do Ya?」

 軽快なギターカッティング、ディープなグルーヴを生み出すリズムセクション、心地よいフロウを描くボーカルなど、メンバー個々のプレイヤビリティを活かすことで、バンドとしてのポテンシャルの高さが感じられるのも、「Do Ya?」の聴きどころ。また、有機的なアナログサウンドと最先端のトラックを融合させた音楽性、“週末は僕たちのパーティーで盛り上がってほしい”というメッセージを込めた英語の歌詞、キャッチーに振り切るメロディラインを含め、I Don’t Like Mondays.の特徴がアップデートされているのも、この曲の魅力だろう。つまり「Do Ya?」は、コンセプトありきの企画モノではなく、バンド本来のスタイルをさらに進化させた楽曲なのだと思う。「Uptown Funk ft. Bruno Mars」(Mark Ronson)の様な雰囲気を感じさせるMVも話題を集めそうだ。

 YU(Vo)、CHOJI(Gt)、KENJI(Ba)、SHUKI(Dr)からなる4ピースバンド、I Don’t Like Mondays.は、2012年に結成され、2014年9月にミニアルバム『Play』でメジャーデビューを果たした。音楽とファッションの真の融合を目指し、楽曲制作だけでなく、MV、ライブ、ビジュアルは勿論グッズを含むすべてのクリエイティブをセルフプロデュースで手掛けている。

 “アイドラ”の愛称で親しまれている彼らの最大の特徴は、ソウル、R&B、ファンクといったブラックミュージックを軸に、ディスコ、エレクトロ、オルタナティブロック、インディーポップなどを融合させたハイブリッドな楽曲だ。Maroon 5、Bruno Mars、The 1975などのルーツミュージックに根差しつつ、先鋭的なサウンドメイクを積極的に取り入れることで世界的な評価を得ているアーティストの方法論がアイドラにも存在している。

「ONE THING feat. SALU」

  そのプロダクションの精度は作品を重ねるごとに更新され、クオリティは確実に上がっている。いまや日本のヒップホップシーンの中心的存在となったSALUをフィーチャーした「ONE THING feat. SALU」では、洗練されたダンストラックとしなやかなファンクネスを備えたバンドサウンドを融合させ、大人っぽく、都会的な雰囲気のポップチューンを体現。また、こじるりこと小島瑠璃子が出演したMVでも話題を集めた「LEMONADE」では、軽快なダンスビートとエモーショナルなギターサウンド、切なさとさわやかさを共存させたメロディを配置し、より幅広い層のリスナーに訴求した。

「LEMONADE」

      

「ブルーノ・マーズとの共通点も アイドラ「Do Ya?」に感じる音楽×ファッションの最新モード」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版