>  >  > 祭nine.、4thシングルリリースイベント

祭nine.、新元号初武道館のステージに立つ意気込み語る「日本の歴史に名を刻めるように」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 祭nine.が、4thシングル『有超天シューター』の発売を記念して、3月20日に東京・ヴィーナスフォート2階 教会広場にてスペシャルイベントを行った。

横山統威(緑)、浦上拓也(白)、清水天規(紫)、寺坂頼我(赤)、Mr.シャチホコ、野々田奏(黄)、神田陸人(ピンク)、高崎寿希也(青)

 祭nine.のメンバー7人は、SE「BEGINNING」が流れる中、ステージに登場。会場に押し寄せたファン800人が温かく迎え入れると、すぐに「有超天シューター」のイントロが流れ出す。元気一杯な歌声と一糸乱れぬダンスパフォーマンスで、会場を一気に盛り上げていく祭nine.。大勢の観客もまた、彼らと一緒に踊りながら笑顔でライブを楽しむ。そんな会場全体が一つになる中、チャイムの音が鳴り響き、リーダーの寺坂頼我が〈「それでは授業を始めます。今日は名古屋ことばで、イングリッシュを勉強しましょう。」〉と呼びかけ、『有超天シューター』からパターンDに収録されている「NAGOYA’N’イングリッシュ」がスタート。茶目っ気たっぷりの歌詞と祭nine.らしい“お祭り感”たっぷりな和ポップなメロディが、会場の熱気をさらに増していく。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

 溢れんばかりの拍手が送られる中、「さぁ、さぁ、さぁ……ついにきたぜーーー!! 祭っ子のみなさん、気合入ってますかー!?」と声を張り上げ、「僕たちは、祭nine.です」と元気いっぱいに挨拶。メンバーひとり一人の自己紹介を終えると、ファンに感謝を述べ、寺坂が「今日はですね、なんと、あの大御所の芸能人の方からコメントをいただいているんですよ」と説明。すると、「祭nine.のみんな、そして会場にお越しの皆さん、こんにちは。アッコです」と、祭nine.のリリースを祝うメッセージが会場に流れ出す。最後に「でも私、コメントだけじゃ居ても立っても居られないんですよ。今日はですね、この会場に伺わせてもらってます。それでは、ミュージックスタート!」という言葉と共に、和田アキ子 with BOYS AND MEN 研究生の「愛を頑張って」をバックに、和田アキ子に扮したものまねタレント・Mr.シャチホコがサプライズ登場し、会場から大きな拍手と歓声が上がった。

 Mr.シャチホコの登場に「すげぇー!! えっ!?」と大興奮する祭nine.の7人。そんな中、Mr.シャチホコが、「祭nine.でしょ? なんで(グループ名の)9を(メンバーの人数)7にしなかったの?」と、かねてから疑問に思っていたことを尋ねると、寺坂は「僕たち事務所(FORTUNE ENTERTAINMENT)のラッキーナンバーが“9”でして」と答えた。続けて、5月1日に行われる日本武道館ライブの話題になると、寺坂が「平成が終わって、新しい元号になって一発目にやらせていただくということで、めっちゃ緊張しています。僕らあんなに大きなステージでやったことがないので、堂々とできる秘訣を教えてください」と、アドバイスを求める。Mr.シャチホコは「それはやっぱりね、もうレイちゃんの写真をポケットに入れることですよ」と口にすると、「レイ・チャールズのこと、私レイちゃんって呼んでるんですよ」と補足し、会場を笑いで包み込んだ。

      

「祭nine.、新元号初武道館のステージに立つ意気込み語る「日本の歴史に名を刻めるように」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版