>  > 祭nine.が目指す、さらなる高み

『がってんShake!』インタビュー

祭nine.が目指す、さらなる高み「新しい伝説をファンのみんなと一緒に作っていけたら」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ハイテンションなパフォーマンスと、全員が激しいダンス&アクロバットをこなせる身体能力の高さを武器に、精力的な活動を展開するBOYS AND MENの弟分ユニット・祭nine.。3月リリースの2ndシングル『HARE晴れカーニバル』では、念願のオリコンウィークリー1位を獲得。彼らのアイデンティティである和テイストを盛り込んだユーロビート×パラパラという90’sリスペクトな試みを込めた3rdシングル『がってんShake!』で、さらなる高みを目指す。メディア進出の著しかった今年の振り返りや、グループとしての成長についても語ってもらった。(古知屋ジュン)

「僕らなりの新しいジャンルを作れた」

ーー少し前の話になりますけど、前作『HARE晴れカーニバル』では念願の“てっぺん”を獲りましたよね。

寺坂頼我(以下、頼我):僕ら祭nine.がテーマとして掲げているのが“てっぺんを獲る”ということだったので、素直にめちゃくちゃ嬉しかったです。リリイベの3カ月間をいつも応援してくださる祭っ子(祭nine.ファンの相性)のみなさんと駆け抜けてきたので、大きな花が咲いたな! と感動しました。

清水天規(以下、天規):メンバー全員『ボイメン新世紀 祭戦士ワッショイダー』(CBCテレビほか)のドラマの撮影とリリイベ期間がかぶっていて、けっこうタイトなスケジュールの中で大変な思いもしたけど、頑張ってよかった! と思いましたね。

神田陸人(以下、陸人):僕らとしては喉から手が出るほど欲しかった1位でしたけど、ファンの方の支えなしではなし得なかった結果ですから。本当に感謝しなきゃいけないなと感じたと同時に、また新しい伝説をファンのみんなと一緒に作っていけたら、という思いを強く持ちました。

高崎寿希也(以下、寿希也):僕はもう嬉しすぎて、パニック状態だったというか……。自分たちが獲ったということよりも、ファンの方々と一緒に1位を獲れた喜びのほうが大きかったですね。発表のとき、ファンの方々の笑顔を見て涙が止まらなかったです。

野々田奏(以下、奏):発表がサンシャインシティでのイベントのときで、ファンの方々と同時に僕らも聞いたんですよ。ファンの方に見届けられながら1位を獲得できたのも、その場で感謝の気持ちを伝えられたのも、素直に嬉しかったです。

Arrow
Arrow
寺坂頼我(赤)
ArrowArrow
Slider

浦上拓也(以下、拓也):僕は人並み程度に嬉しかった……いや、嘘ですね(笑)。奏くんも言いましたけど、僕らとファンの方が同時に同じ会場で発表を聞いたので、喜びを共有できたのが何より嬉しかった。僕たちも素直な感情が出せたし、ファンの方も一緒に嬉し泣きしてくれたり、笑顔で「おめでとう!」って祝ってくれたりする方もたくさんいて、改めてそんな環境の中で1位をいただけたことにすごく感謝しました。

横山統威(以下、統威):念願の1位を祭っ子のみんなと獲れたことは、本当にめちゃめちゃ嬉しかったです。かつ、1位を獲ったからには“てっぺん”にふさわしい活動をしていけるようにこれからもっと頑張らないと、と気持ちが引き締まりました。

ーー今回の『がってんShake!』はホームの東海エリアではなく、関東でのリリイベが多いんですよね。東京でのイベント会場を覗いたら、1st、2ndよりもお客さんがぐっと増えていて。

祭nine. (MATSURI NINE.) / 「がってんShake!」Music Video(Short Ver.)

天規:これまでのイベントは名古屋とか愛知県内中心だったんですけど、今回はいろんなところに行かせてもらってます。関東もそうですし、関西や九州ツアーも回らせてもらって、〈東西南北 津々うらら〉……。

拓也:フフフ(笑)。歌詞カード読んでください。

ーーなるほど! まずはタイトル曲「がってんShake!」の聴きどころ、見どころを教えてもらえますか?

頼我:今再ブームになっているユーロビートのサウンドに、僕らのテーマでもある和のテイスト……これは「嗚呼、夢神輿」も「HARE晴れカーニバル」もそうだったんですけど、この2つを融合させたものになっていて、僕らなりの新しいジャンルを作れたんじゃないかなと思います。僕らのグループ名の“祭”といえばどんな方にも楽しんでもらえるものなんで、いろんな方に愛してもらえるような楽曲をいただけたなと。

ーーユーロビートと、この曲みたいなパラパラのダンスといえば90年代にはてっぱんの組み合わせでしたけど、みなさんはユーロビートに親しみは……?

頼我:僕ら的にはなじみがなかったんですけど、今年は荻野目洋子さんの「ダンシング・ヒーロー」とか、DA PUMPさんの「U.S.A.」が流行ったじゃないですか。だから、すごく新鮮で新しいものとして受け止めました。

ーーちなみに、パラパラは知っていましたか?

天規:そういうダンスがあるって聞いたことがある程度で、みんな知らなかったんですよ。

拓也:これまでずっとお世話になってる(渡辺)美津子先生(美津子ダンスカンパニー)に振りをいただいて、初めて踊ったときはけっこう大変でしたね。僕はリズムを取るのが苦手なので、みんなにも助けてもらって。

陸人:それはダンス全般に問題がないかい!?

「祭nine.が目指す、さらなる高み「新しい伝説をファンのみんなと一緒に作っていけたら」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版