>  >  > 倉木麻衣ら愛され続ける女性アーティスト新作

森朋之の「本日、フラゲ日!」vol.142

倉木麻衣、BiS、奥華子、牧野由依、Wakana……長く愛され続ける女性アーティストの新作

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今年デビュー20周年イヤーを迎えた倉木麻衣、2016年に再結成を果たし、9人編成で再スタートを切ったBiSなど、“長く愛され続ける女性アーティスト”の新作を紹介。アーティストとしてのパブリックイメージを保ちつつ、新たな作風にも果敢に(またはさりげなく)トライすることで、ファンに長く支持されている彼女たちの現在地を実感してほしい。

倉木麻衣『きみと恋のままで終われない いつも夢のままじゃいられない/薔薇色の人生』(通常盤)

 倉木麻衣の20周年イヤー第1弾シングルは、2019年新春に放送された『名探偵コナン』(日本テレビ系)の2週連続1時間スペシャル「紅の修学旅行(鮮紅編・恋紅編)」の主題歌とオープニングテーマを収録した両A面。主題歌「きみと恋のままで終われない いつも夢のままじゃいられない」は、切なくも愛らしい恋心を描いたミディアムチューン。“新一と蘭がついに恋人に!”と話題になった「紅の修学旅行編」のストーリーと重なる名曲としてファンに高く評価されている。オープニングテーマ「薔薇色の人生」は、20周年のキックオフを告げるようなアッパーチューン。これまでの『名探偵コナン』とのタイアップソングのタイトルを歌詞に引用するなど、“倉木麻衣×名探偵コナン”の深い関係を改めてアピールするナンバーに仕上がっている。

倉木麻衣「きみと恋のままで終われない いつも夢のままじゃいられない」ミュージックビデオ(Short Ver.)

BiS『Are you ready?』(通常盤)

 BiSのメジャー第4弾シングルの表題曲「Are you ready?」はQueenの名曲「Bohemian Rhapsody」にインスパイアされたというロックオペラ的な楽曲。壮大でクラシカルなロックバラード、極悪な雰囲気のヘビィロック、正統派ハードロック、解放感のあるエレポップなどを組み合わせ、(フレディ・マーキュリーの命日11月24日にちなみ)11分24秒の大スケールの楽曲に仕立て上げている。“BiSだったらアリだよね”と常識を超えた企画を実現させてしまう勢いとパワーこそが、このグループが長く支持され続けている理由だと改めて実感させられる。カップリングには、2016年の再始動のために制作された「BiSBiS」の現体制バージョンを収録。新たなスタートを切る9人には、思いが詰まった楽曲と言えるだろう。

BiSBiS (2019 ver) / BiS 新生アイドル研究会[OFFiCiAL ViDEO]

奥華子『KASUMISOU』(通常盤)

 奥華子の約2年ぶり、通算10作目のオリジナルアルバム『KASUMISOU』には、配信シングル「願い」(サンリオピューロランド「スイーツピューロ」イルミネーションショー「ミラクリュージョン★Happiness」イメージソング)、「クリスマスの夜」(スマホアプリ「SNOW」CMソング)などのタイアップ楽曲に加えて、南條愛乃、竹達彩奈など他のアーティストへ提供した楽曲のセルフカバーを中心に構成。周りを引き立てつつ、自らの存在感もさりげなくアピールする、まさに“かすみ草”的なアルバムとなった。「鞄の中のやきもち」をはじめ、奥華子の真骨頂と呼ぶべき切ないラブソングもたっぷり。ブレない作風を持ち続けながら、さまざまなコラボレーションを繰り広げた本作は“変わらず、変わり続ける”彼女の姿勢をわかりやすく示している。

【奥華子】「鞄の中のやきもち」 from 10th Album「KASUMISOU」【MV】

      

「倉木麻衣、BiS、奥華子、牧野由依、Wakana……長く愛され続ける女性アーティストの新作」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版