乃木坂46 松村沙友理、“フラれる女”役でトリッキーな演技を披露? 設楽統「ホラーの顔だった」

 バナナマンが司会を務める、乃木坂46の冠番組『乃木坂工事中』(テレビ東京系)。3月10日放送回では「トラペジウム大ヒット記念 勝手に演技力研修! 後半戦!」がオンエアされた。

乃木坂46『帰り道は遠回りしたくなる』(TYPED)

 同企画は、累計20万部発行を記録した高山一実の小説『トラペジウム』の映像化などに備え、勝手に演技力を鍛えて関係者にアピールするというもの。「演技センスを磨け! フラれ女王選手権」では、フラれる理由のみ与えられ台本なしの即興芝居に挑戦した。彼氏役は日村勇紀(バナナマン)が演じる。まずは新内眞衣からスタート。フラれる理由は「今は仕事に集中したい」。演技が始まると、日村は「俺、でかい仕事任されちゃったんだよ。だからもう一緒にいれないんだ‥‥」と別れを告げる。新内は「私もついていくよ」と引き止めたものの、日村は「このプロジェクトにはお前が邪魔なんだよ」と冷たくあたる。別れを受け入れた新内は「おめでとう‥‥」と、仕事が順調な彼氏を祝福する“しおらしい女”を演じた。そんな新内の演技について伊藤純奈は「1つ1つの目線の運び方がずっと同じ動きだったのが気になっちゃって」「ここでこうすればいい、っていう考えが1つしかないんだろうな」と厳しいダメ出しをした。

 続いては堀未央奈。フラれる理由は「作る料理がマズすぎる」。堀が「今日の夜に作ったご飯美味しかった?」と聞くと、日村は「今日の飯は美味くないよ」「今日の飯っつーか、もう別れてくんねえかな! お前の作る飯、マズすぎるんだよ」と言い放つ。すると、堀は涙を流して「いつも美味しい美味しいって言って食べてたのは何だったの?!」「もっと早く言ってくれればいいじゃん!」と迫真の演技を見せる。負けじと日村も「あんなまずいもんばっか食って太って。冗談じゃねえよ」「好きだったら、もうちょっと俺の体のことも考えてくれよな」と言い返すと、堀は「わかった。明日からピーマンしか出さないから」と返答。スタジオから見ていた設楽統(バナナマン)は「餌だ、餌」と笑いながらつぶやく。堀の演技が終了すると、高山は「上手い演技って面白いんだって思いました!」と感想を述べた。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!