福山雅治、弾き語りが表す初期衝動と音楽的興奮 『DOUBLE ENCORE』『五十祭!!』で感じたこと

福山雅治、弾き語りが表す初期衝動と音楽的興奮 『DOUBLE ENCORE』『五十祭!!』で感じたこと

 2月6日、福山雅治は50歳の誕生日当日を、横浜アリーナのステージ上で、ファンに祝福され、そしてこれまでの感謝の気持ちを、ありったけの思いを込めて歌い、ファンに届けたーー。2月5日〜7日横浜アリーナで行われた『福山☆はじめての大誕生祭 其の壱 平成最後の2月6日。やっぱりこの日はステージに立っていたかったんだ! 福山雅治 五十祭!!』は、タイトル通り、人生の大きな節目である50歳という誕生日を、これまで長きに渡り支えてくれたファンと共に過ごしたいという、福山のどこまでも素直な思いが表れたライブだ。ファンクラブ会員限定ということもあり、開演前から、ステージを360度埋め尽くしたファンから放たれる“ワクワク感”が、いつもにも増して伝わってくる。この特別な日のセットリストは、“誕生歌(うまれうた)”。家族、恋や友情など、“何かが生まれた日、始まった日”の思い出が呼び起こされる福山歌を事前に募集し、その結果を10位からランキング形式で発表していくというスタイルだ。

 一部が弾き語り、二部がバンドスタイルという構成。ファンからのエピソードを紹介してくれるのは、福山のラジオ番組『魂のラジオ』や『地底人ラジオ』などに欠かせないフリーアナウンサー・荘口彰久だ。荘口が登場し、開口一番は、お祝い代わりに、この日リリースとなった4枚組31曲の弾き語りライブ音源&MCが収録されたライブアルバム『DOUBLE ENCORE』が、オリコンのデイリーアルバムランキングで1位(2月5日付)になったことを伝えてくれた。会場は大盛り上がり、福山も喜色満面の笑みで、ファンと共に喜びを分かち合った。『DOUBLE~』は、この日だけではなく5日連続でデイリーランキングの1位と、好調な推移を見せた。このアルバムは自身のライブのエンディングで、“独りでオーディエンスに向き合う時間”のダブルアンコールの音源のみを、時系列的に並べ、トークも余すことなく収録されているという、珍しい、しかし福山らしい作品ともいえる。

 横浜アリーナのステージ上でも、弾き語りセクションでは、「はつ恋」「Beautiful life」「家族になろうよ」などを、リクエストした人のエピソードを添えながら、歌詞のひと言ひと言に光を当てながら、丁寧に歌っていた。そして「一人ひとりの人生の中に、音楽という形で寄り添わせていただけることを大変光栄に思います」と改めて喜びをかみしめた。弾き語りスタイルのライブをやるアーティストは少なくない。ゆずや、来るべき2月18日日本武道館で弾き語りライブを行うあいみょんなど、決して珍しいスタイルではないが、どのアーティストも実力はもちろん、何よりも音楽愛が溢れているというところが、共通しているのではないだろうか。ギターの弦1本1本の音と、歌声が何にも遮られることなく、しっかりと聴こえてくる、弾き語りでしか味わえない感動がある。ギター1本と歌声だけという最小限のセットで、最大限の感動を与えることができる。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!