>  >  > 中居正広、元プロ野球選手にアドバイス

中居正広、第二の人生を歩む元プロ野球選手にアドバイス 「無理して離れることもない」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 中居正広が、MCを務めるトークバラエティ『中居くん決めて! 』(TBS系)。1月21日放送回では、ゲストに朝日奈央、サンドウィッチマン、高岡早紀、トレンディエンジェルが出演した。

 初めの相談者には、元プロ野球選手・白根尚貴が登場。野球一筋のスター選手であったが、昨年秋に戦力外となってしまった。安月給の野球関連の仕事に就くか、高月給の飲食店の店長になるべきか、悩んでいるという。白根は「プロ野球選手としてクビになったら野球はしないと言ってるので、曲げたくないところがあります」と言うと、中居は「いいんだよ、曲げて。そのときの白根選手と今の白根選手は環境が違うわけですから!」とアドバイス。しかし、白根は野球をやる意欲はあったものの野球をできる環境がどこにもなく、現役から離れることを決意したことを明かす。さらに、結婚もしたばかりで安定した職につきたいという気持ちがあるという。

 中居は「本当に家族のことを思うのであれば飲食店も……でも将来の見通しがどれだけ描けてるのかなって」「野球に携わってれば、進展がありそうな気がするんですよね」とコメントした。白根が「ずっとやってきたので、(プレー)するのにも教えるのにも誰よりも知識を持ってる自信はあります」と言うと、中居は「その一言に尽きる気がしますけどね。飲食店よりも給料は安いかもしれませんけど、積み重ねることができるのかなと思います」と助言。続けて「まだ若いからいろんな可能性がある」「僕みたいに4、50歳になってくると選択肢が狭くなってくるんですけど、25、6歳ですと選択肢があるので野球から無理して離れることもないかもしれません」と語った。

 続いての相談者は、“趣味をテニスかダンスのどちらに絞りたい”とし、どちらかを本気で打ち込みたいという。中居は「テニスってテニスコートじゃないとできないんですよ。ダンスってどこでもできる」と話し、続けて「(ダンスは)変な話、百貨店の鏡の前でもできますし。本当に好きな人はね。僕はやらないですけど」とコメント。さらに中居は「おかしいでしょ? 俺、百貨店の鏡の前で踊ってたら。“まだまだイケるんじゃないの?!”つって」と軽くダンスを見せながら話し、スタジオを笑わせた。相談者の話に戻ると、中居は「中途半端なほど面白いことないんだけどね。みんな決めすぎない?」「人と出会ってたら考え方は変わってくるんだから」とし、考えを貫こうとしなくてもいいのではないかと語る。そして、最終的には“ダンスはどこでもできるので、コートでしかできないテニスにしたらいいのではないか”と回答した。

      

「中居正広、第二の人生を歩む元プロ野球選手にアドバイス 「無理して離れることもない」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版