>  >  > 香取慎吾、NIPPON初個展開催に寄せて

香取慎吾と共に今年も“BOUM!BOUM!”する1年に 『NIPPON初個展』開催に寄せて

関連タグ
香取慎吾
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 香取慎吾が、日本で初めての個展を3月15日から開催する。『BOUM!BOUM!BOUM!(ブン!ブン!ブン!)香取慎吾NIPPON初個展』と名付けられたこの個展は、昨年9月にパリ・ルーブル美術館内で行なわれた『NAKAMA des ARTS』展の凱旋展示……だけでは、終わらない。

『サントリー オールフリーpresents BOUM!BOUM!BOUM!(ブン!ブン!ブン!)香取慎吾NIPPON初個展』

 会場となるIHIステージアラウンド東京は、巨大な円形の観客席が回転しながら、360度すべてがステージとなる、アジア初となる没入型エンターテインメント施設。作品を1つずつ眺めながら会場内を歩いていく……という個展の既成概念をひっくり返してくれるようだ。「まさか国内初個展が360度回転劇場で開催される事になるとは」と、香取自身がコメントするように、1年前では考えられないようなまさかまさかな展開が続いている。

 また、オフィシャルサイトを見ると、「1.個展なのに360度回転ステージ?」に始まり、「2.通常1300人の会場に350人しか入れない?」「3.個展なのに120分でまわる?」「4.ルーブル凱旋なのに未発表作品がかなりある?」「5.香取慎吾はいないのにそこにいるかも!?」「6.髪の先からお尻の穴まで丸裸の最先端アート?」「7.行く度にちょっとずつ内容が変わってるかも!?」「8.“生きてる”って叫ばないと入場できない?」「9.慎吾食客人!!! 慎吾想像糞野郎!!! 何故?」「10.アートの個展なのに意味不明過ぎて最高じゃん、ワーイ!!!」と、10コのWHYが並ぶ。

 謎が謎を呼ぶ中、1月9日には朝日新聞に全面広告が掲載された。そこに描かれていたのは、大小2つの赤いハートのみ。香取慎吾の名前も、個展の内容も一切触れられていない。見てくれている人が、わかってくれればいい、そんな潔さが清々しいくらいの広告だった。また、よくよく目を凝らしてみると、ハートの中には見覚えのある“S”の文字が浮かび上がってくる。さらに、注意深く眺めていくと、ハートの縁近くに小さな星を6つ見つけることができた。勢いよく飛び出した赤い星が3つに、半分だけ顔をのぞかせているもの、まだハートの中に入っているもの、そして白い星も1つ……。

      

「香取慎吾と共に今年も“BOUM!BOUM!”する1年に 『NIPPON初個展』開催に寄せて」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版