ポップしなないで、ライブで魅せた“非日常の世界” キーボード&ドラムによる独創性を紐解く

ポップしなないで、ライブで魅せた“非日常の世界” キーボード&ドラムによる独創性を紐解く

 開演時間が過ぎフロアの照明が落ちると、大きな拍手に迎えられながら、かめがいとかわむらが登場。2人がそれぞれの定位置に着くと、1曲目「ヤンキーラブ」でライブの幕を開けた。かめがいが表情豊かに可愛らしく、時には感情を爆発させてドスの効いた声を張り上げ、それとは対照的にクールな姿勢を崩さず、タイトなドラミングプレイを見せるかわむら。この2人のコントラストは、まさに“フルーツサンド”と“ポテサラ”のように、一見不思議な組み合わせにも感じる。しかし、この2人でないと出せないコンビネーションがポップしなないでの独創性の種だと思うと、どう考えてもこれ以上ないほどのベストな組み合わせなのだ。

かめがい

 その後は「魔法使いのマキちゃん」「bedroom sound system」と新作からのナンバーを畳みかける。突き抜けたポップさは一貫しながら、ドラマティックでカオスな側面も持つ楽曲群が誘うポップしなないでの世界に、フロアにいる観客はどんどん惹き込まれていく。MCでかめがいが「今日はクリスマスイブなのにこんなに来てくれて。本当に嬉しいことにソールドアウトしたんだよね」と告げると、大きな拍手が起こった。そんな中かわむらが「あんまり大勢で観る音楽じゃないですからね」と呟き、かめがいが「そう? そうなの!?」とすかさず突っ込むなど、ネットラジオ『オールナイトニッポし』の時と同じようなゆるい掛け合いが繰り広げられ、フロアは始終笑いが絶えない温かなムードに。そんな2人が醸し出す自由な空気につられて、観客も思いのまま身体を揺らしたりじっくりと聴き入ったり、それぞれの楽しみ方でライブを堪能し、中盤のハイライトでもあった「コトリズム」では、心地よいコーラスワークに合わせて一緒に口ずさむ声がフロアからも聴こえてきた。

かわむら

 その後は人気ナンバー「エレ樫」や、「好きになったような気がしたんだ」「バンジー!」などの音源化されていない楽曲も惜しみなく披露。「言うとおり、神さま」では、青くライトアップされたステージに、抒情的なピアノの音色とリバーブがかかったスネアドラムの音が響く。台詞を捲し立てるようなかめがいのボーカルが演劇チックでもあり、フロアからは自然と手拍子が沸き起こった。

 ライブ終盤には、ダンサンブルでメロウな新曲「丑三キャットウォーク」、ノスタルジックで言葉遊びのようなナンバー「ロケットダンサー」など、曲ごとにガラッと雰囲気を変えながら、本編ラストは「ラムネ日記」でフィニッシュ。曲が終わると深々とお辞儀をし、一旦ステージから去っていった。

 しかしすぐにアンコールを求める手拍子が鳴り、それに応えて2人が再登場。かめがいが「今日はみんなに発表があるんだよね」と言い、かわむらの口から来年3月4日に渋谷WWWでMaison book girlと集団行動を招いて自主企画イベントが開催されることが明かされると、どよめきと喜びの拍手に包まれた。アンコールでは「砂漠の惑星」「早く帰りたい」の2曲を披露してライブを締めたものの、まだまだ帰りたくない観客からはWアンコールを求める手拍子が。「もうやる曲ないって!」と言いながらも嬉しそうなかめがい。結局、リクエストに応えて“おかわりの1曲”まで、たっぷり2時間にわたり全25曲を披露。ここまでの集大成ワンマンは大盛況のうちに幕を閉じた。

■渡邉満理奈
1991年生まれ。rockin’on.com、Real SoundなどのWEB媒体を中心にコラム/レビュー/ライブレポートを執筆。趣味は読書でビートたけし好き。

■ライブ情報
ポップしなないでpresents『冗談』
2019年3月4日(月)渋谷WWW
開場18:30 / 開演19:00
前売り¥3,200 当日¥3.700
出演者:ポップしなないで、集団行動、Maison book girl、and more
チケット一般発売1月12日(土)10:00〜
e+
チケットぴあ 【Pコード:139-120】
※電話予約あり:0570-02-9999
ローソンチケット 【Lコード:70285】
※電話予約なし

ポップしなないで 公式Twitter

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ライブ評」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる