>  >  > 藤川千愛は歌の世界に一瞬で没入させる

藤川千愛は歌の世界に一瞬で没入させるーーまねきケチャ卒業後のワンマンライブを見て

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年9月24日に開催された日本武道館公演をもってまねきケチャを卒業した藤川千愛が、12月22日に渋谷WWWXにて、ワンマンライブ『~Starting Over Live 2018〜』を行なった。

 グループ時代からアイドルの枠を軽く飛び越えた確かな歌唱力を示してきた藤川千愛。ソロシンガーとしての活動をスタートさせることへの期待に満ち溢れた超満員のフロアに、彼女はアコギを抱えて登場した。ステージ全体を覆う紗幕に鼓動する心臓と歌詞が映し出される中、配信シングル第1弾としてリリースされたラブソング「勝手にひとりでドキドキすんなよ」の弾き語りでライブをスタートさせた。これは、藤川千愛の卒業ライブとなったまねきケチャの日本武道館公演で初披露されたソロ曲だ。歌いだす前に何度も肩を回して上半身のコリをほぐしていたが、フルバンドのワンマンライブは今回が初ということもあり、間違いなく緊張はあっただろう。女の子の素直になれない気持ちを表現した楽曲に続いては、グループ卒業後初のオリジナル楽曲「夢なんかじゃ飯は喰えないと誰かのせいにして」へ。誰かのせいにして前に進めない自分の弱さや苛立ちをパワフルにぶつけた。この2曲は、ポップバンドのボーカリストのようなストレートで伸びやかな歌唱となっており、グループ時代のコブシの効いた歌い回しは、彼女の引き出しの一部に過ぎなかったことを再確認させられた。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

 紗幕が落ちた後の最初のMCではライブのタイトルについて「私はアイドルをやめて、これから文字通り、再出発していくぞという意味を込めてつけました」と説明した後、観客との距離を縮めるために「今日から敬語をやめていいですか」と宣言。「上京して3年経っても岡山弁が抜けないけど、普段話してる言葉の方が本当の気持ちを伝えやすいなと思って」と語り、ついつい敬語になってしまうところを観客に突っ込まれながら、笑顔で進行した。「クリスマス気分を味わって欲しくて選曲しました」というクリスマスコーナーでは、自身のばあばとのクリスマスの思い出を岡山弁で語りながら、槇原敬之「冬がはじまるよ」や山下達郎「クリスマス・イブ」、AI「ハピネス」、back number「クリスマスソング」とカバーを立て続けに披露。ロングトーンの中に“らしさ”が詰まったスロウテンポなナンバーから、自然とクラップとシンガロングが沸き起こったアップテンポのR&Bナンバーまでを歌いこなす強さと自信を見せつけ、ライブは後半に突入。

      

「藤川千愛は歌の世界に一瞬で没入させるーーまねきケチャ卒業後のワンマンライブを見て」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版