>  >  > リンホラ『進撃の軌跡』Blu-ray評

Blu-ray『Linked Horizon Live Tour 『進撃の軌跡』 総員集結 凱旋公演』レビュー

Linked Horizon Revoの音楽家としての力量ーーこだわりが詰まった『進撃の軌跡』映像作品を見て

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 壮大なスケールで魅せた『Linked Horizon Live Tour『進撃の軌跡』総員集結 凱旋公演』<第一壁>はこれで終わる。ライブ映像であるものの、MCなどはカットされており映像作品としての意味合いが強い。Linked Horizon 2nd アルバム『進撃の軌跡』の世界を映像化したもの、という見方もできるのだが、比べると興味深いのは「もしこの壁の中が一軒の家だとしたら」が「紅蓮の弓矢」より先に披露されているところだ。ここにもアルバムとはまた違った感情を覚えるはずだ。この曲順も実に秀逸さを見せており、“チャプター分け”されていないことも、強い制作意図を感じる部分である。

 そして、凝りに凝った装丁を今回も見せている。初回盤は<第一壁>に加え、さらなるLinked HorizonとSound Horizonの深部を見せた<第二壁>の2枚組であるが、公演オープニング同様、“壁”を模したパッケージになっている。<第一壁>を開かなければ、<第二壁>にたどり着くことが出来ない仕様だ。

 音と映像のスケールに圧倒されてしまったが、あらためて音楽家としてのRevoの力量に驚愕させられた作品である。オーケストラとバンドサウンドの融合、ハードロックとクラシック音楽の親和性は今に始まったことではないのだが、そのどちらかが主になる訳でもなく、双方が干渉せずに違和感なく両立している音楽などそうないはずだ。そして、その音楽性といえば、バロック音楽から現代音楽、ヘヴィメタルからプログレッシブロックまでも覆いながら、それでいて耳馴染みの良い歌モノのポップスという着地点を見失っていない。このような音楽家、他にはいないだろう。連載中の原作はもちろん、2019年4月にはTVアニメ第3期の後半となるPart.2も決定している『進撃の巨人』。この先、Revoは作品とともに一体どんな“物語音楽”を創り出していくのだろうか。

(メイン写真=江隈麗志)

■冬将軍
音楽専門学校での新人開発、音楽事務所で制作ディレクター、A&R、マネジメント、レーベル運営などを経る。ブログTwitter

“Linked Horizon Live Tour『進撃の軌跡』総員集結 凱旋公演”ダイジェスト映像!!!
『Linked Horizon Live Tour 『進撃の軌跡』 総員集結 凱旋公演』(初回盤)

■Blu-ray情報
『Linked Horizon Live Tour 『進撃の軌跡』 総員集結 凱旋公演』
2018年12月26日(水)発売
<初回盤>
サイズ:約W28.7cm×H16.5cm×D4.6cm/重さ:約900g
●品番:PCXP.50585
●価格:15,000円(税別)
Disc 1:Linked Horizon Live Tour『進撃の軌跡』総員集結 凱旋公演【第一壁】
Disc 2:Linked Horizon Live Tour『進撃の軌跡』総員集結 凱旋公演【第ニ壁】

<通常盤>
サイズ:約W13.5cm×H17cm×D1.4cm/重さ:約90g
●品番:PCXP.50586
●価格:7,000円(税別)
Disc 1:Linked Horizon Live Tour『進撃の軌跡』総員集結 凱旋公演【第一壁】

Linked Horizonオフィシャルサイト

      

「Linked Horizon Revoの音楽家としての力量ーーこだわりが詰まった『進撃の軌跡』映像作品を見て」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版