>  > ChouChoと佐咲紗花が語る『ガルパン』への想い

ChouCho×佐咲紗花『ガルパン』対談

ChouChoと佐咲紗花が『Still a long way to go』に込めた『ガールズ&パンツァー』への想い

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■終わってほしくないけど早く観たい。『最終章』は心が葛藤

ーーそして佐咲さんの「春色スカイ」は、ChouChoさんの「フロンティア」が打ち込みなのに対して、こちらはオルガンとかアコギがサウンドの肝になっています。どこか、90年代のネオアコのような。

ChouCho:そういうちょっと懐かしさを感じるような、ノスタルジックな曲にしたいと話していたんだよね。

佐咲紗花:ただこういう曲調は、今まで作ったことがなかったので、なかなか大変でした。ただ、アレンジを菊池達也さんにお願いすることが事前に決まっていたので、そこはけっこう達也さんに寄せに行った感はありますね(笑)。

ChouCho:確かに達也さんっぽい!(笑)。
佐咲紗花:歌詞は、西住みほが大洗町にきてからの、日常のみほをイメージしました。表題曲では、試合も含めて全体を通した絆を歌っていますが、こちらは、特に“あんこうチーム”内での日常の絆に絞り込んでほしいとの要望の元に書きました。

ChouCho:本当にすごくかわいい曲で、歌い方としても、今までさやっぺが『ガルパン』で歌ってきた、「あんこう音頭」「Grand Symphony」「High-Flying Future!!」のどれとも違っていて。新しいさやっぺの歌声が聴けて、とても多彩であり、多才でもあるなと思いました。

ーータイトルを「春色スカイ」にしたのは?

佐咲紗花:西住みほが、大洗町に転校してきたのが春で、ちょっと桜がちらつく中で、まだ誰も友だちがいないところから始まったストーリーです。あのときの空の色が、みんなとの絆でどんどん変わっていったよということも伝えたくて。

ーー聴き応えがある1枚。これを聴いて、またTVシリーズやOVAを観たくなりますね。

ChouCho:はい。まったく違う3曲が収録されていますし、それをイメージして作っていますから、ぜひ観返してほしいです。

佐咲紗花:私、通常盤のTVシリーズと5.1チャンBD BOX版のTVシリーズで聴き比べをしたんです。1話ずつ入れ替えて音だけを聴き比べたら、「全然違う〜!すごい!」って思いました。奥行きとか立体感が、まったく違うんです。本当にみなさんが大満足する音響になっていて。モードもいろいろあって、オーディオコメンタリーが本当に面白いし、謎のミリタリーコメントもあるし。

ChouCho:初めての方もマニアックな方も、繰り返し観ている方でも楽しめます。

ーー『ガルパン』は現在『最終章』のストーリーが進行中で、2019年6月には『最終章』の第2話が公開されます。『最終章』という部分で思うことはありますか?

ChouCho:さやっぺは、『最終章』第1話〜第3話の主題歌「Grand Symphony」を作詞したときに、この先にストーリーを知らされているらしんですけど、私は知らないので、いちファンとして早く観たいです。1話は新キャラがたくさん出てきて、この先どうなるんだろう? というワクワク感のところで終わるんですよね。『ガルパン』には終わってほしくはないけど、早く次が観たくて、そこがもどかしいです。

佐咲紗花:私はストーリーを知っているからこそ、この先に待ち受けている、“あれ”とか“これ”は、映像でどう表現されるんだろうか? と楽しみです。それに「Grand Symphony」は、1話から3話の主題歌ではあるけど、6話まで観たあとに聴いても納得してもらえるようなものにしました。その上で、てふが歌うことになる4話〜6話主題歌も、どんな曲になるか早く聴きたいんだけど……、それは終わりに近づくことでもあるんですよね。

ChouCho:心の葛藤がすごいです。

佐咲紗花:でも繰り返し楽しめるのが『ガルパン』だから、何度でも繰り返し観て、新しい発見をしながら次を待とうと思います。『最終章 第1話』で、さらに魅力的なキャラが増えちゃったから(笑)。

ChouCho:サメさんチームとか、みんなインパクトが強いから、この先がすごく楽しみです。


ーーでは最後に、それぞれの2019年の展望をお聞かせください。

ChouCho:私は今年、自分が作曲した楽曲を世にたくさん出すことができて、自信に繋がりました。これまで作ったことのないような曲を、もっとたくさん作りたいし、楽曲提供もしてみたいです。今回自分が作った曲を誰かに歌ってもらうことをやって、自分の中にあるものと誰かの要素が合わさった相乗効果で、自分がイメージした以上のものができ上がって、感動したし作り手としてすごく面白い経験だと思いました。もっとそういうことがやっていけたらと思います。それに2月に『ChouCho Acoustic Live“naked garden”vol.5』があるので、まずはそれを良いライブにしたいですね。

佐咲紗花:ここ2〜3年、主題歌を歌った作品のキャラソンの作詞を少しやらせていただいているので、もっとたくさん作詞提供ができたらいいなと思いますね。あと、こういうコラボをしたときの化学反応の面白さを改めて知ることができました。人と制作することは、こんなに発見があって世界が広がるんだと思いました。自分の世界を突き詰めるのもそうだけど、もっといろんな人の世界を取り入れて広げていけるように頑張りたいです。それをやりつつ、2020年の10周年に向けての助走と言うか、ジャンプするまでのタメと言うか、経験値の貯金をする1年にしたいです。あとは、1月5日と6日に『エクストリーム爆音上映会』がありますし、『ガルパン』がもっともっと楽しいことをやってくれることを楽しみにしています。

(取材・文=榑林史章/写真=はぎひさこ)

■商品情報
TVアニメ『ガールズ&パンツァー』
ガールズ&パンツァー TV&OVA 5.1ch Blu-ray Disc BOXテーマソングCD 「Still a long way to go」
ChouCho, 佐咲紗花
¥1,300 (税抜価格)+税
2018年12月26日発売
1.Still a long way to go
歌:ChouCho × 佐咲紗花 作詞:松井洋平 作曲:ChouCho 編曲:村山☆潤
2.フロンティア(Nintendo Switch 『ガールズ&パンツァー ドリームタンクマッチDX』主題歌)
作詞・作曲:ChouCho 編曲:村山☆潤 歌:ChouCho
3.春色スカイ
作詞・作曲:佐咲紗花 編曲:菊池達也 歌:佐咲紗花
4.Still a long way to go (off vocal)
5.フロンティア (off vocal)
6.春色スカイ(off vocal)

ChouCho公式サイト
佐咲紗花公式サイト
ガールズ&パンツァー公式サイト

「ChouChoと佐咲紗花が『Still a long way to go』に込めた『ガールズ&パンツァー』への想い」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版