向井太一が実感した人との“絆” 強い思い届ける全国ツアー初日にあっこゴリラ、SALUも登場

向井太一が実感した人との“絆” 強い思い届ける全国ツアー初日にあっこゴリラ、SALUも登場

 シンガーソングライターの向井太一が12月12日、全国ツアー『PURE TOUR 2018-2019』の初日公演を、東京・マイナビBLITZ赤坂にて行った。

 本ツアーは、彼が11月28日にリリースした2ndアルバム『PURE』を引っさげ全国6都市で行うもの。すでに全公演ソールドアウトとなっており、この日も会場には若者を中心に沢山の人が集まっていた。

 定刻になり客電が落ちると、ステージにサポートメンバーが現れる。MOP of HEADのGeorge(Key&Machine)とSatoshi Yamashita(Dr)、LUCKY TAPESの高橋健介(Gt)と田口恵人(Ba)という布陣だ。おもむろにセッティングを済ませ、横一列にズラリと並んだ4人が待機していると、眩いばかりのバックライトが束になって客席へ降り注ぐ。そんな幻想的な雰囲気の中、満を持して向井が登場。割れんばかりの声援が鳴り響く中、まずはアルバム『PURE』から「リセット」でスタートした。

 静かに奏でられたピアノの上を、向井の伸びやかなボーカルが舞う。音源で聴いて想像していたより遥かにパワフルな歌声で、大地を踏み鳴らすような迫力たっぷりのキックと共に鼓膜を揺さぶった。今日の彼は黒いウェスタンシャツに黒いパンツと全身黒づくめで、曲の後半ではステージ狭しと動き回りながらフロアを煽る。それに応えるように、あちこちからハンドクラップが湧き上がっていた。

 シンプルなロック、ファットなヒップホップチューンを経て披露された「Crazy」では、思わず腰が動き出すような高橋のグルーヴィーなギタープレイがどこかナイル・ロジャースを思わせる。まるで虹のような、色とりどりの照明に照らされた向井は、水中を泳ぐように体をくねらせながら、カーティス・メイフィールドやプリンスばりのファルセットボイスを繰り出した。

「楽しむ準備はできていますかー?」

 そうオーディエンスに語りかけ、以降もアップテンポなナンバーやメロウなバラード、アブストラクトなダンスチューンと、様々な楽曲を畳み掛ける向井。そしてライブ中盤、「紹介しましょう、あっこゴリラ!」と彼が呼び込むと、水色のダウンを羽織ったあっこゴリラが颯爽とステージに登場し、軽やかなステップを踏みながら「ゲリラ」をパフォーマンスした。彼女のメジャーデビューアルバムにも収録された、2人のコラボ曲だ。青い髪を振り乱しながら、力強い高速ラップをするあっこゴリラ。その圧倒的なパフォーマンスとキュートな笑顔のギャップに誰もが魅了された。

 楽曲が終わり、あっこゴリラと固くハグして見送った後、思わず「最高だね……!」と呟く向井。続く「空」は、2017年にリリースされた1stアルバム『BLUE』に収録された、SALUとのコラボ曲だ。イントロが流れ始め、「ひょっとしてSALUも登場……?」とざわめくオーディエンスをよそに、1人で向井が歌い出す。サビが終わり、いよいよラップパートが近づいてくると、いよいよステージ袖からSALUが登場。Auto-Tuneを通したエフェクティブな声でラップを披露すると、フロアのボルテージはピークを迎えた。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ライブ評」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!