>  >  > 『MAMA』授賞式から見えた、K-POPの今

BTS、TWICE、IZ*ONEらが出演 『2018 MAMA』授賞式から見えた、K-POPの今

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年も、残すところあと2週間ほど。世の中はすっかり年末といった雰囲気だ。それはもちろんK-POPをはじめとする音楽業界も同じで、秋頃から始まった今年の賞レースもいっそう盛り上がりを見せている。その中でも『Mnet Asian Music Awards(MAMA)』は年末の風物詩といった様相で、多くのK-POPファンが注目をしている音楽授賞式の一つだ。

 今年も12月10日から14日までの間で、韓国、日本、香港の3地域で開催され、それぞれの場所で大きな盛り上がりを見せた。今回は12日に日本で開催された『2018 MAMA FANS’ CHOICE in JAPAN』の模様とともに、今年のK-POPを振り返ってみたい。

アジアで一番注目されている『MAMA』

 『Mnet Asian Music Awards(MAMA)』は、CJ ENM主催のアジア最大級の音楽授賞式だ。1999年『Mnet KM MUSIC Festival(MKMF)』としてスタートし、約10年間は韓国内で開催、その後2009年『Mnet Asian Music Awards』に名称を変え、今年で10年目を迎えた。

 『MAMA』になってから2010年にマカオ、2011年にはシンガポール、2012年〜2016年までは香港で行なわれた。2017年から日本でも開催され、今年で2回目となる。現在では世界の音楽ファンたちが毎年注目し、楽しまれているアジア最高の音楽祭として成長し続けている。

 2回目になる今年の日本公演は、『2018 MAMA FANS’ CHOICE in JAPAN』という名前で開催され、日本だけの受賞部門「Worldwide Fan’s Choice TOP10」が設置され、ファンの投票によるTOP10が発表された。

他では見られない豪華なセットと演出が『MAMA』の最大の魅力

 『MAMA』の最大の魅力は、通常のコンサートやイベントでは見られないような豪華なセットや、演出、そしてスペシャルステージだろう。出演するグループたちは、この『MAMA』に向けて特別なパフォーマンスを準備してくるのが常であり、伝説のパフォーマンスが生まれることも多々あるのだ。K-POPファンにとって『MAMA』は年末の最大の楽しみの一つでもあるのだ。

 今年の『MAMA』は、さいたまスーパーアリーナを使い開催されたが、通常のステージではなく、アリーナの真ん中に大きなステージを作り、両方に伸びる花道と、そして後方に設置されたサブステージという構成だった。天井からは大きなシャンデリアのようなモニターが下がる。そしてファンから見える位置に出演陣が座り、出番を待機をするという構成だった。この会場を見て、始まる前からどんなステージを見せてくれるのか、期待で胸が高まったはずだ。

 もちろん、今年の出演者陣もそれぞれがいつもと違うアレンジやダンス、ユニットなど『MAMA』でしか見られないパフォーマンスを見せてくれた。特にオープニングを飾ったWanna OneやTWICEなどによる2PM、少女時代、BIGBANG、などのK-POPの黄金期を支えてきた先輩たちの曲を振り返るカバーパフォーマンスは、以前からのK-POPファンの胸を熱くしたのではないだろうか。こういったスペシャルコラボレーションも、『MAMA』ならではだろう。

 それぞれの出演者がこの日のためのパフォーマンスを披露したわけだが、筆者の目を惹きつけたのは、MAMAMOOだ。ステージ後方に用意されたサブステージで、キラキラした光の中で始まったのはポールダンス。最初はどこかのダンサーが踊っているのかと思っていたが、実はメンバーの一人であるソラだった。彼女のパフォーマンスからスタートし、他の3人のメンバーたちが自分たちの個性を押し出したソロパフォーマンスを披露。特にファサの抜群のプロポーションでセクシーさを前面に押し出した衣装が注目を浴びた。そして、4人が集まると、圧倒的な歌唱力と表現力で「Egotistic」と「Starry night」をパフォーマンス。大きなステージにも物怖じしない堂々としたステージにため息が出た。

      

「BTS、TWICE、IZ*ONEらが出演 『2018 MAMA』授賞式から見えた、K-POPの今」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版