>  >  > 嵐、TOKIOとの“兄弟”のような関係性

嵐、TOKIOとの間にある“兄弟”のような関係性 9回目の『TOKIO×嵐』への期待

関連タグ
TOKIO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年1月1日、今回で9回目となる『TOKIO×嵐』(日本テレビ系)が放送される。

 『TOKIO×嵐』では、同局が放送しているレギュラー番組の特別版『ウルトラマンDASH!』と『嵐にしやがれ元日スペシャル!』がコラボレーション。前者には、嵐から大野智と二宮和也が出演。あるアスリートの挑戦をTOKIOとサポートするいう。後者には、TOKIOメンバーのいずれかが出演し、大野の企画「大野丸」に挑むとのこと。“国民的アイドル”と言える2組が共演する、新たな一年を迎えるに相応しい特別企画となっている。

 放送に先駆け、12月5日発売のテレビ情報誌『週刊ザテレビジョン』(KADOKAWA)では、『TOKIO×嵐』特集企画を掲載。総勢9名のメンバーが、コラボシューティングと座談会を展開している。コラボシューティングでは、メンバー2名がカメラ撮影とディレクションをそれぞれ担当。気の知れた者同士がカメラを向け合い、素の表情を覗かせていた。また、スタッフからの企画説明時には、国分太一が「複雑だよ〜!(笑)」と優しくイジる。その光景を見て、長瀬智也をはじめメンバー全員が大きな笑い声を上げるなど、撮影は終始明るく進んだとのこと。また、メンバーの仲の良さもあってか、5枚ほどで満足いくカットを撮影するなど、手際良く企画をこなした様子も記されている。

 TOKIOは1994年にデビューし、今年に入りメンバー全員が40代を迎えた。一方の嵐は、今年でデビュー20年目に突入。どちらも着実にキャリアを重ね、音楽活動や冠バラエティ番組、舞台出演や情報番組の司会など、幅広い分野で活躍を見せている。そんな両グループの関係性について、櫻井翔は「嵐にとって一番身近なお兄さんだし、いてくださる安心感ったらないですよ」とコメント。ジャニーズ事務所内でも、先輩のポジションに立つことが多くなってきた嵐。TOKIOとは旧知の仲だからこそ、心からの信頼を寄せられる“兄弟”のような関係を築いているのだろう。

 また、国分は2組の関係性について、「嵐が冷静だから、俺たちがバカやってられる」と捉えていた。同じアイドルグループながらも、ステージでのパフォーマンスやキャラクターがそれぞれ異なるTOKIOと嵐。先輩後輩の枠組みを越えた、アーティストやエンターテイナーとしてリスペクトしあえる関係性も注目すべきポイントだ。また、メンバー間での話のテンポやその役割にも、各グループで様々な特徴を発見できる。彼らのやりとりを見て、視聴者も常に新鮮さを感じられるはずだ。『TOKIO×嵐』が今や毎年恒例の番組として受け入れられているのにも、そのような背景があるのかもしれない。

      

「嵐、TOKIOとの間にある“兄弟”のような関係性 9回目の『TOKIO×嵐』への期待」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版