>  >  > 『FNS歌謡祭』第1夜ジャニーズ勢の見どころ

KinKi Kidsコラボ、嵐×ゆず、NEWSメドレー…『FNS歌謡祭』第1夜ジャニーズ勢の見どころ

関連タグ
KinKi Kids
ゆず
NEWS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今年も12月5日に第1夜、12月12日に第2夜と、『2018 FNS歌謡祭』(フジテレビ系)が2週連続約4時間半、生放送される。第1夜にはKinKi Kids、嵐、関ジャニ∞、NEWS、Hey! Say! JUMP、第2夜にはV6、KAT-TUN、Kis-My-Ft2、Sexy Zone、King & Princeと、多くのジャニーズグループが出演する。毎回様々な企画が放送されるが、公式HP上には今年も「今年ならではの…!!!スペシャルコラボ」と題した企画が多数見られる。今回は、第1夜に行なわれる企画の中で注目したいジャニーズのコラボを見てみよう。

KinKi Kids スペシャルコラボ

 近年、堂本光一は舞台、堂本剛は音楽活動とそれぞれソロ活動が活発だ。そんなKinKi Kidsはソロとグループ、両方でのコラボを見せてくれる。光一はミュージカル界のプリンスこと井上芳雄とともに『ナイツ・テイルー騎士物語ー』、剛は憧れのアーティストである藤井フミヤとともに「Another Orion」と「街」を披露する。光一は2018年7月27日から10月15日まで、井上とW主演でミュージカル『ナイツ・テイルー騎士物語ー』を上演。11月3日には『SONGS』(NHK総合)にも2人で出演し、大きな反響を呼んでいた。舞台を彷彿させる息の合った壮大なパフォーマンスを今回も期待したい。一方、剛は好きなアーティストとして名を挙げたこともある藤井フミヤとコラボする。番組で披露する「Another Orion」は2013年に発売したソロカバーアルバム『カバ』にも収録されている楽曲。本人とともに歌うことで、原曲にもカバー曲にもない魅力が出るのではないだろうか。さらに、KinKi Kidsとしては12月19日発売の40thシングルの表題曲「会いたい、会いたい、会えない。」の作詞作曲を担当した、久保田利伸とコラボ。パワフルなパフォーマンスも見逃せない。

嵐×ゆず「夏疾風」

 今年100回目を迎えた『全国高等学校野球選手権大会』。各校の活躍もあり、例年以上に盛り上がっていた。それと同じように話題になったのが、嵐55枚目のシングル『夏疾風』だ。表題曲である「夏疾風」は、2018 ABC夏の高校野球応援ソングおよび、『熱闘甲子園』(テレビ朝日系)のテーマソングになっており、「ファイトソング」や「GUTS!」、「サクラ咲ケ」などの“嵐の応援ソング”の仲間入りを果たした。そんな「夏疾風」の作詞・作曲はゆず・北川悠仁。前奏を聴くと“ゆずっぽさ”を感じるが、聴き進めるうちに嵐ならではの爽やかな歌声と、包み込むようなあたたかさが広がり、“嵐の応援ソング”としても確立されているのである。一方ゆずも、「栄光の架橋」や「雨のち晴レルヤ」、「虹」などリスナーの背中を押すような前向きな楽曲に定評がある。初コラボとなる2組のアーティストは、どんなパフォーマンスを見せてくれるのか。

      

「KinKi Kidsコラボ、嵐×ゆず、NEWSメドレー…『FNS歌謡祭』第1夜ジャニーズ勢の見どころ」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版