>  >  > 南條愛乃の幸せに満ちた“アパート”

『南條愛乃 Live Tour 2018 - THE MEMORIES APARTMENT -』9月23日公演レポート

南條愛乃の“アパート”は幸せに満ち溢れた空間に 『東京 1/3650』を主軸にしたツアー千葉公演

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 南條愛乃が9月22日と23日、千葉・市川市文化会館にて『南條愛乃 Live Tour 2018 – THE MEMORIES APARTMENT -【supported by dアニメストア】』を開催した。

 南條は今年、ソロアーティストとして活動5周年を迎え、7月18日には初のベストアルバム『THE MEMORIES APARTMENT ‐ Anime ‐』と『THE MEMORIES APARTMENT ‐ Original ‐』を2枚同時リリース。同作のコンセプトは、これまでの発表楽曲やその主人公が住むアパートに彼女のファンが新たに入居し、楽しい時間をともに過ごすというもの。ソロ活動当初より、「近所や親戚にいそうな声優になりたい」という飾らない思いのもと、ファンの日常に寄り添い、時にはそっと背中を押してきた彼女ならではの作品に仕上がっている。そんな南條の優しさを感じられたライブより、本稿では2日目の模様を振り返りたい。

南條愛乃

 ライブは、“入居挨拶”がわりの新曲「THE MEMORIES APARTMENT」で幕開けに。その歌詞は〈いつも同じ空の下/キミがそばにいれば今日もいい天気〉というフレーズから「今日もいい天気だよ」を想起するなど、これまでリリースしてきた“楽曲目線”で綴られている。そんな次々と現れる楽曲たちと戯れるかのように、南條もとびきりの笑顔を輝かせた。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

 歌唱後のMCでは、初日公演に触れて「昨日は“ザ・ベスト”な感じのセトリだったけど、今日はちょっと違ったものをお届けできるかと……」と続きが気になる前振りも。その全貌を明かさぬまま、ここではベストアルバムに沿って進行。未来へ前進する意志を歌う「Gerbera」や、新たな自分を探す小旅行に出掛ける「スキップトラベル」などの優しい音色から、キュートにダンスする「idc」やアップテンポな「飛ぶサカナ」まで、幅広くファンを楽しませる。なかでも「idc」では、南條とダンサーがハニかみながらじゃれあい、間奏前には「千葉といえば、落花生!」と、ご当地ならではの即興フレーズが飛び出すなど、少々トゲのある歌詞とは裏腹に、彼女の茶目っ気溢れる一面を目撃することができた。

「南條愛乃の“アパート”は幸せに満ち溢れた空間に 『東京 1/3650』を主軸にしたツアー千葉公演」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版