>  >  > カイゴ、ソングライターとしての才覚

カイゴ、“トロピカルハウスの旗手”が持つソングライターとしての才覚 ベスト盤発売を機に考える

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トロピカルハウスの新星として世界を席巻した初期を経て、2017年末に2ndアルバム『Kids In Love』をリリース。この2018年はモダンR&B界のスターのひとり、ミゲルとタッグを組んだ「Remind Me to Forget – Kygo ft. Miguel」や、Imagine Dragonsとの「Born To Be Yours」が話題となったノルウェーのプロデューサー、カイゴ。彼が10月27日にさいたまスーパーアリーナで開催する単独公演を前に、自らの選曲でこれまでのキャリアをまとめた日本限定のベストアルバム『Kygo Hits Collection 2018 -Japan Only Edition』をリリースした。2016年と2017年の『ULTRA JAPAN』でヘッドライナーを務めるなど日本でも大会場でのライブ経験があるだけにイメージがないかもしれないが、彼が日本で単独公演を行なうのはこれが初めて。日本に向けてそのキャリアをまとめるには最適の機会と言えるだろう。

KYGO KIDS IN LOVE TOUR 2018 ドキュメンタリー ~日本語訳付~

 そもそも、カイゴのこれまでのキャリアは大きく考えて3つの時期に分けられる。ひとつ目はトロピカルハウスの旗手として登場し、2016年にデビュー作『Cloud Nine』をリリースするまで。そして2つ目は、その後乗り出した大規模な世界ツアーを回る中で、急激に巨大化した会場に映える表現を模索しながら、同時にトロピカルハウスにとどまらない音楽性を追求しはじめた2017年のEP『Stargazing EP』と同年の2ndアルバム『Kids In Love』まで。そして3つ目は、2018年に入ってより顕著になっている、ジャンルを超えた幅広い層へとアプローチするような楽曲群だ。本作ではそうした楽曲が時系列に並べられるのではなく、全体の流れを意識した形でランダムに再構築され、「カイゴの個性とは何か?」ということが改めて浮き彫りになるような作品になっている。

 ひとつ目の時期にあたる初期のカイゴ=「トロピカルハウス期」の楽曲では「Stole The Show feat. Parson James」「Firestone(feat.Conrad Sewell)」、「Carry Me  ft. Julia Michaels」、「Raging ft. Kodaline」、そして自身最大のヒット曲となる「Stay  ft. Maty Noyes」の5曲を収録。「Stay」を筆頭にしたヒット曲はもちろんのこと、今聴くと出色なのは、当時は見落とされがちだった「Carry Me」。この曲ではDJ的ではなくシンガーソングライター然とした作曲スキルをEDM以降のクラブミュージックに持ち込んだ彼の魅力が、この時点で完成を見ていたことを伝えてくれる。

Kygo – Stay ft. Maty Noyes
Kygo – Carry Me ft. Julia Michaels

 そして『Stargazing EP』とアルバム『Kids In Love』からなる2017年の楽曲からは、セレーナ・ゴメスとの「It Ain’t Me」、エリー・ゴールディングとの「First Time」、「Stargazing ft. Justin Jesso」、そして「Stranger Things ft. OneRepublic」を収録。中でもボーカルエディットを取り入れることで逆に際立つ「Stargazing」の幻想的な歌詞は、彼のベストリリックと言えるようなものになっている。

Kygo, Selena Gomez – It Ain’t Me
Kygo, Justin Jesso – Stargazing ft. Justin Jesso

      

「カイゴ、“トロピカルハウスの旗手”が持つソングライターとしての才覚 ベスト盤発売を機に考える」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版