K-POPにおけるグループの枠超えたコラボ Red Velvetら参加のSM STATIONまでの歩みを辿る

 SMエンターテインメントの楽曲プロジェクト・STATIONにてRed Velvetのスルギ、I.O.I出身のチョンハ、GFRIENDのシンビ、(G)I-DLEのソヨンによる事務所を超えたコラボレーションソング「Wow Thing」が発表された。

[STATION X 0] 슬기(SEULGI)X신비(여자친구)X청하X소연 ‘Wow Thing’ MV
「STATION」

 K-POP界、特にアイドル周辺においては事務所を超えたコラボレーション楽曲がリリースされることはあまり多くない。日本の『FNS歌謡祭』などのように年末の歌謡祭や授賞式で事務所の異なるアイドルが一緒に楽曲カバーをしたり、色々な事務所のグループで歌謡祭限定のユニットを作ってオリジナル楽曲をパフォーマンスしたり、というイベントならではのコラボレーションはある。2016年の『SBS歌謡大典』では韓国の人気ミュージシャン・10cmとEXO・チャンヨル、TWICE・ジヒョ、BLACKPINK・ロゼがアコースティックなコラボレーションステージを披露し、3大芸能事務所と呼ばれるSM・YG・JYPの共演で話題を呼んだ。

10cm-찬열-로제-지효 ‘귀가 녹는 특별 무대’ @2016 SAF 가요대전 1부 20161226

 また、TV番組企画において事務所を超えたコラボレーション楽曲がリリースされることは珍しくない。人気番組だった『無限に挑戦』でお笑い芸人と人気ミュージシャンのコラボレーション楽曲を作る『無限挑戦歌謡祭』が開催された時はIU、G-DRAGON&テヤン、HYUKOH、Zion.Tやパク・ジニョンなど錚々たるメンバーが参加し、韓国の音源チャートの1位から5位までを占領したこともある。

[Infinite Challenge] 무한도전 – EU God-G isn’t EU – Leon 이유 갓지(God-G) 않은 이유 – 레옹 20150822
[Infinite Challenge] 무한도전 – Hwangtaeji- Mapsosa, 황태지 – 맙소사 20150822
[Infinite Challenge] 무한도전 – the 5 Emperor – wonderful barn,오대천왕 – 멋진 헛간 20150822

 様々な年代・ジャンルの女性芸能人達が協力して様々なミッションに挑戦するバラエティ番組『オンニ(お姉さん)達のスラムダンク』での企画からはUnnies(オンニズ)が誕生。Unniesはシーズン1では女優のラ・ミランから少女時代・ティファニー、シーズン2では芸人のキム・スクから元2NE1のMINZYや先日JYPからYGエンターテインメントに移籍して話題となった『プロデュース101』出身のチョンソミという10代から40代まで幅広い年齢層メンバーから成る女性アイドルグループである。シーズン1でリリースした「Shut Up」、シーズン2の「Right?」は共に音源チャート1位を記録し大ヒットとなった。

[MV] Unnies(언니쓰) _ Shut Up (feat.You Hee Yeol(유희열))
[MV] Unnies(언니쓰) _ Right?(맞지?) (Sister’s Slam Dunk Season 2(언니들의 슬램덩크 시즌 2))

 また、今年7シーズン目を迎えた人気ヒップホップサバイバル番組『SHOW ME THE MONEY』からリリースされるバトル課題楽曲も、毎回レアで豪華なフィーチャリングやコラボレーションが実現することも。リリースされる度にチャート上位を占めるのはすでにお馴染み感がある。

SONG MINHO – ‘겁’ (feat. TAEYANG) 0821 Mnet SHOW ME THE MONEY 4
[SMTM5][MV]‘Comfortable’ (feat. Simon D, Gray) – One @1st Contest (Team Simon D&Gray) 20160624 EP.07
show me the money6 [6회/단독] 면도, 한해, 라이노, 넉살, 조우찬 – N분의 1 (TEAM 다이나믹듀오) @ 음원미션 170804 EP.6

 このように、TV番組を通しては事務所に関係なく様々なコラボレーションやヒット曲が生まれているが、純粋に音楽活動のみでの話になるとIUとZICO、IUとG-DRAGONのようなフィーチャリング名義や、MVに他事務所のアイドルが出演するケースではなく、楽曲そのものでコラボレーションを果たすことは珍しい。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!