CYNHNが語る、メインヴォーカル制から得たもの「“6人でCYNHN”が鮮明に見えてきた」

CYNHNが語る、メインヴォーカル制から得たもの「“6人でCYNHN”が鮮明に見えてきた」

 でんぱ組.incを生んだディアステージ所属のCYNHN(スウィーニー) は、2017年にデビューした6人組ヴォーカルユニットだ。CYNHNの楽曲は、彼女たちの世代ならではの葛藤をストレートに歌う。しかし、そこには生身で“歌”と向かいあう輝きがいつもある。ヴォーカルユニットであるはずのCYNHNが、アイドルとしての眩しさをも見る者に感じさせるのは、そんな理由からだ。

 そのCYNHNが、2018年9月19日に3rdシングル『タキサイキア / So Young』をリリースする。このシングルからCYNHNはメインヴォーカル制に移行することになり、両A面シングルの『タキサイキア / So Young』では、「タキサイキア」は綾瀬志希、「So Young」は青柳透がメインヴォーカルを担当。ともに高校を舞台にしたMVも制作され、主人公の葛藤や苦悩が描かれている。

 ……と書くとなんだか重めだが、2017年にデビューしてからのCYNHNの成長は目覚ましく、ふだんの彼女たちは明るく騒々しい。秋葉原ディアステージでのかき氷イベント『ディア氷2018』を終えた後のCYNHNに、『タキサイキア / So Young』について話を聞いた。(宗像明将)

「夢みたいな1年だった」(百瀬怜)

Arrow
Arrow
桜坂真愛
ArrowArrow
Slider

ーー2017年11月1日に『FINALegend』でメジャーデビューしてからそろそろ1年が経とうとしていますが、この1年を振り返ってみてどうでしょうか?

桜坂真愛(以下、桜坂):がむしゃらに駆け抜けた1年で、すごく早く感じました。その中でも、すごく自分なりに研究したり、みんなと共有したりしました。みんなとの距離も縮まってきて、どうやったら相手に伝わるのかも学びました。とても成長した気がします。

青柳透(以下、青柳):私はプライベートが変わって、高校生から大学生になったんです。大学生になってからはお仕事がしやすくなったし、いままでよりも時間を有効に使えているような気がしています。ステージングも少しだけ成長できたかなって思います。

綾瀬志希(以下、綾瀬):いままで親に私の歌を聴かせたことがなかったんですけど、ライブを見てもらったら態度が一変しました。私のやることなすことに注意するタイプの両親だったんですけど、初めて自分を親に認めてもらえました。

ーーちなみに、この1年で髪の毛の色が一番変わったのは綾瀬さんだと思うのですが、なぜ銀色に変えたのでしょう?

綾瀬:みんなが急激に可愛くなったと感じたときがあって、「私、このままだとやばくないか!? だったら茶色とかじゃなくて銀色にしちゃえ!」みたいな感じでやりました。

百瀬怜(以下、百瀬):私は、夢みたいな1年だったなって思います。私自身、アイドルさん好きなので、フェスにCYNHNが単独で出演できたり、テレビに出たり、ラジオ番組を持ったり、非現実的で夢のようだったなと思います。課題もいっぱい見えて、いろんなアイドルさんに勉強させてもらったなって感じます。

崎乃奏音(以下、崎乃):ふだんは青森で大学生をしているので、青森で過ごしている自分と東京で過ごしている自分が同じ人間に思えなくて、青森にいるときは「私は本当にCYNHNなのか?」って思うこともあるんですよ。最初は何を求められているのかわからなくてどうすればいいのかすごく悩んでいたし、基本的に青森ではずっと泣いているんですけど、最近はCYNHNとして目指したい方向やCYNHNのみんなと見たい景色が明確に見えてくるようになったなって思います。

ーーそこで病みツイートとかしないから偉いですね。

崎乃:ファンの人を心配させるのはよくないと思ってるので。いつでも楽しく笑ってもらいたいんです。

月雲ねる(以下、月雲):最初デビューしたてのときは探り探りやっていた感じだったんですけど、最近はもうちょっと気楽に楽しめるようになりました。いまは撮影とか一回一回のライブの仕方とか、みんなで話しあってどう進めていったらいいのかがだんだんつかめるようになってきました。

ーー今年の夏には『アイドル横丁夏まつり!!〜2018〜』(以下、『アイドル横丁』)『TOKYO IDOL FESTIVAL 2018』(以下、『TIF』)『@JAM EXPO 2018』と三大アイドルフェスにもすべて出演しましたが、感触はどうでしたか?

月雲:フェスってすごいなって思いました。ステージを終えてから特典会に知らない方が来てくれて、「フェスってこういうことか」って思いました。気になってくれたのかな、嬉しいな、って。

崎乃:『アイドル横丁』の一番地(メインステージ)に出た次の日からバーッとお客さんの勢いが増して、「これがフェスの力か」ってめっちゃ感じました。

百瀬:『TIF』では、去年自分の好きな風男塾さんのライブを見ていたので、同じSKY STAGE(フジテレビ湾岸スタジオ屋上のステージ)に立ちたいと思っていたんです。『アイドル横丁』の一番地も、SUPER☆GiRLSさんのライブをインターネット配信で観ていたので、同じステージに立ててすごく嬉しかったです。しかも、SUPER☆GiRLSさんの後に。

崎乃:SUPER☆GiRLSさんの最後の曲が大好きな「ラブサマ!!!」だったから、めっちゃ緊張しているのにふたりとも「やったー!」って(笑)。

綾瀬:嬉しいって気持ちと同じぐらい怖かったです。このタイミングでメインヴォーカルと振り付けをやらせてもらったので、「ここでやれなかったらおしまいかもしれない! 来年は出られないかもしれない! 頑張んなきゃ!」みたいな。でも、楽しかったし来年も出られるように頑張りたいなと思っています。

青柳:知ってくれる方が増えたけど、「CYNHNの○○ちゃんが気になった」みたいなツイートで私の名前があまりなくて……(笑)。一瞬自信喪失していたときがあったんですけど、ステージでやったときの喜びのほうが大きくて、フェスは楽しかった思い出しかないです。

桜坂:私はフェス自体を知らなくて未知の世界だったので、どうなってしまうのかと思っていました。緊張もあるし暑いしどうしよう……とステージに出たら、自分でも実感できるくらい楽しいなって思うことが多かったです。

ーー桜坂さんは、『TIF』でのFUJIYOKO STAGE(フジテレビ屋内のステージ)に体調不良で出られなかったときはどういう心情でしたか?

桜坂:あのときは熱中症だったんですけど気づかなくて。あの日はいろんなアイドルさんが倒れたらしくて、少しでも体調が悪い場合は出られなかったんです。「こんなことってあるのか」って申し訳なくて、座ってみんなのパフォーマンスをボロボロ泣きながら見ているだけだったんですけど、メンバーもスタッフさんも励ましてくれて。来年は絶対に健康を維持して頑張りたいと思います。

ーー3rdシングル『タキサイキア / So Young』からメインヴォーカル制になりましたが、メインヴォーカル制になると初めて聞いたときはどう思いましたか?

綾瀬:初めて歌詞割りを見たときに「お、待って待ってこれはなんだ!?」と思ったんです。最初は自分が多く歌えることの喜びがすごく大きかったんですけど、私のメインヴォーカル曲でメンバーも一緒にやらなきゃいけないじゃないですか。歌詞割りがめっちゃ少ないメンバーもいるんですよ。だからみんなで話しあったんですけど、「全然OK!」みたいな感じだったので、「よし、頑張るぞ!」という思いでした。今すごく楽しいので頑張りたいです、最後の6曲目まで。でも、私は“歌いたいマン”なんで、自分以外がかっこいい曲をもらったらすごく悔しいなっていうのはあります。「ちょっと6人で歌詞割りして私も歌いたいー!」みたいな感じになりますね!

青柳:最初は不安でしたし、実際に曲がきて歌ってみたら、自分の歌詞割りが多いぶん、声が出なかったりして悔しいなって思うこともありました。でも、「夏だからこのふたりなんだよ」って言われて、フェスでも歌うことができて嬉しかったです。私の歌声をあまり聴いたことがない人が多かったと思うんですけど、この曲を聴いて「透の声、好きだな」って言ってくれる人が増えたのもとても嬉しかったです。

ーーこれから全員のメインヴォーカル曲を作ると言われてどう思いましたか?

桜坂:CYNHNにはセンター曲(ソロ曲)はあったんですけど、「6人でCYNHN」って感じだったので、すごく私の中で新しくて、わくわくしました。今回は夏に合うメンバーだなと思ったし、曲調もすごく新しくて素敵な曲だなって思いました。これから残りの4人の曲がどんな風になるのかすごく楽しみです。

百瀬:「誰も私の歌なんか求めてない」って思って生きているので。「そんなことないよ」ってファンの方は言ってくれるんですけど……。私のメインヴォーカル曲が売れなかったらどうしようって思うのも不安だし……。MVも、私のカットが多くなるのも嫌苦手だし……。真ん中がそもそも苦手です、端にいたいです……。

綾瀬:百瀬から毎日のように「どうしよう……もうやりたくない」ってLINEが来るって予想してるからね、私は。

百瀬:でも、客観的に見たら、あんまりメインヴォーカル制はないし、ヴォーカルユニットだから面白いなとは思います。純粋に楽しみです、自分の曲以外は。

崎乃:私は活動している中で、応援してくれる方が報われるようにしたいというのを目標にしているので、「メインヴォーカルじゃない子のファンの方は報われるんだろうか?」って最初はめちゃめちゃ悩みました。でも、蓋を開けてみれば、ふたりが確かにメインヴォーカルではあるけど、周りの子が“空気”っていうことはないし、6人でCYNHNだっていうのが鮮明に見えてきて、いまでは本当に面白いことをしてるなと思います。今後6曲目まで出そろったときにメインヴォーカル制が初めて完成すると思うので、そこまでがむしゃらに頑張りたいなと思っています。

月雲:メインヴォーカルの子の色が出た曲が6作品できるっていうのが楽しみだし、ほかのユニットがあんまりやっていないような取り組みをもっとしていきたいなって思います。ほかのユニットはメンバーカラーがあるけど、CYNHNはグループが“青”(CYNHNとはロシア語で青色の意味)を推していて、それもあんまりないし。あと、今回の「タキサイキア」と「So Young」でハモりもライブでやるようになったので、そこもヴォーカルユニットらしいです。

崎乃:私は2ndシングル曲の「はりぼて」でハモりをやっていて、そのカップリングの「リンクtoアクセス」では綾瀬志希ちゃんがハモりをやるように振りわけていました。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!