『VS嵐』企画「クイズ松本潤」、なぜ好評? 松本潤フォーカスで浮かび上がる“嵐のバランスの良さ”

 嵐・松本潤が、本日8月30日に誕生日を迎える。それを記念し、本日放送の『VS嵐』(フジテレビ系)には松本ファンのゴールデンボンバー・歌広場淳率いるチームじゅんがゲスト出演、特別企画「クイズ松本潤(通称・QMJ)」を実施。同企画は松本にまつわるクイズを出題し、松本の回答と一致させるというもので、前回放送時もSNS上で大きな反響があった。

 前回は映画『ナラタージュ』チームで、松本はゲストチームのメンバーとして出演。「クイズ松本潤」で王座に座る松本は「イジリがすごい」と困惑した表情に。一方、他の嵐メンバーは“松本潤専門家”として、模範解答を示す役割を果たした。誕生日や趣味といった基本的なものから、口癖や冷房の設定温度まで、時に本人すらも迷うマニアックなクイズまでが出題。解答をオープンする際の「松〜本〜潤!」という独特のかけ声も話題を呼んだ。ちなみに口癖について、松本は「なんかさ」と答えたが、嵐は「ちょっとこの部屋寒くない?」と予想。松本はメンバーに口癖を指摘され、「たしかに誰も言わないうちに『ちょっとこの部屋寒いな!』(って言う)」と苦笑い。

 さらには「嵐メンバーと2人旅するなら誰?」という質問に相葉雅紀を挙げ、松本が相葉と二人で洋服を買いに行ったことが明かされるなど、貴重なエピソードも聞ける放送となっていた。そんな「クイズ松本潤」は番組でも度々話題に上がり、ファンのみならずメンバーの間でも好評だったようだ。

 近年の嵐の活動では、パフォーマンスにおけるプロデューサー的な立ち位置でグループをリードするなど頼もしい印象のある松本だが、メンバーとのトークでは今もなお“末っ子”キャラを垣間見せることが度々ある。違うソースを持ってきたマネージャーに怒るといったこだわりの強さや、仕事に対するストイックぶりが取り上げられ、俺様キャラ的な扱いをされることもあるが、それは裏を返せば誰よりもピュアで真面目ということ。そんな松本の姿を4人も愛おしく感じ、ついついいじりたくなってしまうのだろう。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる