>  >  > ドロスら今夏のバンド・アンセムを探せ!

森朋之の「本日、フラゲ日!」vol.107

[ALEXANDROS]、KEYTALK、indigo la End……新作から今夏のバンド・アンセムを探せ!

関連タグ
KEYTALK
UVERworld
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 強い日差しとともにフェスシーズンに突入! というわけで今回は“この夏のバンド・アンセムを探せ!”というテーマでセレクト。[ALEXANDROS]、KEYTALKなど日本のロックシーンを代表するバンドの新たなアンセムを浴びまくり、この夏を思い切り楽しんでほしい。

[ALEXANDROS]『Mosquito Bite』(完全生産限定盤)

 8月16日にZOZOマリンスタジアムでワンマン公演『VIP PARTY 2018』を開催する[ALEXANDROS]のニューシングルは、映画『BLEACH』の主題歌「Mosquito Bite」。川上洋平(Vo/Gt)が「最高のロックソングが完成しました」と胸を張るこの曲は“鋭利な歪み”と形容すべきギターリフ、徹底的にエモーショナルなリズムセクション、大スケールのメロディラインがぶつかり合うアッパーチューン。ニューヨークで仕上げられたという最新鋭のサウンドメイクと映画『BLEACH』の主人公たちの“なにくそ!”的なガッツが同時に感じられる、まさに問答無用のロックアンセムだ。ロックミュージックへの渇望を失うことなく前進を続ける、本当にレアなバンドだと思う。

[ALEXANDROS]「Mosquito Bite」MV

KEYTALK『Cheers!』(通常盤)

 音楽の幅を奔放に広げた最新アルバム『Rainbow』を引っ提げた全国ツアーを終えたばかりのKEYTALKから早くもニューシングルが到着。松岡修造とのコラボムービーも話題を集めている表題曲「Cheers!」は首藤義勝(Ba/Vo)の作詞・作曲によるアッパーチューン。ポップで爽やかなメロディライン、ポジティブに振り切ったリリック、メロコア直系のビート、ラウドなギターサウンド……つまりJ-POP的な華やかさとロックバンドとしての力強さがまったく同じレベルで共存する楽曲に仕上がっている。メンバー個々のプレイヤビリティが生々しく感じられるサウンドメイクも魅力的。新たなアンセムを手にしたKEYTALKは、9月8日の幕張メッセ公演に向けてさらに勢いを増しそうだ。

KEYTALK『Cheers!』特典DVDトレイラー

indigo la End『PULSATE』(初回限定盤)

 前作『Crying End Roll』から約1年ぶりとなるindigo la Endのメジャー4thアルバム『PULSATE』。1曲目の「蒼糸」を聴いた瞬間、その充実ぶりが強く強く伝わってきた。かつての恋愛に対するあまりにも切ない感情を、甘美と狂気が溶け合うようなメロディライン、メランコリックの海に沈んでいきそうな歌詞、繊細にして緻密なアレンジメントによって描き出すこの曲は、彼らの新たな代表曲になるだろう。個人的なベストは川谷絵音の生まれた年をタイトルにした「1988」。彼自身の音楽に対するスタンスが散りばめられた歌、特に〈言葉で小さな命をつぐむ〉というリフレインにはどうしても心を揺さぶられてしまう。もともと感傷的な歌は好きではないが、自己憐憫をギリギリのところで回避し、普遍的なポップスへとつなげる川谷のソングライティングには、やはり抗いたがい魅力がある。

indigo la End「ハルの言う通り」MV

      

「[ALEXANDROS]、KEYTALK、indigo la End……新作から今夏のバンド・アンセムを探せ!」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版