>  > 小松未可子×田淵智也 特別対談

『Personal Terminal』インタビュー

小松未可子×田淵智也(Q-MHz)特別対談 “ポップスシンガー”としての充実を支えるチームワーク

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「私、自分のエンディング曲は決まっているんです」(小松)

ーー「Pains」と次の「M/MASTER」は、雰囲気の切り替わりが面白いです。この曲では小松さんがマリンバを担当していますね。

小松:難易度も上がっています(笑)。前作収録曲の「my dress code」では同じフレーズを、オクターブを変えながら繰り返し弾くだけでしたが、今回は単音が多くなったぶん、細やかな動きになっています。私は譜面を読むのが苦手なので、「暗譜するほうがが早いな」と思って全部弾いて覚えてからレコーディングに臨みました。

田淵:この曲めちゃくちゃ難しいと思うんですけど、仕事の合間を縫って一生懸命練習していて、本番は見事に弾いてましたよ。

小松:Q-MHzの皆さんも普段持たない楽器を演奏しています。

田淵:田代さんから「みんなで楽器を演奏する曲がいいんじゃないか」と提案があって、こうなったんですよ。

ーーかと思えば「海辺で逢いましょう」のようなクラブジャズテイストもあったりする今作は、「洗練された・おしゃれな自然体」というワードがピッタリな気がしてきました。

田淵:『Imagine day, Imagine life!』から『Blooming Maps』にかけては、「とにかく強い大人の女性」というのを一本の軸にしてきたんですが、このアルバムを作ってる時に、畑さんが作詞の方向性を決めるにあたって「小松さんはどこに向かいたいんだ」という話を聞きたいと言って、話し合う機会を設けたんです。そのときに、まったく悪い意味でも後ろ向きなことでもなく、「音楽にすがりつきたいというわけではない」という言葉が小松さんの口から出てきたんです。そのあと色々話を聞いてたら、「自分が自然でやれる限りは、音楽をやっているのがすごく楽しい」ということだったみたいで。

ーー強い女性像を求めているわけではなかった。

田淵:そう、「強い大人の女性」にそこまでこだわらなくてもいいんだと思ったし、その言葉を聞けたからこそ「M/MASTER」や「SPICE MISSION」のような曲をどんどん提案できるようになったんです。それは前のアルバムと違う、かなり大きな変化だと個人的には思っていて。例えば、「武道館でやりたい」とか「オリコンで1位を取りたい」という目標があれば、それに合わせた提案の仕方もあったけど、小松さんが一人の人間としてここから生きていくために、ちゃんと自然体で歌を歌い続けるというスタンスがわかったから、一気にプロデュースがしやすくなりました。

ーー田淵さんとしてもQ-MHzとしても、肩肘を張らなくてよくなった。

田淵:もちろん、今までが肩肘張りすぎてたということではなく、2年一緒にやってきて「こういうのも小松さんのパーソナルな要素だよね」とわかったからこそ提案できるようになったのも大きいです。「SPICE MISSION」のような曲は、下手したらキャラソンみたいな感じになりがちなんですけど、歌い方がブレていなければそうならないんだと気づけたのも新たな発見でした。

ーー改めて小松さんにも、この発言について聞きたいです。

小松:そうですね……業を背負って歌うのは違う、といいますか(笑)。「世界を救う」や「この命尽きるまで守る」みたいなエネルギーは、私にはないと思ったんです。ある日、ふと「みんな、ライブには何をしにきてるんだろう」と考えたことがあって。それはもちろん人それぞれで、ショーを楽しみにきた人もいれば、純粋に曲だけを聴きたい人も、コールアンドレスポンスをすることで空間を作ってくれる人もいます。振り返って、私はなぜライブに行きたいと思うかというと、「その人を知りたいから」なんです。生き方は歌い方に出るような気がしていて、それがフィットすれば、同じ空間にいるだけでものすごく楽しくなれるのではないかなと思ったんです。

ーー抽象的ではありますけど、なんとなくわかったような気がします。その考え方があることで、自分のなかでも大きな表現の支えになっているんですよね?

小松:そうなんです。単純にその人の音楽が好きなだけならライブには行かなくてもよいはずなんですけれど、そこを越えたい瞬間の原動力になるのは「その人を知りたい」という感情だと私は思うんです。自分の好奇心に従って、非日常な空間へ命の危険がないスリルを味わいにいくといいますか。

ーーなるほど。そういう意味では、今回のアルバムに収録されている「Maybe the next waltz」や「Swing heart direction」といったアニメタイアップの楽曲も“非日常”の分量は少しだけになっていて、タイミングが良かったというか、作品にも恵まれた部分はあるかもしれませんね。作品によるとは思うのですが、今後のシングル曲においても小松さんの“自然体”を感じることは多くなっていきそうですか?

小松:「Maybe the next waltz」って、アニソンとしては珍しい曲調だけれども、スタンダードなポップスでもない、という自分のなかでも新境地を開拓したナンバーでした。ですが、私が歌ってみたいと思うニュアンスにとても近い曲なんです。こういう楽曲は作品の制約があってこそ生まれるものだと思いますし、そんな嬉しい誤算のような出会いには、今後も巡り合っていきたいですね。

田淵:やっぱりアニソンって作品のためにあるものですし、発注してくれた人に失礼があったらその時点で失格だと思うんですよ。ただ、我々Q-MHzはちゃんと作品のことも意識して作った上で、アーティストのファンに対してもブレていないように見せることができるから、彼女が歌って遜色のないもの、ライブでやっても浮かないものに意地でも仕上げるんです。

ーーお話を聞く限り、しばらくはこの路線のうえで色んなジャンルとの接点を作って手札を増やしていく、という感じでしょうか。

田淵:そうですね。ただ、今の時点ではとにかく、一人でも多くの人に小松未可子の音楽を見つけてもらう段階だと思っていて。僕たちが作っているものは、色んな人に好きになってもらえるという自負こそあるんですけど、結果が出なかったり、小松さんに嫌われてまで意地を張ってやるものでもないので。正直、今後どういうことをやっていきたいという前に、「次ができるかどうかもわからない」という不安が先行していますから。

小松:私もそのとおりだと思いますし、だからこそ毎回のライブや作品は「やり切って後悔がないようにやりきる」という課題を自分に課しています。

ーー無責任なことを言いますが、側から見ている限りでは、そこまで悲観するフェーズではないように思えるんですが。むしろ音楽的には今後も充実する予感しかしません。

田淵:ありがとうございます。もし色んな人に気づいてもらえたとするならば、次は「貫禄を出すフェーズ」に行って欲しいですね。声優という本業があるから求めすぎてもいけないんですが、ステージに立って音楽をやることに圧倒的な価値が出るアーティストとして、「小松未可子のライブは1年に1回は絶対行かないとな」と思われる存在になってほしいというか。2年間このプロジェクトに関して真剣に色んなことを考えてきた自負もあるから、ほかにもまだまだやりたいことは沢山ありますよ。

小松:私、自分のエンディング曲は決まっているんです。ずいぶん前に作って大事にとってあるんですけれど、それをQ-MHzさんに提出するときが最後だと思っていて。

田淵:それ、初めて聞きました。自分で作った曲ってこと?

小松:はい。パソコンが壊れてなければデータは残っているはず……。でも、それはまだ提出したくないし、音楽でやりたいことがある限りはまだまだ歌い続けたいです。

田淵:そう思って楽しんでくれているうちは、もっと一緒にやっていきたいですね。スパルタ根性で尻を叩いてまでやるような勇気は僕にはないし、やるつもりも全然ないので。小松さんが楽しんでいるという前提の中で、自分も楽しめるものを作っていくのが幸せな時間なので、今はこのまま熱量がもっと渦を巻いて上昇していくよう、期待したいです。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider
 

(取材・文=中村拓海/写真=伊藤惇)

小松未可子「Restart signal」short ver. from New Album “Personal Terminal”

■リリース情報
『Personal Terminal』
7月11日(水)発売

完全生産限定盤【CD+BD+Photobook】¥5,500+税

<収録曲>
01. Restart signal
作詞・作曲・編曲:Q-MHz
ストリングスアレンジ:斎藤真也
Guitar:新井弘毅/Drums:SHiN/Strings Programming:斎藤真也/Bass & All Other Instruments:黒須克彦

02. Jump Jump Halation!
作詞・作曲・編曲:Q-MHz

Guitar:堀崎 翔/Drums:鈴木浩之/Bass & All Other Instruments:黒須克彦

03. SPICE MISSION
作詞・作曲・編曲:Q-MHz
ブラスアレンジ:井上泰久(RightTracks Inc.)
Keyboards:神佐澄人/Bass:二家本亮介/Drums:鈴木浩之/Trumpet:小澤篤士/Trombone:須 賀裕之/Alto Sax:竹上良成

04. Maybe the next waltz ※TVアニメ「ボールルームへようこそ」エンディングテーマ 作詞・作曲:Q-MHz
編曲:Q-MHz, 伊藤 翼
Guitar:菰口雄矢/Bass:二家本亮介/Drum:SHiN/Violin:室屋光一郎, 徳永友美/Viola:安保恵 麻/Cello:奥泉貴圭/All Other Instruments:伊藤 翼

05. 海辺で逢いましょう
作詞・作曲・編曲:Q-MHz
Marimba:小松未可子
Guitar:佐々木秀尚/Bass:二家本亮介/Drums:鈴木浩之/All Other Instruments:黒須克彦

06. カオティック・ラッシュ・ナイト
作詞:小松未可子, Q-MHz
作曲:Q-MHz
編曲:Q-MHz, Tom-H@ck
Bass:田淵智也/Drums:SHiN/Guitar & All Other Instruments:Tom-H@ck

07. Happy taleはランチの後で
作詞・作曲:Q-MHz
編曲:Q-MHz, 清水哲平
Bass:田淵智也/Drums:鈴木浩之/Trumpet:小澤篤士/Trombone:須賀裕之/Alto Sax:竹上良成/Guitar & All Other Instruments:清水哲平

08. Pains
作詞・作曲・編曲:Q-MHz
Guitar:清水哲平/Keyboards:今井 準/Drums:SHiN/Bass & All Other Instruments:黒須克彦

09. M/MASTER
作詞・作曲・編曲:Q-MHz
Marimba & Drums:小松未可子/Piano:黒須克彦/Glocken & Melodica:田淵智也/Soprano & Alto Recorder:畑 亜貴/Bass & All Other Instruments:田代智一

10. おねがいフューチャー
作詞・作曲・編曲:Q-MHz
Guitar:新井弘毅/Bass:田淵智也/Drums:鈴木浩之/All Other Instruments:黒須克彦

11. Swing heart direction ※TVアニメ「ボールルームへようこそ」エンディングテーマ 作詞・作曲:Q-MHz
編曲:Q-MHz, 末光 篤
Guitar:新井弘毅/Bass:田淵智也/Drums:城戸紘志/Piano:末光 篤/All Other Instruments:黒須克彦

12. Romantic noise
作詞・作曲:Q-MHz
編曲:Q-MHz, 伊藤翼
Guitar:新井弘毅/Bass:二家本亮介/Drums:鈴木浩之/Trumpet:小澤篤士/Trombone:須賀裕之/Tenor & Alt Sax/竹上良成

<完全生産限定盤付属Blu-ray Disc収録内容>
■小松未可子 TOUR 2017 “Blooming Maps” @ LIQUIDROOM 2017.08.12
・また、はじまりの地図
・Imagine day, Imagine life!
・流れ星じゃないから
・Catch me if you JAZZ
・HEARTRAIL
・my dress code
・Lonely Battle Mode

■Music Video
・Maybe the next waltz
・Swing heart direction
・Restart signal

■小松未可子×Q-MHz ドライブ&BBQの旅
■小松未可子×Q-MHz「M/MASTER」レコーディングMV

<特典内容>
・スペシャル写真集(52ページ)
・トールケース型三方背ボックス
・ハイレゾ音源フリーダウンロードコード封入
・アルバム全音源+全特典映像のプレイパスコード封入

通常盤【CD】¥3,000+税

<収録曲>
01. Restart signal
02. Jump Jump Halation!
03. SPICE MISSION
04. Maybe the next waltz ※TVアニメ「ボールルームへようこそ」エンディングテーマ
05. 海辺で逢いましょう
06. カオティック・ラッシュ・ナイト
07. Happy taleはランチの後で
08. Pains
09. M/MASTER
10. おねがいフューチャー
11. Swing heart direction ※TVアニメ「ボールルームへようこそ」エンディングテーマ
12. Romantic noise

<通常盤初回生産分特典内容>
・ハイレゾ音源フリーダウンロードコード封入
・アルバム全音源+ライブ映像(完全生産限定盤BDに収録のライブ映像と同じもの)プレイパスコード封入

■ツアー情報
『小松未可子TOUR 2018 “Personal Terminal”』
9月8日(土)大阪府 BIGCAT OPEN16:15/START17:00
9月16日(日)東京都 TSUTAYA O-EAST OPEN16:00/START17:00
9月24日(月・振休)宮城県 仙台darwin OPEN16:30/START17:00
9月29日(土)愛知県 Electric Lady Land OPEN16:30/START17:00
9月30日(日)静岡県 Live House浜松窓枠 OPEN16:30/START17:00

料金¥6,480(税込・入場時1ドリンク代別途要、未就学児入場不可)
チケット一般発売:8月4日(土)※先行URLはオフィシャルサイトにて

小松未可子オフィシャルサイト PCスマホ
小松未可子|TOY’S FACTORY

チェキプレゼント

小松未可子のサイン入りチェキを2名様にプレゼント。応募要項は以下のとおり。

応募方法

リアルサウンドの公式Twitterをフォロー&本記事ツイートをRTしていただいた方の中から抽選でプレゼントいたします。当選者の方には、リアルサウンドTwitterアカウントよりDMをお送りさせていただきます。

※当選後、住所の送付が可能な方のみご応募ください。個人情報につきましては、プレゼントの発送以外には使用いたしません。
※当選の発表は、賞品の発送をもってかえさせていただきます。

リアルサウンド 公式Twitter

<応募締切>
7月16日(月)まで

「小松未可子×田淵智也(Q-MHz)特別対談 “ポップスシンガー”としての充実を支えるチームワーク」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版