「嵐の嵐会」の風景こそが『「untitled」』の完成形だ “ファン目線”で楽しむ姿勢から感じたこと

 昨年末から今年にかけて開催された『ARASHI LIVE TOUR 2017-2018 「untitled」』DVD/Blu-rayの初回盤に収録されている「嵐の嵐会」が面白い。

 そもそも「嵐会」とは、嵐のファンが集まってライブ映像や嵐に関連する映像などを観ながら食事をしたりカラオケしたりする会のことで、本来はファン同士のコミュニケーションのひとつである。そうしたファンが行うイベントを、嵐の本人たちが試してみるというのが今回の注目ポイントだろう。

 映像は、料理をアテにライブ映像を観ながら5人が喋る姿を複数の固定カメラで撮っている。食事をしながらリラックスした雰囲気で、極めて普段の状態に近い表情を見せる姿はファンにとっては堪らない映像だ。そんな中でも随所に貴重な情報が入り込んだりするので気が抜けない。例えば今回のライブの目玉であった超大型ワイドスクリーンについて、画面の横の長さを活かすために普通なら両側に立てるはずのスピーカータワーを上部に設置している、など技術的な裏話も挟まれる。ステージに立つ者としての嵐はDISC1で存分に楽しめて、ステージを作る者としての嵐の側面をこのDISC2では堪能できるのだ。

 また筆者が個人的に感心してしまったのは、彼らの楽曲への思い入れの強さだ。「お気に召すまま」のパフォーマンスを観ながら、「本当はカップリングでも良い曲いっぱいあるからやってみたいんだよね」(松本潤)という発言が確認できたり、「特に去年から今年のカップリングは好きなものめっちゃ多いな」(松本)に対して「わかる。俺らが昔聴いてた(曲の)感じに近いよね」(櫻井翔)、「だから懐かしいんだろうね」(相葉雅紀)というやり取りがあったり、今回のツアーの最重要曲「Song for you」に差し掛かったあたりで「さあ、長い曲が始まるから飲み物取って来ようかな」(櫻井)、「ちょっと止めたいくらいだね」(松本)など、この曲にかけた意気込みの強さを改めて感じ取れたり、全体を通しても「この曲良い曲だよね」といった言葉が幾度となく発せられたりなど、非常に楽曲への愛が感じられる。

 さらに、今回のツアーグッズとして作られたペンライトがラストの曲「カンパイ・ソング」でビールグラス的に使えることについて、意図していたわけではなく結果的にそうなったことが明かされていたり、「光」から「君のために僕がいる」へと繋げた背景など、曲決めや演出に深く関わっている松本潤が“解説員”として丁寧に説明していく。

 しかしながら、この「嵐の嵐会」は基本的にそういったことが第一目的として設定された会ではなかったように思う。それよりもこの会から強く感じるのは、彼らがファンと同じ目線で楽しんでいる姿ではないか。

 だからこそ、開始冒頭から「団扇持ってくれば良かったな」とメンバー同士で笑い合っていたり、「見てたらカラオケ行きたくなってきた」と話したり、しみじみと「この演出嵐っぽいんだよなあ」と語り合っていたり、終盤で“嵐コール”を起こしたり、とまるでファンであるかのような言葉が飛び交う。他にもライブをあたかもその場で楽しんでいるかのような言葉や、場面場面でファンの気持ちを想像するコメントも散見された。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる