>  > Crystal Kay、歌手としての葛藤

『For You』インタビュー

Crystal Kayが語る、シンガーとしての葛藤と変化「誰かのために歌いたいと思うようになった」

関連タグ
Crystal Kay
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Crystal Kayが、2年半ぶりのフルアルバム『For You』を発売した。同作には、ドラマ『デイジー・ラック』(NHK総合)主題歌として先行配信していた「幸せって。」をはじめ、同世代の女性の背中を押すようなポジティブなメッセージソングが並ぶ一方、自身が作詞作曲に関わったダンサブルなナンバーも多数収録。“For You”という一貫したテーマを通して、今、Crystal Kayが伝えたいこと/表現したいことが詰め込まれた作品に仕上がっている。来年デビュー20周年を控え、歌との向き合い方が変化しているというCrystal Kayに話を聞いた。【※インタビュー最後にプレゼント情報あり】(編集部)

ひとりの女性として共感できるものを作りたい

――2年半ぶりのフルアルバム『For You』が完成しました。まず、ご自身としては、どんなアルバムになったと感じていますか?

Crystal Kay:前回のアルバム『Shine』に引き続き、すごいポジティブなアルバムになったと思います。もしかしたら、聴いてくれる人の背中を押せるような……そんな聴きやすい一枚になったかなって。

――これまで配信のみでリリースしてきた楽曲も収録されていますが、本作の出発点というと、どんなところになるのでしょう?

Crystal Kay:配信でリリースされていた曲たちをCDにしたいというのはもちろんあったんですけど、アルバムを作るときは、いつもライブを想像しながら作っていくんです。だから、今作ではキラキラした感じの曲もあるけど、ちょっとパンチの効いたダンスっぽい曲もあります。特にその部分に、私なりのサウンドというか、最近ちょっとやってみたいと思っていたテイストを取り入れてみました。アルバム制作の後半に作った曲は、ほぼほぼ全部アッパーな曲でしたね(笑)。

――(笑)。アルバムに先駆けて発表され、本作の1曲目にも収録されている坂詰美紗子さん作詞作曲の「幸せって。」が、アルバム全体のカラーとなっているような気もしましたが。

Crystal Kay:そうですね。その曲は、『デイジー・ラック』(NHK総合)というドラマの主題歌のお話をいただいて書き下ろした一曲なんですけど、そのドラマ自体、アラサー女子4人の群像劇になっていて。私自身も今年32歳になって……やっぱり、坂詰さん、すごいなって思って(笑)。

――ほう。

Crystal Kay:デモの段階では、すごいキラキラした曲だなって思ってました。でも、いざ自分がブースに入って、この歌詞を口に出して歌ったときに、なにか込み上げてくるものがあって。その言葉ひとつひとつに、自分もすごい共感できたんですよね。一行目からちゃんと今の時代っぽさが表れている歌詞になっているところもすごいと思います。

――出だしの〈友達へのいいね!が出来ない/こんな自分が嫌になっちゃう〉というフレーズからして、結構リアルな歌詞になっていますよね。

Crystal Kay:その通りです!(笑)。今のアラサー女子の素直な気持ちや感情が、ポイントポイントで表現されていて。でも、サビの部分では、しっかり大切なメッセージが歌われているんです。

――〈幸せは競うモノじゃなくて/幸せに正しいはないから〉という。

Crystal Kay:そう、幸せは人と競うものではないし、“自分なりの幸せでいいんだよ”っていうメッセージが、そこでちゃんと歌われていて。もちろん、メロディもすごくキャッチーなんですけど、やっぱりこの曲は、言葉が心にグッとくる……。「美紗子、すごい!」って思いました(笑)。

――ケイさんの歌い方も、これまで以上に軽やかというか……歌詞はリアルだけど、歌そのものは、かなり清々しいものになっていますよね。

Crystal Kay:やっぱり歌で、そういう感じを出したかったんです。聴いてくれた人が安心できるというか、何かに悩んだりしている友人たちに向けて歌っているようなところもあって。そう、今回のアルバムタイトルにもなっていますけど、そういう“For You”みたいな感じが、最近の私のテーマであり、歌の課題でもあって……。

――ほう。

Crystal Kay:歌の艶とか切なさはもちろん大事なんですけど、その言葉ひとつひとつを大切に、聴いている側に伝えたいと思っているんです。そのためにはやっぱり、歌に芯があることが大事だなと思っていて。今までも、柔らかく歌ったり、綺麗に歌ったりすることは意識していたんですけど、あんまりそれをやり過ぎると、サラッと聴き流されるものになってしまう可能性もある。でも、そうは絶対にしたくないなと思ったんです。特にこの「幸せって。」という曲の場合は、ポイントポイントですごい大切なメッセージが入っているから、テクニックよりも力強さ……聴いてくれた人が前向きになれたり、聴いて元気になれるような歌い方をしたいと思いました。

――今回のアルバムは、その曲の他にも、「わたしたち」など、同世代を意識した楽曲がとても多いような気がしました。

Crystal Kay:やっぱり作っていくうちに、ひとりの女性として共感できるものを作りたいなと思って。それが全体のテーマになっていったんです。

――「同世代に向けて」という思いは、ケイさんの中に以前からあったものですか?

Crystal Kay:そういう気持ちになったのは、多分前回の『Shine』というアルバムからですね。あのアルバムを作ったのは、ニューヨークから帰ってきたばかりのときで(※Crystal Kayは2013年から2年間、ニューヨークで単身音楽修行をしていた)。やっぱりニューヨークにひとりで行って、いろいろ感じたことも多かったというか……それはみんな、同じだと思います。20代の後半で、ちょっと一回壁にぶつかるというか、「このままでいいのかな?」って、考えるようになるというか。

――まさに、ドラマ『デイジー・ラック』の登場人物たちのように。

Crystal Kay:はい。それは、同世代のいろんな人たちと話しても、みんな同じところを通っていて。そういうこともあって、「ひとりじゃないよ」というメッセージをみんなに伝えたかったんです。これまでは、どこか自分のために歌っているようなところもあったんですけど、誰かのために歌いたいと思うようになった。「私は何で歌っているんだろう?」と考えたときに、それはやっぱり「聴いてくれる人がいるからだよな」と。

      

「Crystal Kayが語る、シンガーとしての葛藤と変化「誰かのために歌いたいと思うようになった」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版