>  > ナカヤマ&大山&日向が語るストレイテナー

『Future Soundtrack』インタビュー

ストレイテナー ナカヤマ&大山&日向、初の3人インタビューで明かす“バンド円満”の秘訣

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3人が感じるホリエアツシの“変化”

ーー今作のホリエさんの歌詞についてはどんな印象を持ちました?

大山:彼は、曖昧な表現で景色を連想させる達人だったように思っているのですが、最近は結構直接的な言葉も使うようになっていて。「愛」を結構、照れずに歌っているんですよ。

ナカヤマ:「今回は、アルバム通してラブソングを書いた」と言ってたからね。そんなこと、10枚目にして初のことです。

日向:ほんとだよね。なんでアルバムタイトルを『Love Soundtrack』にしなかったんだろう(笑)。以前だったら絶対に選ばないような言葉とか、絶対にやらない歌い方、ちょっとミスに近いようなテイクをわざと選んだりしているところもあって。息遣いなどもすごく生々しいテイクを選んでいるので、その辺りに彼の自信を感じさせますよね。そこを「色気」として受け入れる自信が出てきたんじゃないかな。

ーー確かに、ホリエさんの声がいつもにも増して「エロい」んですよね。

日向:そうなんです。だから『Love Soundtrack』が良かったのに。

ーー(笑)。今年、ストレイテナー はメジャーデビュー15周年、バンド結成20周年を迎えます。それこそ、ナカヤマさんは中学時代からホリエさんを知っているわけじゃないですか。その成長をどのように見てきましたか?

ナカヤマ:以前の彼は、確固たる理想像が自分の中にあって。「それ以外、絶対人に見せねえぞ俺は」っていう頑なさがあったと思うんですよ。でも最近は、「ありのままを見せてもいいんだ」という余裕すら感じさせるんですよね。それは、さっきの歌詞の話にも通じると思うんですけど、自信がついてきたんじゃないかなと。

ーーなるほど。

ナカヤマ:僕ら全員に言えることですけど、15年前よりも大人だし人格的にも出来上がっていて、だからこそオープンになれたっていうのもあると思うんですよね。15年前にオープンになったとしても、ダメな部分しか出てこなかったかもしれないし(笑)。今だからこそ、等身大の自分たちを見せられるということでしょうね。

ーー日向さんは、2人体制だったストレイテナーが、メジャーデビューした翌年正式加入したわけですよね。そこからの15年をどう振り返りますか?

日向:そうだなあ……この荒くれ者2人と同じ船に乗って、「さて、どうやって漕ぎだそう?」と思っているうちに、あっという間に沖まで行って戻れなくなった感じ?(笑)。あっという間だったなあ。ほんと、ガムシャラにロックをやっていたつもりなんですよ。孤高な存在でありたいと思っていたし、それがオルタナティブなロックバンドの使命だと思っていたから。で、ふと気がついたらこんなラブソングだらけのアルバムが出来上がっていたという(笑)。ドラマチックなバンドだし、ドラマチックな人生だなって思います。

ーードラマチックといえば、大山さんが長い「冬眠」から明けて、またシーンに戻ってきたのは本当にドラマチックな出来事でしたよね(大山はART-SCHOOL初期メンバー。日向と共に脱退した後、数年間の沈黙の後ストレイテナー加入)。

大山:(しばらく咳き込む)。冬眠……してましたね(笑)。テナーはもう、入る時点ですごいバンドだったんですよ。加入して半年も経たないうちに武道館に立って。自分的にはよく分かってない状態だったんですけど、そこから何となく、「まだまだこんなもんじゃないはずだよな」っていう欲がどんどん出てくると同時に、「自分がいるから“ここ”止まりなんじゃないか?」という不安もいっぱいあって。

ーーそうだったんですね。

大山:もちろん、「このバンドはすげえ」っていう自信はあったし、何とか世間に知らしめたい……「売れる」とはまた違うんですけど、「みんなから評価されたい」という欲もあり。それをぶつけるかのように、必死こいて日々練習して。気がついたらこれ(本作)ができてました。本当にすごいアルバムだと思っています。

日向:そうだね。今までで一番ロックなアルバムだと俺は思ってる。アレンジはシンプルで、歌詞はラブソングで。

ーー以前、ホリエさんのインタビュー(参照:Billboard JAPAN)を読んだら、「今まで解散の危機など一切感じたことない」と言っていて。

日向:うん、ないですね。ホリエくんとは、突っ走っている頃は、バンドのあり方についての討論をメチャメチャしてたんですよ。移動中の電車の中で、いつも飲みながら喧嘩してました。まあ、人間が熱かったし今より若かったしね。

ナカヤマ:初期はお互いもっとトゲトゲしてたね。

日向:でも、振り返ってみれば「いい時を過ごしたな」って思う。あの頃の喧嘩がなかったら、今こうしてなかったかもしれないし。かっこいいロックバンドとしての歳の取り方はできなかったと思う。もし、何か引っ掛かることを抱えたまま進んでいたら、抱えきれなくなってどこかのタイミングでドカンってなってたかもしれない。

ーーなんか「夫婦円満のコツ」みたいですよね。

(一同笑)

ナカヤマ:まあ、バンドは遠からずそういうところはあるかもしれない。

日向:一つ屋根の下で暮らしているようなもんだからな。会社じゃないし。

ーーこの4人で10年やっていると、同じ世代のバンドでも解散したり、メンバーが変わったりしているところを見てきているわけじゃないですか。そんな中、ずっと4人でいられたのは何故だと思いますか?

日向:やっぱり、お互いを干渉しないからじゃないかな。みんな自由だし、無理やり感がない。「最近何してんの?」とかも聞かないんですよ。バンドって、大抵は変なヤキモチとか、そういうところからおかしくなっていくじゃないですか。

ーーあとは、「だんだんお互いをリスペクトしなくなっていく」というのもあると思うんですよね。でもストレイテナーは、毎回ホリエさんの持ってくる曲にみんなが驚かされ、お互いのプレイに刺激を受け合いながら15年間やり続けてきたわけですよね?

日向:そうですね。で、それをちゃんと相手に伝えていますね。「俺たちだからできたんだよね」とか、「今すげえいいドラムだった」とか「OJのギター、すげえかっこいい」とか。

ーーリスペクトは口に出して言う。「夫婦円満」、というか「バンド円満」のコツですね(笑)。ところで、昨年はトリビュートアルバム『PAUSE ~STRAIGHTENER Tribute Album~』が出ました。the pillowsのような先輩バンドから、ASIAN KUNG-FU GENERATIONのような同世代のバンド、そしてback numberや9mm Parabellum Bulletのような後輩バンドがカバーした、自分たちの楽曲たちを聴いて思うところはありましたか?

ナカヤマ:最高でしたね。愛情しかなかった。

日向:特に後輩のバンドは、僕らが3人編成で突っ走ってた頃から、その背中を追いかけてきてくれたんだなと思って感動しましたね。ずっとストレイテナーは孤高だと思ってきたし、「バンドは馴れ合いじゃない」と思って戦ってきて。そこにリスペクトが生まれたっていうのは、一つの「結果」だなと。自分たちがやってきたことの「結果」を、こういう形で残してもらえたんだなって思って本当に嬉しかった。「テナーをやってきて良かったな」と思わせてもらったというか。

ーーさっき日向さんが「かっこいいロックバンドとしての歳の取り方」とおっしゃっていました。その辺りのことを、最後にもう少しお話しいただけますか?

日向:この4人の空気感やシルエットが、ずっとかっこいいまま継続していくには、どうすればいいのかについては考えますよね。そういう意味では、他のバンドに対しても責任を感じるところはある。それがこれからのテーマでもあるかな。

ーーそれってきっと、「若さをキープする」ということだとかっこ悪いと思うんですよね。40歳なら40歳なりのかっこいいシルエットがあるわけで。

日向:確かに。ありのままの自分たちを出した時に、どうやったらかっこよくいられるだろうなとか。そこは今後も意識したいですね。

ナカヤマ:あまり過去には囚われたくないですよね。20年の積み重ねがあってなお、「今」のバンドであり続けたい。そうじゃなきゃいけないとは思いますね。アーカイブが膨大になっていったとしても、常に更新されて、その上にトピックスがちゃんとあるバンドでいたいです。

大山:みんな音楽が大好きで、「バンドを組みたい!」って思った頃からきっと、根っこの部分は変わってないですしね。

ーーそういうバンドって、自分たち以外に思いつきます?

ナカヤマ:俺は、レッチリみたいになりたいとは思う。

日向:そうだね。ストーンズとかもそう。ああいう風になりたい。

ナカヤマ:歳は確実に取っているんだけど、彼らはそれがトピックスにならないというか。そこがかっこよさだと思います。最近、バンド自体がどんどん少なくなってきているじゃないですか。そんな中、自分たちが「バンド」としてどうあるべきか、模索しながら進んでいきたいですね。

(取材・文=黒田隆憲/写真=林直幸)

ストレイテナー「The Future Is Now」
ストレイテナー×秦 基博 – 「灯り」MUSIC VIDEO
ストレイテナー – 「月に読む手紙」リリックビデオ~『シャープさんとタニタくん』(リブレ刊)テーマソング~
ストレイテナー『Future Soundtrack』(初回限定盤)

■リリース情報
『Future Soundtrack』
5月23日(水)発売
【初回限定盤(CD+DVD)】¥4,800+税
【通常盤(CDのみ)】¥3,000+税

<CD収録曲>
1. Future Dance
2. タイムリープ
3. After Season
4. Boy Friend(テレビ朝日系 春のミステリーナイト『静おばあちゃんにおまかせ』主題歌)
5. 灯り ストレイテナー×秦 基博(「ハウステンボス 2017 星のクリスマス」CMソング)
6. もうすぐきみの名前を呼ぶ
7. The Future Is Now(アプリゲーム『デジモンリアライズ』主題歌)
8. Superman Song
9. Last Stargazer
10. 月に読む手紙(『シャープさんとタニタくんRT』テーマソング)
11. Our Land

<DVD収録曲(初回盤のみ)>
ONE-MAN LIVE テナモバ presents‘STRAIGHTENER MANIA’ 2018.02.20 at STUDIO COAST
※13曲/54分収録
REBIRTH
Stilt
STAINED ANDROID
Dead Head Beat
AFTER THE CALM
WHITE ROOM BLACK STAR
星の夢
BLACK DYED
KINGMAKER
LOVE RECORD
放物線
TRIBUTE
BERSERKER TUNE

『The Future Is Now / タイムリープ』
4月11日(水)発売
¥1,000(税抜)

<収録曲>
1.The Future Is Now
2.タイムリープ
3.CLARITY(DECADE ELECTRO MIX)
4.The Future Is Now -instrumental-
5.タイムリープ -instrumental-
6.CLARITY(DECADE ELECTRO MIX) -instrumental-

「The Future Is Now / タイムリープ」配信はこちら

■ツアー情報
『Future Dance TOUR』
6月12日(火)Zepp Diver City Tokyo
18:00open/19:00start

6月14日(木)名古屋DIAMOND HALL
18:00open/19:00start

6月15日(金)岡山CRAZYMAMA KINGDOM
18:00open/19:00start

6月17日(日)新潟LOTS
17:15open/18:00start

6月23日(土)福岡DRUM LOGOS
17:15open/18:00start

6月24日(日)なんばHatch
17:00open/18:00start

7月7日(土)札幌ペニーレーン24
17:30open/18:00start

7月14日(土)仙台Rensa
17:00open/18:00start

チケット代¥4,500(税込)
※小学生以上チケット必要、18歳以下、当日身分証提示で¥500キャッシュバック

ストレイテナー20th特設サイト
ストレイテナーオフィシャルサイト
ストレイテナーオフィシャルTwitter

チェキプレゼント

ストレイテナー日向秀和(Ba)、大山純(Gt)、ナカヤマシンペイ(Dr)のサイン入りチェキを2名様にプレゼント。応募要項は以下のとおり。

応募方法

リアルサウンドの公式Twitterをフォロー&本記事ツイートをRTしていただいた方の中から抽選でプレゼントいたします。当選者の方には、リアルサウンドTwitterアカウントよりDMをお送りさせていただきます。
※当選後、住所の送付が可能な方のみご応募ください。個人情報につきましては、プレゼントの発送以外には使用いたしません。
※当選の発表は、賞品の発送をもってかえさせていただきます。

リアルサウンド 公式Twitter

<応募締切>
5月25日(金)まで

      

「ストレイテナー ナカヤマ&大山&日向、初の3人インタビューで明かす“バンド円満”の秘訣」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版