DISH//、4人体制初ツアーで“不変”の誓い 北村匠海「これからも変わらず突き進んでいきたい」

DISH//、4人体制初ツアーで“不変”の誓い 北村匠海「これからも変わらず突き進んでいきたい」

 黒いサポーターで腕を固定したまま、<生きろ!今を生きろ生きろ……>と直立不動で歌い、シャウトする北村匠海(Vo/Gt)。その姿が、数日経った今も目に焼き付いている。

 オリジナルメンバーの小林龍二(Rap/Ba)が脱退し、4人体制になって初のツアー『ライブイベントツアー2018「劇春!!ロックンロール ダンスダンス革命(レボリューション)」』の初日を、4月1日にZepp DiverCity TOKYOで迎えたDISH//。ツアー開幕直前に匠海が右手を負傷するというアクシデントもあり、グループとしての“火事場”に4人がどんなパフォーマンスを見せるのか、気になった。

 新体制幕開けの1曲目は、アグレッシブに押しまくる「Newフェイス」。サポートギタリスト&ベーシストが参加したステージに、サポーターをした匠海がハンドマイクを持ち登場した。チケットがソールドアウトしパンパンになった場内を、どちらかといえば冷静な表情で見つめながら、歌う。序盤にはライブの定番曲「FLAME」などアッパーな曲が集中していたが、いつもは賑やかなスラッシャー(DISH//ファンの愛称)たちにも、少し様子をうかがうような空気が感じられた。

北村匠海

 「I’m FISH//」で椅子に上がって観客を煽るなど、常にDISH//のステージの盛り上げ番長として奮闘する橘柊生(Fling Dish/RAP/DJ/Key)の様子はいつもと変わらないように見える。ただラップでは龍二のパートも担い、本来のパートだったDJよりもキーボードを弾く曲が増えていた。矢部昌暉(Cho/Gt)はライトハンドでのソロプレイなど、ギターの腕を上げたのはもちろん、泣きの要素の強い匠海のボーカルに丁寧にハモりを重ねていた。加入してから1年弱の泉大智(Dr)は、確かなドラミングでバンドとしてのDISH//を支えつつ、歌&ラップでも楽曲に参加。全員のミュージシャンとしての着実な成長が見て取れた。

 演奏とダンスを組み合わせた“ダンスロックバンド”としての楽曲はもちろん、パンクバンド的な激しさで盛り上げる曲、心にしみいるようなバラードなど、楽曲のバリエーションの多彩さもDISH//の魅力の一つ。大智の加入をきっかけに、より“聴かせる”アプローチの曲が増えたが、個性派シンガーソングライター・あいみょんが提供した「猫」では、イントロから大歓声が上がった。そして「この曲は4人で、歌だけで届けたいと思います」(匠海)と、憧れの横浜スタジアムでのライブに向けてメンバー全員で作詞作曲した思い出のバラード「サクラボシ」を4人のボーカル&音源で披露。途中、その表情は読み取れなかったが、しばらく匠海の歌声が途切れ、スラッシャーたちが合唱でサポートするひと幕もあった。

矢部昌暉

 一方で他に類を見ない“ダンスロックバンド”としての一面を改めて提示するかのように、「No One Else」などでは歌とダンスのみで魅せ、このツアーでお披露目となった新曲「Get Ur BODY」は、ダンスロックバンド・バージョンで披露。「自分がDISH//に入ったことでバンド要素が強くなったけど、僕ら、ダンスロックバンドじゃないですか。自分ももっとそれに貢献したい」と語った大智が「Get Ur BODY」でダンスソロを踊るなど、攻めの姿勢も忘れていなかった。

泉大智

 MCでは「龍二がここにいないことがすごく不思議だし……複雑な感情でここに立っています」と語った匠海。ベーシストとしてはもちろん、ラップやダンスの面でも存在感の大きかった龍二の抜けた穴は、メンバーやスラッシャーにとってもとてつもなく大きなものではあった。それでもこの日、匠海は「僕らはDISH//が大好きだし、DISH//の音楽をみんなに届けたくてやっているので、これからも変わらず突き進んでいきたい」と、改めて宣言したのだ。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ライブ評」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!