牧野由依はなぜ復帰作で“声”をテーマにしたのか 本人が明かす、歌手活動休止の真相と次の一歩

牧野由依はなぜ復帰作で“声”をテーマにしたのか 本人が明かす、歌手活動休止の真相と次の一歩

 「kzさんの音楽の世界に飛び込んでみたかった」

ーー今までの作品は、コンセプトを決め込んで作り込んでいた印象ですが、今回は振り幅がフルアルバムよりも大きいし、新たな挑戦ともいえる新曲が多いと感じました。それを繋ぐように、再録曲やリアレンジ楽曲が並んでいるのも面白いなと。

牧野:嬉しい、ありがとうございます。曲順については、かなり考え込んだんですよ。どの曲を新録するのかとか。悲しいかな作品を作る上では予算があるので、どこまで可能か不可能か、どこを譲歩しないといけないのかというのがあって。私はやっぱりやりたいことを突き通していかないと作品はできないと思っているので、打ち合わせのときはものすごく戦いました(笑)。

ーーなるほど。そのテーマを踏まえたうえで、ここまで振り幅のある楽曲たちを収録しようと思った理由は?

牧野:まずは、ライブをきっかけに今回の出来事があったので、作品にはライブの要素を必ず入れたいと思いました。MEGさんによる「Colors of Happiness」のEDMアレンジに関しては、究極のアコースティックである声と、真逆ともいえるEDMを組み合わせた作品を作ろうと思って、自分の声や歌い方、全てを見直したんです。「What A Beautiful World」の弾き語りも、ライブでできなかったから入れさせてもらっていたんですけど。そこのリベンジをするには、万全の状態でありたいと思って。

ーーそのなかでも頭を飾る「ResetーA Cappella Versionー」は今作の核ともいえる1曲です。牧野さんの声をふんだんに使って、全パートをアカペラで多重録音していて。アップされている映像も面白かったです。

牧野:映像については、レコーディングのときに「こういうの面白いですよね?」と提案してスタッフさんがフットワーク軽く動いてくれたものだったんです。あ、そういう意味では、喉を壊す以前と壊したあとだと、スタッフさんの瞬発力が変わった気がします。前までは検討したうえで「でも、今じゃないかもね」となることも多かったんですけど、いまは私も含め、「できるんだったらやろう」という考え方になっていて。

牧野由依/「ResetーA Cappella Versionー」Special Movie

ーーいつ何があるかわからないから、やれることは全部やろう、みたいな。

牧野:そうなんですよ。レコーディングが始まった頃は、歌える回数も多くなかったので、一回一回をとにかく大事にやっていきましたし、その一つひとつについても綿密に打ち合わせをして作り込みました。出たとこ勝負ができないだけに、色んなことを話すようになったし、今を大事にするようになったと思います。

ーー限られてるかもしれないというなかで、これだけの声を重ねるというのは、なかなか大胆な挑戦でしたね。

牧野:じつは、声のことをアレンジを担当してくださった光田(健一)さんは当時知らなくて……(笑)。でも、それはそれで正解だったんですよ。レコーディングのときに消耗してきて様子がおかしくなったときに「実は……」と話して。「ああ、そうなんだ! じゃあ時間をかけてゆっくりやっていこう」ということで、3日間で30時間かけて40トラック以上録りました。逆に甘えれるというか、できないことを「できない」と言える環境だったので、無理はしていません。

ーーボイスパーカッション自体は大変じゃなかったんですか?

牧野:やったことがなかったし、普段は使わない音域まで入っていたし、譜面を見てビックリしました……。まあ、今までの人生もそうだったんですよ。きっかけを自分で投げておいて、色んな方に話すと、自分が思っていた以上のものが返ってきて一瞬おののくという(笑)。でも、そこに対して負けたくないから必死で頑張るんです。それは、小さい時からのお仕事も全部そう。そう考えると、非常に私らしい経緯でできた曲なんですよ。

ーーそんな挑戦もあったかと思えば、岡本真夜さんが書き下ろした「song for you」は、どストレートなポップソングです。

牧野:アーティストとして活動している女性から提供いただくのは、私にとっても新たな挑戦になるのではと提案いただきました。そのときから90年代っぽいポップスというテーマが挙がっていたし、数年前の『Yui Makino 30 Selection』というカバー曲中心のライブで「TOMORROW」を歌わせていただいて、改めて素敵だなと感じたんです。これは「ウイークエンド・ランデヴー」が後ろに控えているからこその曲といえるかもしれません。「ウイークエンド・ランデヴー」を原曲のままにするかアレンジするか悩んでいたんですが、この曲があれば「ウイークエンド・ランデヴー」を原曲で入れても良いかなと思えたんです。

ーー歌詞に関しては、先ほどお話しした「失声体験」がテーマになっていますね。

牧野:オファーを快諾いただいて、実際に曲を聴いてみると、「これは今までのアプローチだと、合わないかもしれない」と感じました。でも、喉を壊したあとからボイストレーニングにも行き直して、今までできなかった歌い方も勉強していたので、ちょうどいい機会だと思って。

ーー確かに歌い方の違いははっきり出ていますね。普段の芯の強い歌い方というよりは、ゆっくり立ち上がっていく声、という印象を受けました。この曲と「それはきっとボクらしく生きる勇気」は、聴いていてじっと睨みつけられている感じがするんです(笑)。

牧野:それは、レコーディング時の表情が伝わってるのかもしれません(笑)。ボイトレの中で、自分の聴感上で感じるテクニックに気を取られている部分があることに気づいたんです。でも、夏のライブを経たことで「歌で何を伝えようとしていたんだっけ?」と改めて認識させられて。もちろん曲の良さを伝えることも第一なんですけど、歌詞や言葉を伝えたいから歌というものがあるわけだし、歌はお芝居と近くていいと考えるようになって、表情や視線が以前とは変わってきました。

ーーその真逆にある挑戦といえるのが、kz(livetune)さん提供の「ハウリング」ですね。いきなりこんな曲が出たら驚きますが、ライブアレンジでダンスミュージック側のアプローチをみていたり、今作でも「Colors of Happiness―Rainbow Mix―」があることで、不自然な感じもしません。kz(livetune)さんとは、彼のラジオに出演して以来の縁だとか。

牧野:はい。ただ、その前から出演作品に楽曲を提供してらっしゃったりと接点はあったので、お名前もやっている音楽も存じ上げていて。kzさん自身も私の曲を聴いてくれていて、そのうえで今まで私が歌ってきた曲と、kzさんの得意とする楽曲は混じり合わないと思っていたらしくて、さてどうしようと思っていたみたいです。でも、私はkzさんの音楽の世界に飛び込んでみたかったとお伝えしました。

ーーまさに、kzさんの世界に飛び込んできましたね。ジャンルもフューチャーベースですし、楽曲の構成もお見事で、同じところに戻らずにずっと盛り上がり続けるという、シングル表題曲クラスの強度ですよ。

牧野:オーダーするときには「アルバムのリードになるような曲をお願いします」「架け橋になってもらいたいんです」とお願いしました。kzさんは「自分が聞いてみたい牧野さんのトーンを全部盛り込んだ」と言ってくださっていて(笑)。

ーー一番おいしいのはDメロですね。メロディに関しては、最初から最後までおいしいところだらけでした。

牧野:これに関しては、「サビの雰囲気を全部変えてください」とお願いしたんです。私、kzさんのメロディックな部分が大好きで。気品はあるのにメロディが動き回っていて、本能的にその先を追いかけて行きたくなるーー狩猟本能を掻き立てられるような曲というか(笑)。

ーー面白い例えですね(笑)。

牧野:そんな推進力や強さがありつつも、不思議な感じを入れたくて、各サビのアプローチを変えて欲しいんですとお願いしました。結果的に、同じコードでもメロディが違ったりする素晴らしく、また楽しい楽曲をいただけました。

ーー牧野さん自身のオーダーということですが、そこまでアプローチの変化を望んだのはなぜ?

牧野:それは、私自身を投影したかったからだと思います。牧野由依は一人の人間だけど、ピアノを弾くときもあれば、声のお仕事をするときもあれば、歌を歌っている姿もある。出て行くたびにいろんな顔を見てもらえる人になりたい、と思って今までもやってきたし、そういうスタンスを崩したくなかったんですよね。今作のリードにふさわしい曲として、そういう自分の姿を重ね合わせて、「同じ姿だけど、見える部分が違うとこうも違って見える」という要素を入れたいと思ったんです。

ーーその変わって行く感覚がすごく面白かったので、理由を聞いてより楽しめそうです。

牧野:ありがとうございます。でも、これ、すごく歌うのが難しくて……(笑)。

ーーライブでもかなりのアンセムになりそうな曲ですから、ぜひ練習してください(笑)。改めて『WILL』は、正座するくらいの緊張感から始まり、ブチ上がって終わる、という希望に満ちたアルバムですよね。

牧野:まさに、私がアルバムの曲順を考えるうえで思っていたことです。リピートして1曲目に戻る感じも、個人的には最高だと思います。「What A Beautiful World―Studio Live Version―」も、矢野博康さんがこの曲を作ってくださったとき「最終形態は弾き語りだね」と言ってくださったので、意図せずにしろ音源化することができたのは良かったですし、EDM系の曲として「Colors of Happiness―Rainbow Mix―」と「ハウリング」があるけど、2人のアプローチはそれぞれ違っているのに、フューチャーベースという言葉で繋がっていたりと、仕掛けにどんどん気づいてほしいですね。

ーーここまで話してきて、まだ明かしていないとっておきの仕掛けはありますか?

牧野:あります! 「Colors of Happiness―Rainbow Mix―」なんですけど、私のライブではこれまで他の曲をダンスアレンジしていて、それらの楽曲に使ったSEを使ってもらっているんです。しかも、「Yui Makino Live『Reset&Happiness』」で使った時計の針の音や逆再生の音を入れてもらったり、リバース系の音も3サビの前にたくさん入れてもらったりしました。あと、ネジを巻く音も入っているんですが、その音って、昨年1月のライブで披露した「CESTREE」のライブミックスに使われていた音だったんですよ。つまり、この曲は1月のライブと7月のライブをつなぐ1曲でもあるんです。

ーーああ、それは気づきたかったですね。そういう意味も含め、『WILL』は激動の2017年をぎゅっとパッケージングした作品でもあるわけですね。2018年はこういった覚悟のアルバムを出す一方で、TVアニメ『ポプテピピック』(TOKYO MXほか)に出ていたりと、早速振り幅の大きさを見せてくれていますが(笑)、リベンジのライブ予定はありますか?

牧野:みんな『ポプテピピック』のこと話しますねー(笑)。リベンジか……。そう、このアルバムの裏テーマはリベンジなんですよ。これだけ素敵な楽曲をいただいて、覚悟を込めてアルバムを作ったので、これをみなさんに見ていただく機会はかならず作りたいですね。

(取材・文=中村拓海)

■リリース情報
牧野由依 ミニアルバム『WILL』
発売日:3月21日(水)
価格:【通常盤】2,315円+税
【初回限定盤】:3,241円+税/CD+DVD 

<収録曲><CD>
1. Reset―A Cappella Version―
words by Manami(TRYTONELABO)/music by 滝澤俊輔(TRYTONELABO)
arranged by 光田健一
2. song for you
words and music by 岡本真夜/arranged by 上杉洋史
3. ウイークエンド・ランデヴー
words, music and arranged by 矢野博康
4. What A Beautiful World―Studio Live Version―
words and music by 矢野博康/arranged by 滝澤俊輔(TRYTONELABO), 牧野由依
5. Colors of Happiness―Rainbow Mix―
words by 牧野由依/music by ハマサキユウジ/Re-mixed by MEG
6. それはきっとボクらしく生きる勇気
words and music by UZA/arranged by 上杉洋史
7. ハウリング
words, music and arranged by kz

<初回限定盤DVD>
Making of 「What A Beautiful World―Studio Live Version― 」
「Reset―A Cappella Version―」Special Movie

※初回限定盤・通常盤共にプレイパス対応

■イベント情報
『牧野由依 Mini Album『WILL』リリース記念 スペシャルイベント』
3月24日(土)兵庫・阪急西宮ガーデンズ 4階 スカイガーデン・木の葉のステージ
(1)13:00~/(2)15:00~
3月25日(日)東京・ららぽーと豊洲 シーサイドデッキメインステージ
(1)13:00~/(2)15:00~

※そのほか特典情報やイベント詳細は、オフィシャルサイトにて

■ライブ情報
2Days Live Concert開催決定!
日時:6月9日(土)・10日(日)
会場:AiiA 2.5 Theater Tokyo
チケット料金:全席指定 ¥6,480
一般発売日:4月21日(土)
公式HP先行:3月24日(土)12:00~4月1日(日)23:59
※詳細は牧野由依Official HPにて。

■関連リンク
牧野由依 オフィシャルサイト
牧野由依 オフィシャルTwitter
牧野由依 オフィシャルInstagram
牧野由依 レーベルサイト

牧野由依 サイン入りチェキプレゼント

 

 牧野由依のサイン入りチェキを2名様にプレゼント。応募要項は以下のとおり。

■応募方法
リアルサウンドの公式Twitterをフォロー&本記事ツイートをRTしていただいた方の中から抽選でプレゼントいたします。当選者の方には、リアルサウンドTwitterアカウントよりDMをお送りさせていただきます。

※当選後、住所の送付が可能な方のみご応募ください。個人情報につきましては、プレゼントの発送以外には使用いたしません。
※当選の発表は、賞品の発送をもってかえさせていただきます。

リアルサウンド 公式Twitter

<応募締切>
2018年4月4日(水)まで

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる