>  >  > セクゾが見せるリアルな成長ストーリー

Sexy Zoneが見せるリアルな成長ストーリー 最新アルバム『XYZ=repainting』から紐解く

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Sexy Zoneが今夜放送の『MUSIC STATION 2時間SP』(テレビ朝日系)に出演する。披露するのは、2月14日に発売した最新アルバム『XYZ=repainting』にも収録されているシングル曲「ROCK THA TOWN」と「ぎゅっと」だ。ハードなロックナンバーとキュートな振り付けの応援歌。異なるテイストの2曲は、爽やかさと大人の色気とが混ざり合う、今のSexy Zoneならではのステージを見せてくれそうだ。

 Sexy Zoneがデビューしたのは、2011年11月。最年長の中島健人が17歳、最年少のマリウス葉はわずか11歳だった。デビュー決定と共に発表されたそのグループ名には、“マイケル・ジャクソンのようなセクシーさ”が込められていた。それから6年経ち、少年から青年へと成長を遂げた5人。今まさにセクシーさで魅了するグループに羽化したといえるだろう。

 「ROCK THA TOWN」は、その象徴とも言うべき1曲。s**t kingzが振り付けを担当したことでも話題になったAOKIのCM。スーツのジャケットを翻し、カウントをずらしてメンバーがつま先立ちでポーズをキメる姿は、マイケル・ジャクソンのセクシーさとリンクする。ぜひ今夜のライブでは、イントロを見逃さないでほしい。スッと立っているところから、5人で一気に動き出す美しさは大きな見どころだ。蹴り上げた脚、胸に当てる手、クイッとあげる顎……動いたと思ったら、ピタッと止まる体幹の強さ。そして肩や腰など、身体の一部分を滑らかに動かす振り付けも、男性的な体つきと筋力を身につけたからこそ、セクシーさが際立つ。

 また歌唱面でも、彼らの成長を感じられる。佐藤のソロパート<Wicked Wicked time>では、繊細な印象があった佐藤の歌声が雄々しく進化していることがわかる。また、サビの<踊れParty people to da funky tune>を、佐藤ひとりでしっとりと歌うパートは必見。Sっ気のある眼差しで、ハスキーボイスで囁くように歌う様は、“わかっている感”がすごい。ファンの前で歌い続けてきたこの6年の経験が、佐藤を“男”にした。

 また、グループで最も歌を愛している菊池風磨も、甘い吐息混じりの特徴的な歌声で、心地よく歌の世界へと導いてくれる。ソフトなタッチで手を引き、そのままダンスフロアに誘われたかのような、鮮やかな歌声のエスコート。<テンション上げてAlrightついて来なよ Aw!>と盛り上げ、<もっと弾けろ!>の高音シャウトも安定感抜群だ。中島も<illなヴァイブは蹴散らしてGet it on>とこちらも負けない野性的な歌声で魅了する。もちろん、投げキスなど中島らしい王子様的スパイスも。基本の振り付けに余裕があればこそのケンティらしさには、思わず拍手を贈りたくなる。

 そして、Sexy Zoneが5人でなくてはならない理由が、松島聡とマリウス葉のピュアな歌声が織りなすユニゾンだ。松島の声はいい意味で癖がないため耳馴染みが良く、多くの人にまっすぐに届く力を持つ。一方で、マリウスが持つネイティブ発音は、洋楽テイストのロックナンバーとの相性がいい。2人の歌声こそがSexy Zoneらしさを作っている、といっても過言ではないだろう。

      

「Sexy Zoneが見せるリアルな成長ストーリー 最新アルバム『XYZ=repainting』から紐解く」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版