>  >  > GAONチャートから韓国での音楽消費を考える

デジタルに強いTWICEと巨大なファンドムを持つBTS (防弾少年団)  韓国での音楽消費を考える

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 現在音楽消費がほぼデジタル音源、特にストリーミングメインに移行しつつある韓国の音楽ランキングでは、音源と音盤(CD)の売れ方に明確な違いが存在する。韓国の大衆音楽チャートGAONの2017年度年間チャートで比較してみた。

TWICE、WINNERらがランクインする“音源チャート”

1.初雪のように君に行く/Ailee
2.夜の手紙/IU
3.Like it/ユン・ジョンシン
4.Shape Of You/エド・シーラン
5.雨も降ってそれで(feat.シン・ヨンジェ)/Heize
6.Some/赤い頬の思春期
7.Palette(feat.G-DRAGON)/IU
8.KNOCK KNOCK/TWICE
9.長い日、長い夜/AKMU
10.REALLY REALLY/WINNER

(参考:GAON CHART/2017年 Digital Chart

 音源チャート(DL+ストリーミング+BGM)の1位は人気ドラマ『トッケビ ~君がくれた愛しい日々~』のオリジナルサウンドトラック収録曲であるAilee「初雪のように君に行く」で、1億7000回以上ストリーミングされた。


 2位はドラマ等でも活躍中の“国民の妹”IUの「夜の手紙」。この先行シングルと7位にランクインした「Palette(feat. G-DRAGON)」を含むアルバム『Palette』、カバーアルバム『花しおり2』が共に大ヒットを記録した。人気バラエティで親しまれているシンガーソングライターで、SMエンターテインメントと提携中のMYSTICエンターテインメントのCEOでもあるユン・ジョンシンの「Like it」は、Facebook等でライブ動画が拡散されロングヒットを記録し年間3位になった。4位は世界的に大ヒットし、韓国では社会現象となったアイドルサバイバル番組『プロデュース101シーズン2』(プデュ2)の課題曲に使われチャートを上げたエド・シーランの「Shape Of You」。5位の「雨も降ってそれで(feat.シン・ヨンジェ)」のHeizeもサバイバル番組で注目されたラッパー&シンガーで、リリースごとに着実に人気を上げている。6位は口コミで1stアルバムがヒットした女性デュオ赤い頬の思春期の2枚目「Some」が引き続き支持を得てランクイン。


 8位は一昨年の音源年間1位TWICE。昨年も「KNOCK KNOCK」で女性アイドルグループ音源トップの貫禄を見せた。9位はYGエンターテイメント所属の人気兄妹デュオ・楽童ミュージシャンの「長い日、長い夜」。10位は男性アイドルグループからは唯一TOP10入りしたWINNERの「REALLY REALLY」で、メンバー脱退以降初リリースした再出発の曲が年間を通してランクインするヒットとなった。

 音源ランキングには音楽を音源のみで消費する一般層によく聞かれる曲が多く、一般的に流行したヒット曲のチャートと言える。近年は特にヒットドラマやバラエティ等TV番組発信やSNS等で話題になった曲、人気が大衆認知と概ね合致している女性アイドルの楽曲が強い傾向にある。対照的にファンドムがメインの消費層である男性アイドルはCD音盤の方が強い傾向にあるが、例外とも言えるのがBIGBANG・WINNER等のYGエンターテインメント所属のグループであり、一般認知度がファンドムの規模を超えているケースが多いということだろう。

      

「デジタルに強いTWICEと巨大なファンドムを持つBTS (防弾少年団)  韓国での音楽消費を考える」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版