>  > スクモ×畑亜貴が考える“等身大の表現”

2nd Album『1/1』

SCREEN mode×畑亜貴が考える、等身大の表現「何もないと感じたらそれをそのまま出していい」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「初々しさもそろそろ卒業しないと」(雅友)

――アルバム曲に関して言えば、生演奏がほとんどですよね。これだけ豊かな演奏の表情を録音できているのは、特にこのジャンルでは非常に珍しいと思います。

雅友:やっぱりね、それはひとえに<ランティス>さんのおかげですよ。そうとしか言いようがない。俺らのおかげじゃない(笑)。広い心でやらせていただいてる、としか言いようがないです。

――畑さん、このアルバムにひとこと、感想をもらえますか。

畑:かっこいいというのは当たり前なんだけど、今までに4年あったじゃないですか。アルバムを作るのって、何を反映させるかを考えることが大変だと思うんですよ。最初はそれこそ、雅友さんが言ったみたいにお見合いで出会った二人が、ちゃんとこういうものを作り上げているというところに、個人的にはすごく感動します。まだ始めた時は、なかなか未来が見えにくいじゃないですか。でもきっと今は、二人とも同じ未来を見ようとしてるんじゃないかな? という気がしたんだけど、どうかな?

雅友:ありがとうございます。その通りだと思います。

畑:ここからまた何を作っていくんだろう? って、ワクワクしますし、できたら参加したい。楽しいですよ、SCREEN modeの仕事は。スクモの歩んで行く道にちょっと交わっているような気がして、うれしいです。

勇-YOU-:また手紙(歌詞)を書いてください。

――ここから始まる2018年、スクモ5周年イヤーは、どんな活動をしていきますか。

雅友:もうちょっとライブをやる必要があると感じているので、やりたいですね。それが重要だと思います。

勇-YOU-:とにかくライブ。

雅友:この間、蒼井翔太くんのライブを両国国技館に見に行ったんですけど、3時間ぐらいあって、最後の一瞬まで顔が蒼井翔太のままなんですよ。汗すらかいてないように見えたんですね。それで終演後に本人に挨拶させてもらったら、「おつかれさまでした~」みたいな感じで、超爽やかなんですよ。当然疲れていたとは思いますけど、それを表に出さないで、最後まで冷静にライブをやりきったんだと思うんですね。今の我々にはまだそこまでの力がないと思うので、もっと打席に立って経験を積みたいんですよ。体力は走ったりすれば身につくけど、精神力はそうはいかないんで。我々もワンマンライブの最後の1曲でヘロヘロになっててもしょうがないんで、フィジカルもマインドも両方高めて、最後までインテンショナルにやりきるというところを目指したいですね。体力もそうだけど、意識が途切れないように。

勇-YOU-:意識ね。

雅友:テンパると、何弾いてるかわかんなくなる時があるんで。変に手に汗をかいたりするのも、マインドだと思うんですよ。リラックスできていればそうならないと思うので。

畑:いまだにそういうことってあるの?

雅友:最近はそこまではないけど、初期の頃はありましたね。

畑:雅友さんにもそんな初々しいところがあるんだ。ふ~ん。(笑)

雅友:ありますよそりゃあ、僕だって(笑)。そんな初々しさもそろそろ卒業しないと。だからライブをやりたいですね。

勇-YOU-:ライブの回数を重ねることと、パフォーマンスの向上ですね。あとはさっきも言いましたけど、歌っていく中での自分にどういうキャラクターを付けていくのか、SCREEN modeの勇としてどれだけ存在できるかを、まずは1月21日のワンマンライブで見せたいですね。それが2018年のスタートになると思うので、頑張りたいと思います。

(取材・文=宮本英夫/撮影=林直幸)

■リリース情報
2nd Album『1/1』
発売:1月24日(水)
価格:¥3,000(税抜)

配信情報

<収録内容>
01.DISTANT GOAL
作詞:畑亜貴 作曲:太田雅友 編曲:太田雅友
02.Jumpin’ Now!!
作詞:松井洋平、林勇 作曲:太田雅友 編曲:太田雅友、EFFY(FirstCall)
03.ROUGH DIAMONDS
作詞:松井洋平 作曲・編曲:太田雅友
04.いつまでも君が好きなのに
作詞:松井五郎 作曲:太田雅友 編曲:太田雅友、EFFY(FirstCall)
05.菫
作詞:村野直球、林勇 作曲:太田雅友 編曲:太田雅友、EFFY(FirstCall)
06.哀しみRouge
作詞:松井五郎 作曲:太田雅友 編曲:太田雅友、EFFY(FirstCall)
07.Tuberose
作詞:結城アイラ 作曲:太田雅友 編曲:太田雅友、EFFY(FirstCall)
08.Naked Dive
作詞:松井洋平・林勇 作曲・編曲:太田雅友
09.IMPACT
作詞:松井洋平 作曲・編曲:太田雅友
10.Reason Living
作詞:松井洋平 作曲・編曲:太田雅友
11.MYSTERIUM
作詞:畑亜貴 作曲:太田雅友 編曲:太田雅友、EFFY(FirstCall)
12.Time Over
作詞:松井五郎 作曲:太田雅友 編曲:太田雅友、EFFY(FirstCall)

■ライブ情報
『SCREEN mode Live 2018 Winter』
日時:2018年1月21日(日)16:30開場/17:00開演
会場:東京・下北沢GARDEN

■関連リンク
SCREEN mode OFFICIAL WEB SITE
Twitter

「SCREEN mode×畑亜貴が考える、等身大の表現「何もないと感じたらそれをそのまま出していい」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版