TOKIOの楽曲にはなぜ“説得力”がある? 長瀬智也が語った『クモ』制作エピソードから考察

 カップリング曲には、国分太一が手掛けたピアノバラード「story」。そして、“島茂子とザ・ソイラテズ”による「女の坂道」と表現の幅広さと遊び心がたっぷりと詰まっている。 何事も全力な彼らの本気が、多くの人の背中を押すことだろう。

(文=竹上尋子)

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる