映画『MOTHER FUCKER』特別対談:Less Than TV代表と監督が語る“異色”レーベルの歴史

映画『MOTHER FUCKER』特別対談:Less Than TV代表と監督が語る“異色”レーベルの歴史

 過去を振り返らないレーベル(大石規湖)

大石規湖監督

一一順風満帆とは行かなかったし、2000年前後には一度レーベル機能が止まってしまった時期もありましたよね。

谷ぐち:あ、一度だけじゃなくて何回か止まってると思いますよ。よくわかんないけど、けっこう起きてる現象ですよ。

一一……他人事みたいですね(笑)。

谷ぐち:続けていくことをそんなに意識してなかったのと、あとはとにかく俺がだらしなかったんで。しっかりした人がいないと動いてなかったし、動けなくなるんですよ。だから何回も止まってますよ。これで「25周年!」とかふざけんなって感じですよね(笑)。すげぇ頑張って続けて今に至ってるとか、そういうんじゃないんですよ。

大石:映画でレーベルの歴史についてインタビューしたら、誰に聞いても話が違うんですよ(笑)。みんな記憶が曖昧で、何が事実なのか全然わからない。過去を振り返らないレーベル。

谷ぐち:振り返らないっていうか、振り返れない。記憶がない(笑)。でもそれって重要ですかね? 年表みたいなこと。

一一途中で考え方や運営方針が変わるなら、重要だと思いますけど。でもリリースしているバンドのカラーが全然変わってないから……。

谷ぐち:うん、変わらずやってます。出すバンドはほとんど一緒ですね。不器用でちょっとはみ出してるとか、勢い余ってるとか、王道に行けないとか。あとは人柄とバンドに対するスタンス。そこは音にも出てると思う。「こんなにヤバい音出してんのに、ものすごく上を目指してんだ」みたいな人ってあんまりいないですよね。音に人が滲み出てるから。音楽やる理由が「バンドでデカくなりたい」とか「上に行きたい」とか、そういう人たちは出さないです。とにかく自分の音楽を作ることだけに夢中。そういうバンドしかいないです。

一一商業的なものと切り離したい。

谷ぐち:そうですね。もちろん上を目指すバンドが嫌いとか、軽蔑するとかはまったくないですよ。でも音楽を作るうえで、地位や名声、あとは「少しお金にしたい」っていう気持ちって、自分にとっては雑念でしかないですよね。音楽を作る行為を邪魔するもの。それを一切取り払って「格好いい音楽を作る、格好いいライブをやる」っていう気持ちだけでピュアにやりたいし、そういうバンドが好きなんですよ。そのやり方で続けるのはすげぇ大変だけど、でも制限がないぶん、飛び抜けたものができるはずだと思ってるんです。

一一好きなことだけをやって、何かのはずみで売れて、音楽で食えるようになるケースもありますよね。すごく幸せなことだと私は思うんですけど、谷ぐちさんはどうお考えですか。

谷ぐち:……そうですね………でもやっぱり、雑念は多少入ってしまうと思います。多少は。

一一音楽は100%ピュアであったほうがいい、と。

谷ぐち:いいっていうか、自分はそっちのほうが好きです。自分にとって「音楽でメシを食う」っていうのは「ちょっとギャラ多めにもらえたぞ、帰りに松屋寄ってく?」みたいなこと。それが自分にとって「音楽でメシを食う」なんです。それ以上はいらないんです、ほんとに。そのライブに遊びに来てた友達と「今日多めにもらったから奢っちゃうよ」って言って、みんなで松屋行って、今日楽しかったねって言いながらテーブルを囲んで。それ以上はいらないです。で、実際にそれ以上にならないですもん。なりますかね? 

一一……正直、ここからドカンと売れてメジャー行くだろうな、みたいなバンドは〈Less Than TV〉で見たことない気がします。

谷ぐち:ありがとうございます(笑)。バンドって方向性も変わるし音楽性も変わっていくし、そういうふうに変わってメジャーで売れていくのも俺すごく好きですけどね。でも今の言葉は、すごく励みになります。

>>後編に続く

(取材・文=石井恵梨子/写真=石川真魚)

映画『MOTHER FUCKER』特集

・【リアルサウンド映画部】ISHIYAの『MOTHER FUCKER』評:日本のアンダーグラウンド史に残る傑作ドキュメンタリー

映画『MOTHER FUCKER』予告編
映画『MOTHER FUCKER』予告編第二弾

■公開情報
映画『MOTHER FUCKER』
8月26日(土)~9月8日(金)渋谷HUMAXシネマにてFuckin′レイトショー
9月9日(土)~9月15日(金)シネマート心斎橋
9月16日(土)~9月22日(金)シネマート新宿
9月23日(土)~9月29日(金)名古屋シネマテーク
9月30日(土)~10月6日(金)広島・横川シネマ
10月21日(土)~10月27日(金)仙台・桜井薬局セントラルホール
10月28日(土)~11月3日(金)京都みなみ会館
以降 神戸・元町映画館 他全国順次公開

出演:谷ぐち順、YUKARI、谷口共鳴ほかバンド大量
監督・撮影・編集:大石規湖
企画:大石規湖、谷ぐち順、飯田仁一郎
制作:大石規湖、Less Than TV
製作:キングレコード、日本出版販売
プロデューサー:長谷川英行、近藤順也
配給:日本出版販売
1:1.78/カラー ステレオ/98分/2017年/日本
(c)2017 MFP All Rights Reserved.

オフィシャルサイト

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる