ファレル・ウィリアムス独占インタビュー 「Yellow Lightに導かれて、新しい世界を作っていかなくてはいけない」

ファレル・ウィリアムス独占インタビュー 「Yellow Lightに導かれて、新しい世界を作っていかなくてはいけない」

僕と仲間にとって、音楽はほぼすべてを意味していた 

ーー『怪盗グルーのミニオン大脱走』では80年代のポップ・ソングがたくさん使われていますが、まだミュージシャンとしてデビューする前、その頃のあなたの音楽生活はどのようなものでしたか?

ファレル:もちろん『怪盗グルーのミニオン大脱走』で使われているようなメインストリームの大ヒット曲は覚えているし、みんな空で歌えるよ。でも、当時の僕はもうちょっとニューウェーブ寄りの音楽の方に入れ込んでいたし、ミュージシャンとして影響を受けたのもそういう音楽だった。音楽は常に僕の人生の大きな部分を占めていた。昔のことをふと思い出す時、僕は誰かが言っていた言葉や、その時に目にした景色と同じように、その時期によく聴いていた音楽のことを思い出すんだ。僕の思い出は、そうやって五感全部に刻まれているんだ。僕は子供の頃からいつも音楽を聴いていたし、いつも音楽のことを考えていた。だから、てっきりみんなもそういうふうに感じているんだと思っていた。ある時期までね。どうやら自分と、自分の周りにいる友達がちょっと変わっていて、他の人たちにとって音楽が必ずしもそこまで大きなものではないってことに気づいたのは、中学校に入ってからだったね。でも、僕と仲間にとって、音楽はほぼすべてを意味していた。それは今も同じだよ。だから、正直な話、音楽をやることが仕事だと感じたことは一度もないんだ。

ーー「HAPPY」のビデオもそうだったし、「Yellow Light」のビデオもそうですが、あなたは常に歌いながら歩いたり走ったりしています。まだ本格的に仲間たちとバンドや音楽を始める前、あなたはマーチング・バンドに入っていたそうですが、その姿にその名残りのようなものを感じるのですが。少年時代のように、今もあなたは音楽を奏でながら世界中をマーチしているんじゃないですか?

ファレル:いやぁ、確かにあの頃、街中を演奏しながら行進するのはすごく楽しい経験だった。マーチング・バンドで演奏するのって、見た目よりもかなり難しくてね。他の人々と足並みを揃えて行進しながら演奏するのには、たくさんの練習や訓練が必要なんだ。だから、バンドに入ることができただけでとても誇らしかったね。今自分がやっていることの関連性という点では……君がそう言うなら、そういうことにしておいていいよ(笑)。

ーー日本には友達がたくさんいると思いますが、仕事以外でもよく来たりしているんですよね?

ファレル:東京は僕の2つ目のホームだよ。僕にとって、東京にいる何人かの友達は特別な存在なんだ。彼らはとても才能があるし、僕にとても大切なことを教えてくれた。

ーー「とても大切なこと」というと?

ファレル:「人に親切であること」。彼らに限らず、東京で出会う人はみんな信じられないほど謙虚だ。そして、そのことは僕に大切なことを思い出させてくれる。

ーー東京には仕事で来ることよりも、プライベートで来ることの方が多いんですか?

ファレル:どっちもだね。以前は年に4、5回は行っていた。最近は年に2回くらいかな。しばらく行ってないから、近いうちに必ずまた行くよ。

(取材・文=宇野維正)

あわせて読みたい

リアルサウンド映画部:『怪盗グルーのミニオン大脱走』から探る、イルミネーション大躍進の理由

『怪盗グルーのミニオン大脱走』オリジナル・サウンドトラック

■リリース情報
『怪盗グルーのミニオン大脱走』オリジナル・サウンドトラック
発売:7月19日(水)発売
価格¥2,400+税

<収録曲>
1. Pharrell Williams(ファレル・ウィリアムス)/ Yellow Light(イエロー・ライト)<新曲>
2. Pharrell Williams & Trey Parker(ファレル・ウィリアムス&トレイ・パーカー)/ Hug Me(ハグ・ミー)<新曲>
3. Michael Jackson(マイケル・ジャクソン)/ Bad(バッド)
4. a-ha(アーハ)/ Take on Me(テイク・オン・ミー)
5. The Minions(ミニオンズ)/ Papa Mama Loca Pipa(パパ・ママ・ロカ・ピパ)
6. Pharrell Williams(ファレル・ウィリアムス)/ There’s Something Special(ゼアズ・サムシング・スペシャル)<新曲>
7. The Minions(ミニオンズ)/ Tiki Tiki Babeloo(チキ・チキ・ババルー)
8. Pharrell Williams(ファレル・ウィリアムス)/ Freedom(フリーダム)
9. Pharrell Williams(ファレル・ウィリアムス)/ Doowit(ドゥーウィット)<新曲>
10. Nena(ネーナ)/ 99 Luftballons(ロックバルーンは99)
11. Madonna(マドンナ)/ Into the Groove(イントゥ・ザ・グルーヴ)
12. Pharrell Williams(ファレル・ウィリアムス)/ Chuck Berry(チャック・ベリー)<新曲>
13. Pharrell Williams(ファレル・ウィリアムス)/ Fun, Fun, Fun(ファン、ファン、ファン)
14. Pharrell Williams(ファレル・ウィリアムス)/ Despicable Me(デスピカブル・ミー)
15. Heitor Pereira(エイトル・ペレイラ)/ Despicable Me 3 Score Suite(デスピカブル・ミー・スリー・スコア・スイート)
16. The Minions(ミニオンズ)/ Malatikalano Polatina(マラチカラノ・ポラチナ)

■公開情報
『怪盗グルーのミニオン大脱走』
全国公開中
プロデューサー:クリス・メレダンドリ
監督:ピエール・コフィン、カイル・バルダ
声の出演(字幕版):スティーヴ・カレル、クリステン・ウィグ、トレイ・パーカー
声の出演(吹替版):笑福亭鶴瓶、松山ケンイチ、中島美嘉、芦田愛菜、須藤祐実、矢島晶子、いとうあさこ、山寺宏一、宮野真守、福山潤、LiSA、生瀬勝久

原題:「Despicable me 3」
配給:東宝東和

(c)UNIVERSAL STUDIOS

公式サイト
公式Facebook
公式Twitter

 

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる