androp×Creepy Nutsの“違い”が生む魅力ーーBUMP、女王蜂らロック界コラボの歴史から考える

androp×Creepy Nutsの“違い”が生む魅力ーーBUMP、女王蜂らロック界コラボの歴史から考える

 こうして3曲を見ても、コラボレーションは多くのバンドの可能性を広げる役割を担っている。だとするなら、今年の夏は、この2組のコラボが話題になりそうだ。

androp「SOS! feat. Creepy Nuts」

making of androp「SOS! feat. Creepy Nuts」

 andropが自身の楽曲では初のコラボ曲としてCreepy Nutsを迎えた「SOS! feat. Creepy Nuts」が、8月23日にリリースされる(配信は7月26日よりスタート)。この楽曲は7月4日に行なわれたandropのワンマンツアーの東京公演にCreepy Nutsが飛び入りし、2組がステージ上で共演する形で初披露されたサマー・チューン。この曲のみ動画撮影が許可されたため、SNSに観客が撮影した動画が多数アップされたことも話題になった。そして、このコラボレーションもまた、まったく異なる2組の魅力がひとつになった楽曲になっている。何しろ、andropはモダンでスタイリッシュなアレンジの妙と普遍的な歌心を兼ね備えた正統派ロック・バンド。一方のCreepy Nutsは、自らを「たりないふたり」と称してヒップホップの王道からはみ出した自分たちのリアルをさらけ出すヒップホップ・ユニット。そんな2組がそれぞれの音楽性の違いに加えて、陽/陰を担うように「夏」「サマー・ソング」へのスタンスの違いを持ち込んでいて、全編を通して2つの視点が次々に切り替わるユニークな構成が生まれている。

 冒頭、「ツァラトゥストラはかく語りき」の壮大なサンプリングが挿入されると、それぞれのカラーがはっきりと分かれたパートが交互に登場する。Creepy Nuts色を全開にしたバース部分では、R-指定が<お前のことを嫌いなやつもいる>と夏や夏曲をひたすらディス。いわば「夏嫌いによる夏嫌いのためのサマー・チューン」といった雰囲気で、サウンド面でも夏を思わせる要素は最小限に抑えられ、<海で騒ぐやつサメに食われろ/肝試し行くやつは呪われろ>と言いたい放題だ。とはいえ、<全っ然さみしくない><お前がどうしてもって言うなら行ってやってもいけどな><誘えや!>と羨ましさを滲ませるバランス感覚が秀逸で、「本当は夏を楽しみたいんでしょ?」とツッコむ隙を与えているのが最高に面白い。一方、サビはandrop色を前面に出した清涼感溢れるギター・サウンドとキャッチーなメロディ&コーラスが溢れ出す「夏好きによる夏好きのためのサマー・チューン」。<言い訳ばっかお前何様>とCreepy Nutsにも目配りしながら、<ウェイ! ウェイ!>というコーラスも加えていかにも夏らしい、開放感いっぱいの音を連れてくる。こうして、群像劇のように2つの視点が組み合わさることで、通常の夏曲よりも驚くほど間口が広くなっているのが「SOS!」の最大の特徴だ。また、お互いが自分たちの役割を意識することで、それぞれが「陰/陽」にエクストリームな形で振り切れていく姿も非常に楽しい。そう、サマー・ソングと聞くと明るいものだけを想像しがちだが、実際の夏の過ごし方は人によって何通りも存在し、ウェイウェイ無邪気に弾ける夏もあれば、それを横目に文句を言って過ごす夏もある。そしてひとたび見方を変えてみれば、夏をどう楽しむかは、結局のところ自分次第なのだ。

androp「SOS! feat. Creepy Nuts」

 MVには水着や浮輪を用意して準備万端のandrop=「夏好き」と、悪態をつきながら浜辺にやってきたCreepy Nuts=「夏嫌い」が、浜辺で一緒になってはしゃぐ様子が収められている。けれども浜辺には終始雨が降っていて、結局2組がびしょ濡れになってやけくそで盛り上がるというユーモラスな雰囲気に、このコラボならではの魅力を感じる人は多いんじゃないだろうか。音楽性もスタンスも正反対の2組が集まり、「立場なんてどうでもいいから、お互い楽しもうぜ!」と手を取り合うことで、「互いの音楽的な可能性」と「夏の魔法」とが同時に浮き彫りになっていくような、魅力的なケミストリーが生まれている。

■杉山 仁
乙女座B型。07年より音楽ライターとして活動を始め、『Hard To Explain』~『CROSSBEAT』編集部を経て、現在はフリーランスのライター/編集者として活動中。2015年より、音楽サイト『CARELESS CRITIC』もはじめました。こちらもチェックしてもらえると嬉しいです。

androp『SOS! feat. Creepy Nuts』

■リリース情報
『SOS! feat. Creepy Nuts』
2017年8月23日(水)発売
※7月26日(水)配信スタート

初回限定盤(CD+DVD)¥2,300(税抜)
通常盤(CD)¥1,200(税抜)

<CD収録内容>
1. SOS! feat. Creepy Nuts
2. Sunrise Sunset
3. Prism (one-man live tour 2017 “angstrom 0.8 pm” tour final)
4. SOS! feat. Creepy Nuts (instrumental)

<DVD収録内容>
「SOS! feat. Creepy Nuts」Music Video
「SOS! feat. Creepy Nuts」Documentary film
「SOS! feat. Creepy Nuts」Commentary Video

■ライブ情報
『androp one-man live 2017 at 日比谷野外大音楽堂』
10月28日(土)東京・日比谷野外大音楽堂
17:15開場/18:00開演
5,800円(税込、全席指定、6歳以下の入場不可)

androp公式ホームページ
androp公式Twitter
androp公式Instagram

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「音楽シーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる