レキシは音楽の“遊び場”を提供しているーー『関ジャム』いとうせいこう、西寺郷太らが考察

 いとう=足軽先生、松たか子=森の石松さん、などコラボアーティストに“レキシネーム”をつけたり、ライブでは即興で他のアーティストの曲を歌ったり、ライブグッズでINAHO(=稲穂)を発売したり……と隅々まで遊び心に溢れたレキシ。その一方でジャンルを横断する絶妙なバランス感覚を持ち、サポートには西寺も所属するNONA REEVESの奥田健介(Gt)はじめ、玉田豊夢(Dr)ら数々の実力派ミュージシャンが参加するなど、音楽的な評価も高い。彼の音楽活動は、今回の番組をきっかけに“遊び場”としてより多くの人々に広がっていくことだろう。次はどんなアーティストとの“遊び”が見られるのか、期待が高まる放送だった。

(文=宮澤紀)

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる