>  > 丸本莉子 × いであやかが語る、歌の届け方

丸本莉子 ライブ・イベント『満月の夜の丸本さん家』特別対談

丸本莉子 × いであやかが語る、“歌”の確かな届け方「包み込むように歌いたい」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

170216_m_i_3.jpeg

 

「スリーマンなど、いろいろ挑戦していきたい」(丸本莉子)

ーー「ステーション」は4月にリリースされるアルバム『A.I. ayaka ide』に収録される楽曲ですね。先ほども少し触れましたが、3年ぶりのリリースということで。

いで:本当に!(感慨深い表情で)。じっくり時間をかけて作ったので、より丁寧なアルバムになったというか。爪が甘いところがない。

ーー亀田誠治さんが全曲プロデュースですもんね。

いで:爪が甘いわけないですよ。たくさんのアレンジやプロデュースをされてる方なので、楽曲のアレンジや全体のバランスなどすごく勉強になりました。

ーー「ステーション」もそうですが、全体的にピアノに加えて打ち込みの要素が強い。

いで:基本、打ち込みなので、自分の声以外全てが生じゃない。自ずと声に集中して聴けるようなアルバムを亀田さんは作りたかったそうで、今作はそういった音作りなんです。これまで生音にこだわってやってきた分、今までと全く違うのがすごく楽しくて。アレンジに関しても自分が書いた曲を亀田さんにお渡しして、返ってきたのを聴いて「もう言うことなし」みたいなかっこいいアレンジだったり。制作期間がすごく楽しかったです。

ーーアルバムは、アデルとシーアをイメージしているともお聞きしました。「ずっと」は海外の音楽の潮流を感じさせるテイストです。

いで:亀田さんはそうおっしゃってましたね。今までのアコースティックなサウンドからは曲作りの段階から気持ちを切り替えて作ったので、それもかなり刺激的で楽しかったです。「こういう曲も書くんだ」みたいな自身についての発見もあって、「ずっと」はそれが一番楽しかった曲ですね。音楽観はかなり変わりましたね。ガッ! と広がった感じで。それでもまたアコースティックサウンドはやろうと思ったらできるし。ただ、亀田さんと一緒にタッグを組めたから今回の挑戦的なアルバムが作れたと思ってる。これまでの曲調と違った曲が多くできて、歌に対しても広く歌おうと思えたし、歌詞における言葉選びも変わりましたね。かなりお気に入りの作品です。

ーー丸本さんもほぼ同時期に自身初のフルアルバム『ココロノコエ』をリリースされます。今回の作品はベスト盤的な1枚だとか。

丸本:メジャーデビュー曲「ココロ予報」から最新シングルの「誰にもわからない」まで、今までのシングル曲が全て入りますし、新曲も入るので、メジャーでリリースしてからの2年間と現在の私が詰まった1枚になったなと思っています。

ーーアルバムタイトルにはどのような思いが込められているのですか?

丸本:「ココロ予報」でデビューしたのもありますが、こうして楽曲を並べてみると私の曲は心情を歌った曲が多いなと思って。ココロに響くとも言って頂くことも多いので、そんな楽曲を収録した『ココロノコエ』というタイトルになりました。

ーーなるほど。今までのシングル曲というと、すごく穏やかと言うか、日常に寄り添った作品が多いですよね。

丸本:ありがとうございます。このアルバムを経て、改めて、私は日常を特別に歌いたいんだなと思いました。非現実的なことを歌っているのではなくて、どの曲も日常のありふれたことにフォーカスしていて。日常の中で幸せを感じたり、感謝したりすることって実は難しいじゃないですか。それに気づいてもらえるような歌を歌いたいんだなと改めて気づきました。あと、私のアルバムは、いでさんとは対照的に生楽器が多いんです。それも曲の世界観を強めるんじゃないかな。また完成したらお届けしますね!

ーー楽しみにしてます! こうやってお2人の話を聞くと、音楽観は違いますが、根本の曲の作り方は似ていますね。イベントを通して、お互いイメージは変わりましたか。

丸本:すごく気持ち良く声を出されるので、一緒に歌っていたら私までそれに清められたようになりまして。楽屋では歌とはまた違ったサバサバした気持ちいい性格で、仲良くなりたいなと思いました。

いで:りーちゃんは優しい人なんだろうなというのがすごく伝わってきました。気遣いをしてくれるし、こうして仲良くなりたいと言ってもらえるのは誰だって嬉しいじゃないですか。2年前のライブで1回しか一緒になったことがなかったのに、イベントの第1回目にこうやって呼んでもらえたのも嬉しいですし。気持ちも良かったし、ずっと楽しいライブでした。

丸本:ありがとうございます。

ーー『満月の夜の丸本さん家』はこの先どういったイベントにしていきたいですか。

丸本:今回、すごくアットホームなイベントになったんですけど、回を重ねる毎にもっと家の感じを出していきたいなと思いました。家具をステージに置いたり、見た目から入るような。

いで:ソファーとか置いたり(笑)。

丸本:あとは、お土産をお互い用意したり。ツーマンに限らず、スリーマンなど、いろいろ挑戦はしていきたいですね。まだ手探りですが。トークはトークでテンポ良くしていきたいです。

ーー今後、どういったゲストを呼びたいと思っていますか。

丸本:女性の企画って女性が多いイメージがあるけど、そういうところにはこだわらずに男性も呼んでみたいですね。ほかにもインストバンドとか音楽に限らず様々なジャンルのゲストを考えています。セッションするとすごく勉強になるし、刺激になる。

ーーまた何回かして、いでさんを呼んだりしたら面白いですよね。

丸本:1回来たらもう来ちゃ駄目とかはないので、是非また遊びに来てください。

いで:手土産持って行きます。

丸本:宮崎牛とかマンゴーとか。

いで:えー!(笑)。欲しがりがすごい(笑)。

(取材・文=渡辺彰浩/写真=池田真理)

■リリース情報
丸本莉子『ココロノコエ』
発売:2017年3月22日
初回限定盤【CD+DVD】 ¥3,600(税抜)
通常盤【CD】 ¥2,800(税抜)
〈CD収録内容〉
01. ココロ予報
02. 誰にもわからない
03. 夜を泳ぐ
04. やさしいうた (guitar intro)
05. 今だけの永遠
06. ガーベラの空 ※TBSテレビ系「噂の!東京マガジン」 2017年1月~3月エンディングテーマ
07. 愛は
08. あたし
09. フシギな夢 ※ブルボン「ラシュクーレ」CMソング 10. 言葉にできない
11. つなぐもの (another intro) 12. この風に乗せて
〈DVD収録内容〉
01. ココロ予報 (Music Video)
02. 誰にもわからない (Music Video)
03. やさしいうた (Music Video)
04. ガーベラの空 (Music Video)
05. フシギな夢 (Music Video)
06. つなぐもの (Music Video)

いであやか『A.I. ayaka ide』
発売:2017年4月12日
初回限定盤【CD+DVD】 ¥3,200(税抜)
通常盤【CD】 ¥2,700(税抜)
〈収録曲〉
CD(初回、通常共通)
All Songs Produced by 亀田誠治
M-1 コンビニ (作詞・作曲:亀田誠治)
M-2 ずっと (作詞・作曲:いであやか)
M-3 Joker (作詞・作曲:いであやか)
M-4 crazy for you  (作詞・作曲:いであやか)
M-5 ステーション (作詞・作曲:いであやか)
M-6 Happy New Year (作詞・作曲:亀田誠治)
M-7 返事 (作詞:いであやか 作曲:豊田泰孝)
M-8 ロンリー (作詞・作曲:いであやか)
M-9 Wings  (作詞:いであやか 作曲:豊田泰孝)
M-10 はじまり (作詞・作曲:いであやか)

DVD
〈STUDIO ACOUSTIC LIVE〉
M-1 飾らない愛 (vo&pf:いであやか, chello:水野由紀, cho:nikiie)
M-2 ひだり手 (vo:いであやか, chello:水野由紀)
M-3 らしくないし (vo&pf:いであやか)
M-4 あのね (vo&pf:いであやか)

〈MUSIC VIDEO+メイキング映像〉
・ずっと
・コンビニ

■ライブ情報
丸本莉子
『ISEKI LIVE 2017 〜COFFEE&SOUL〜』
3月18日(土) 広島 ライブ楽座

『『ココロノコエ』インストアイベント』
3月22日(水) 東京 タワーレコード渋谷店
※ライブ観覧無料
※イベント参加券配布対象店舗:タワーレコード渋谷店

3月25日(土) 大阪府 タワーレコードNU茶屋町店 6F イベントスペース
※ライブ観覧無料
※イベント参加券配布対象店舗:タワーレコード梅田NU茶屋町店 / 梅田大阪マルビル店 / 難波店 / 神戸店 / 京都店 / あべのHoop店

いであやか
『ZIP-FM SPECIAL LIVE in ほっと@九州フェア2017』
2月25日(土) 久屋大通公園 久屋広場・エンゼル広場(名古屋市・矢場町)

『MRTラジオまつり2017』
2月26日(日) 宮崎 MRT Micc ダイヤモンドホール、MRTテラススタジオ 他

丸本莉子
いであやか

「丸本莉子 × いであやかが語る、“歌”の確かな届け方「包み込むように歌いたい」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版