>  > 丸本莉子 × いであやかが語る、歌の届け方

丸本莉子 ライブ・イベント『満月の夜の丸本さん家』特別対談

丸本莉子 × いであやかが語る、“歌”の確かな届け方「包み込むように歌いたい」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

170216_m_i_2.jpeg

 

「それを天才と呼ぶんです」(丸本莉子)

ーー丸本さんは柔らかい、“癒しの歌声”とも言われていますけど、いでさんの芯のある凜とした歌声とセッションすることで深いハモりに聴こえました。2人で歌っていた曲の中でも小田和正さん(オフコース)の「言葉にできない」ではお客さんとの距離もグッと近くなっていましたね。

いで:お客さんがいいタイミングで歌ってくれました。

丸本:セッションで歌った曲は4曲で、お互いがこれまでやったことある曲を出し合って2曲ずつ選曲しました。松任谷由実(荒井由実)さんの「やさしさに包まれたなら」、椎名林檎さんの「丸の内サディスティック」は私で。

いで:中島みゆきさんの「ヘッドライト・テールライト」、「ことばにできない」は私が歌っていた曲です。お互いの声が合わさった時の気持ち良さはありましたね。

ーーカバー曲を歌うことへの思いについて丸本さんにお聞きしたことがありますが(丸本莉子、カバーに込めた音楽的ルーツを語る 「私を知ってほしいという思いがある」)、いでさんはカバー曲をどのように捉えていますか。

いで:自分のために書いていただいた曲は、自分のカラーしかないじゃないですか。カバーをやるにはどなたかから楽曲をお借りするということなので、自分なりの違った一面を出せるように私だったらこういう風に味付けしようかなと考えます。私はメロディーが綺麗な曲が好きなので、選曲はバラードが多くなってきちゃうんですけど、当日ライブでも歌ったONE OK ROCKの「Wherever you are」はCMで流れてきた時に「なんて綺麗な曲なんだろう」と聴いた瞬間から歌いたいと思ったんですよ。以前はその曲に自分のルーツがあったり、「この曲を聴いて私は音楽を始めました」ぐらいの思い入れがある曲じゃないとカバーしては駄目だと思っていたんですけど、今は歌いたいと思った曲はどんどん歌っていきたいなと思っています。

170216_m_i_int2.jpegいであやか

ーーなるほど。イベントのMCでは、マイブームや最近観に行った映画など、まるで家でくつろいでいるように自由に話していましたね。

丸本:今振り返ると、2マンイベントなのでどちらかを初めて観る方も多かったと思うので、もう少しお互いの音楽のことについて聞いてもよかったですよね。例えば、歌う時に私はその曲の歌詞の情景を思い浮かべながら歌ったりするんですけど、あーちゃんはどういったものを思い描いてる?

いで:私もそうかな。それが新しい曲で歌詞も書き立てだったらそのまま曲に込めたことを思い浮かべながら歌うんですけど、私の場合リリースが3年前だったりして、その頃の自分の心境とはもう違ってきていたりするので、今の自分の気持ちをその曲の気持ちに当てはめて歌っているのかな。

丸本:私はその時の気持ちと歌をリンクさせて歌っているんですけど、入りすぎても駄目だし、「聴いてよ!」となり過ぎても駄目なので難しいですよね。最近はお客さんがその世界を連想しやすいように、どう歌えばいいんだろうというのは考えながら歌ってますね。歌を投げかけるじゃないですけど、包み込むように歌いたいな。

いで:気持ちを込め過ぎても引かれることがあるから。

丸本:込めなさ過ぎても感情が込もっていないと思われちゃうし。あとは、曲作りはパッと浮かぶ方? 頑張って出てくる方?

いで:それは時と場合によるかな。降ってくる時もあるし、考えても考えても出てこない時もある。いろんなパターンがあるけど、メロディーはやっぱり降ってきた曲には敵わない。

丸本:それを天才と呼ぶんです。

いで:イェイ!(笑)。

丸本:私は降ってこないんです……。

いで:でも、作ってる時に「ハッ!」って時はない?

丸本:軽い気持ちでギターを弾いていてメロディーが浮かぶことはなくて。「作るぞ!」と何曲も何曲も出して、その中から厳選したものしか楽曲としては出てこない。

いで:私も全く違うことをしていてパッと出てくるというよりかは、鼻歌を歌っていたりする時に「……今のいいかも!」みたいな時はあります。だから、全く無の状態から降臨してくることはない。

丸本:朝起きて、突如メロディーが降って来たことは?

いで:寝ている時に見てた夢の中で歌っていて、それがいいメロディーだったことはあるんだけど、ちゃんと形に残せたことはない。「なんかいいメロディーだったんだけどな」でいつも忘れちゃう。すぐ近くに携帯は置いているんですけど……。

ーーいでさんは曲の方が先に出来る方ですか?

いで:どっちもありますよ。でも、曲先の方が多いです。ほんの一言でも一番歌いたい今の心情の言葉が浮かんだら、そこにメロディーを当ててみて、いい流れだったらそこからメロディーを考えたりする。りーちゃんは?

丸本:私もまずはメロディーを何個か出して、そこから厳選したものにテーマを決めて歌詞を付けていく。なかなか作詞は苦しみます。歌詞は家で書くタイプ?

いで:家でも書くけど、周りが動いていた方が安心したりする時もあって、カフェとか人がいるところに行ってやる時もある。ノートに書いてみたり、パソコンにしてみたり。気分を常に変えてやってるかな。歌詞は本当に難しい。私もそんなにすぐに書ける方じゃないから。

ーーお2人とも歌詞を書くのは辛いと。

丸本・いで:辛い……。

いで:でも、書けた時は楽しい。「この言葉だ!」みたいにパッと浮かんできた時の気持ち良さはすごいですね。

丸本:あーちゃんの曲はライブの時と、CDで聴くのとでは全然違うよね。当日歌ってた「ステーション」は歌詞も曲も書いたの?

いで:うん。

「丸本莉子 × いであやかが語る、“歌”の確かな届け方「包み込むように歌いたい」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版