>  >  > スマスマ最終回「世界に一つだけの花」歌唱

『SMAP×SMAP』最終回で歌った「世界に一つだけの花」 SMAPが最後に届けたメッセージに

関連タグ
SMAP
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フジテレビ系列にて12月26日、『SMAP×SMAP』が放送された。同番組は、SMAPのメンバー全員が揃って出演する唯一のレギュラー番組で、この日の放送は約5時間にわたる最終回となった。

 番組は、これまでのSMAPの活動を振り返る形で進行。番組の料理コーナー「BISTRO SMAP」の出演ゲスト振り返りや、結成25周年で初めてメンバー5人で旅をした人気回「はじめてのSMAP 5人旅スペシャル」、「27時間テレビ」での45分にわたるノンストップライブなどが再放送された。

 番組の終盤には、「スマスマ20年、そしてグループ活動28年、みなさまの気持ちに、深く感謝いたします。ありがとうございました。SMAP」というメッセージの直後に、SMAPのデビュー当時からの写真や映像を放送。その後、花で装飾された番組のロゴが映し出され、メンバー5人が肩を並べて登場した。そして、この日のために収録された「世界に一つだけの花」を歌う5人の最後のライブ映像が映し出された。

 それぞれのメンバーの歌唱シーンがアップで映し出されるなか、曲の最後の部分<もともと特別なOnly one>の歌詞に続き、全員が人差し指を立てるシーンで画面に大きく映し出されたのは、中居正広の手。中居は手を開き、5、4、3、2、1と数えるように指を順番に畳んだ。歌唱後はメンバー全員で頭を下げ、幕が降りた。

      

「『SMAP×SMAP』最終回で歌った「世界に一つだけの花」 SMAPが最後に届けたメッセージに」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版